満田 弦

満田 弦 人材派遣事業部 / 営業 2015年入社

練馬生まれ練馬育ち。日本大学商学部卒業後、2015年に新卒入社。運動はするのも見るのも好きで、中学高校はサッカー部でキーパーを務め、大学時代は一転して野球場で働く。入社後は派遣事業部にて営業とコーディネーターを経験し「営業、コーディネーター両面の立場に立って考えられる人材」を目指し日々奮闘中。社内では"脱ぎ担当"。

イマジンプラスへの入社のきっかけと、決め手を教えてください。

学生時代、4年間ビールの売り子をしていたので、消費者や一般の人と接する仕事が良いなと思っていました。そう思いつつ法人と関わる営業マンにも憧れがあったので、3年生のときはとても迷っていたのを覚えています。そんなところで見つけたのが人材業界でした。クライアント様やスタッフさん、どちらとも接する機会がある。最終的にイマジンプラス入社の決め手となったのは、一つ上の先輩である斉木チーフです。新卒面接の際に本当に丁寧に業界の説明をしてくださり、またいろいろとアドバイスも頂きました。今も憧れの先輩です。

イマジンプラスに入社して、自分が成長したな!と思っていることを教えてください。

入社してから身長が1cmほど伸びました!
…それ以外ですと、「自らの見た目や、他人に与える印象に気を遣うようになったこと」です。お客様やスタッフさんに悪い印象を与えないよう、爪の長さや髭、髪、スーツや靴に汚れがないかなど、細かいところに気を付けるようになりました。また、3年目に営業に戻ったので、より「数字」について意識するようになりました。今は1円でも多く稼げるように動いています。

社内で、一番「刺激」を受けているのは誰で、それはなぜですか?

営業の村上リーダーと斉木チーフです。
この御二方は、とにかく仕事の話が大好きです。昼食を食べているときも、仕事終わりにお酒を飲むときも必ず仕事の話をしています。他部署ではありますが、小さなことでも気にかけてくれ、非常にためになるアドバイスをくれる先輩です。

今後、自分の「何を」伸ばしたいと思っていますか?

身長です。あと2㎝くらい…
あとはコミュニケーションスキルを更に伸ばしたいと思います。難しそうな人が苦手なので、どんなクライアントやスタッフさんとでも柔軟に、フレキシブルに対応できるコミュニケーションスキルを身に着け、苦手意識を克服できればと思います。

あなたの目から見て、イマジンプラスは「何が」伸びればもっといい会社になると思いますか?

イマジンプラスは今でも十分にいい会社です。強いて挙げるならば「柔軟性」と「勢い」でしょうか。