平賀 晶雄

平賀 晶雄 採用戦略課/広報/課長 2015年入社

洋楽ライター、ワインバーのバーテンダー、読者モデル、予備校講師などをしつつ2012年からイマジンプラスで採用業務を担当。2015年、取締役と部長に魅かれ入社を決意。「3年で責任者に俺はなる!(ルフィ風)」と宣言し、ウィークポイントであったWeb、広報分野で力を発揮し、3年で驚異の5階級昇進。2018年4月からは採用戦略課の課長に任命され、採用&広報&Webの責任者となる。重度のApple信者。

イマジンプラスへの入社のきっかけと、決め手を教えてください。

決め手は100%"人"です。人生で初めて「この人と会社で働いてみたい」と思う人に出会えました。2015年、正式に入社してからは本当に自由に仕事をさせてもらい、自分のストロングポイントを存分に発揮できる環境を与えていただきました。任せてくださった上司には本当に感謝しています。

イマジンプラスに入社して、自分が成長したな!と思っていることを教えてください。

向上心です。イマジンプラスに入社してからは上昇志向がものすごく強くなりました。入社のきっかけともなった取締役、部長は今はご退職されているのですが、それにつられて辞めようと思うのではなく「自分も先達の如く尊敬される上司になろう!」と自然に思えました。その御二方に成長した自分の姿を見せることが今の目標です。

社内で、一番「刺激」を受けているのは誰で、それはなぜですか?

福岡の矢野あゆみさんです。ある分野において同じような業務に携わっていますが、何もかもが優秀すぎて怖いくらいです(笑)「刺激」はもちろんですが、さまざまな「学び」を社内でもらえるのは本当にありがたいことですし、自分にないものをたくさん持っているという点でとても尊敬しています。彼女はいずれ責任者になると勝手に思っているので、一緒に大きなプロジェクトをやってみたいです。

今後、自分の「何を」伸ばしたいと思っていますか?

入社3年目に責任者に任命されました。「3年で必ず管理職・責任者になる!」と宣言して入社し、1年目から常に社長や上司の動きを観察してきました。今後はさらに上を目指し「指揮、率先垂範、現場管理」のマネジメント力を強化し、自ら事業部を作り「部長」になりたいと思っています。また、後進育成と「場づくり」にも注力していきます。

あなたの目から見て、イマジンプラスは「何が」伸びればもっといい会社になると思いますか?

もっと「外に出る」ことと「学ぶ」ことが必要だと強く感じています。私は外で人と会う機会が多いのですが、その度に新たな学びを得ると共に、自分の無知や勉強不足を痛感させられます。「現状維持は後退である」という言葉にもある通り、何も考えずにただ毎日を漫然と過ごすだけでは決して成長し得ません。まずは社員それぞれがもっと外の世界を見ること、そしてアンテナを張ることが大切かなと思います。