鈴木 新奈

鈴木 新奈 スタッフサポート部/ディレクターグループ 2016年入社

2015年夏、イマジンプラスに「天使が舞い降りた!!」との報が全国を駆け巡り、そのまま奇跡的に入社に至った"美しすぎる16新卒"。近年は毎年必ずイケメンが新卒入社していたため「ビジュアル採用か!?」と揶揄されていたが、結果として今年もそれが続行となってしまった。…話が逸れたがこちらの鈴木さん、顔に似合わず社内で1,2を争うほどのガッツと熱い思いを内に秘めており、下から先輩方を突き上げまくるスーパー女子である。ちなみに将来の夢は「お嫁さん」とのこと。

イマジンプラスへの入社のきっかけと、決め手を教えてください。

人をサポートする事が好きで、「人と職をつなぐお仕事がしたい」と思い人材業界を志しました。入社前に印象に残っているのは、説明会の時にお会いした社長のパワフルさや、入社前のインターンで接した社員の方々の暖かさです。クライアントやスタッフを大切にするだけでなく、社員も大切に育ててくれている会社だと感じ、入社を決めました。

イマジンプラスに入社して、自分が成長したな!と思っていることを教えてください。

成長した、というよりも意識が大きく変わった点なのですが、このお仕事をしていると様々な人と出会う機会が多いので、「第一印象の大切さ」に気付き、話し方や身のこなし方に気を使うようになりました。まだまだ未熟ではありますが、登録面談の際も、相手を気遣ったトークができるようさらに努力していきたいと思います。

社内で、一番「刺激」を受けているのは誰で、それはなぜですか?

やはり一番距離が近い、同部署の先輩方から刺激を受ける事が多いです!スタッフさんへの接し方はもちろんですが、営業とタッグを組んで仕事を進めていく中で、クライアントのニーズに応えながらも状況に応じてスタッフ目線で細かい所まで確認していく臨機応変さには、とにかく尊敬の一言です。あのスピード感は見習っていかなければいけないと、日々感じています。

今後、自分の「何を」伸ばしたいと思っていますか?

”見抜く力”です。ご登録にお越しいただいたスタッフさんがどんな方なのか、得意・不得意を面談を通して見抜いた上で、条件に合うお仕事を紹介していくので、お話を聞く力、引き出す力も必要になってくると思います。"イマジンプラスを選んで良かった、鈴木さんで良かった"と頼ってもらえるディレクターを目指していきたいです。

あなたの目から見て、イマジンプラスは「何が」伸びればもっといい会社になると思いますか?

やはり、「人材の教育に更に力を入れること」ではないかと思います。近年のロボットの普及により、今後人材業界は厳しい状況に置かれることが予想されます。ロボットにも負けない強い人材を育てる為に、人にしかできない力を育て、それを前面にアピールしていく事で、イマジンプラスにさらなる需要が生まれるのではないでしょうか。