前 茉莉央

前 茉莉央  スタッフサポート部/ディレクターグループ 2013年入社

名古屋生まれ名古屋育ち、高校卒業後はカリフォルニアの大学に入学。帰国後はキャンペーンスタッフを経て、モバイルインストラクターに。イマジンプラスに入社後はディレクターとして名古屋で活躍、2016年度より東京本社新規事業部の事業開発を担当し、現在はディレクターに。好きなものは動物。動物園や水族館には1日中居られる。いずれノルウェー、アラスカ,,,というか北極圏に移住する予定である。

イマジンプラスへの入社のきっかけと、決め手を教えてください。

前職を退職する際、スタッフとして稼働していた時の先輩(現当社のPR大使です!)から、名古屋で女性ディレクターの募集をしているらしいとお声掛けいただいたのがきっかけです。現場で当社の社員やスタッフさんを良く見かけていましたが、印象の良い方ばかりでしたので、話を進めていただけることになった時は嬉しかったです。

イマジンプラスに入社して、自分が成長したな!と思っていることを教えてください。

かなりまだまだですが事務処理の能力です。事務作業はとても苦手でしたが、人数の少ない支社では自分の対応の遅れがそのまま他の方のお仕事に影響してしまうため必死でした。そういう意味では、責任感や数字に対する意識も強くなっていると思います。

社内で、一番「刺激」を受けているのは誰で、それはなぜですか?

大阪/名古屋兼任の支社長、佐々木さんです。本社や仙台を経て、前期はさらに広島支社までを見ていらっしゃったのですが、色々な部署や拠点を見て来た経験から組織の垣根を越えたアイデアを見せてくださいました。また、名古屋支社の印東 咲さん。私にはない処理能力と分析力(と女子力)を持っていて、作られる原稿の完成度に毎度感心しています。

今後、自分の「何を」伸ばしたいと思っていますか?

「分析力」と「提案力」です。新設の部署に入ったので、事業について社内外に向けてわかりやすくアウトプットするスキルの実装が急務だと感じています。他にも事務処理スキルの向上や、マルチタスクで仕事を進めて行ける力も。伸ばさなければならないことばかりです。

あなたの目から見て、イマジンプラスは「何が」伸びればもっといい会社になると思いますか?

「怪我を恐れない度量」でしょうか。創業10年を超えたベンチャーとして、ベンチャーらしさが少し薄まり、保守性が高くなってしまっているように感じます。今までに培ってきた信頼と自社の対応力を信じて、怪我なんて治るよ、もっと冒険していいよ、という風土が改めて浸透するといいなと思います。