亀井 さくら

亀井 さくら 採用インテグレーショングループ/営業 2019年入社

「ラーメンが好き。お寿司が好き。飲み会も好き。でも、お酒はキライ!」そんな下町育ちの江戸っ子。RS事業部のマスコット。1年目から新規事業の部署に配属され、同部署で受注第1号になってしまい、若手を中心に先輩をビビらせまくる事案が発生。さらに「自分のお客様をつくる」ことも最速で達成してしまい、先輩の面子をズタボロにしてしまった恐ろしい子。プリンが好きなのに甘いものは苦手系女子。

イマジンプラスへの入社のきっかけと、決め手を教えてください。

説明会や面接で会社に行くたび、社内ですれ違う社員の方々が明るく挨拶してくれたのが印象的でした。この方たちとなら笑顔で楽しく仕事ができそうだなと思い、説明会の時点で「もし内定を頂いたらイマジンプラスに入社しよう!」と決めていました。また、自分のやりたい仕事はもちろん、いろいろなことに挑戦させてもらえる環境もとても魅力的でした。

イマジンプラスに入社して、自分が成長したな!と思っていることを教えてください。

学生から社会人になり、一人の社会人として一つ一つの行動に責任が生じるので、「細かい部分も意識して行動するように」なりました。まだまだできていないところも多いので先輩から注意されることもありますが、常に物事の優先順位を意識したり、ミスが起こらないように何度もチェックしたりと、そういった部分は学生の頃よりもだいぶ成長したと思います。

社内で、一番「刺激」を受けているのは誰で、それはなぜですか?

同じ部署であり、私のメンターでもある"川瀬亜子さん"です。普段から周りをよく見ているところや、どんな仕事も素早く完璧にこなすところなど、本当にかっこいい先輩だなと思います。
さりげない気遣いや、常に笑顔を忘れず接してくださるところはぜひ見習いたいですし、「私もこんな先輩になりたい!」と常々思っています。

今後、自分の「何を」伸ばしたいと思っていますか?

私は将来、いい意味で「関わった人の記憶に残る人間」になりたいと思っています。日々さまざまな人と関わることが多い人材業界だからこそ、相手とコミュニケーションを取る中で、少しでも良い印象を残せるような明るい挨拶や立ち振る舞いなどを普段から自然にできるように意識していきたいです。

あなたの目から見て、イマジンプラスは「何が」伸びればもっといい会社になると思いますか?

強みとなる分野を増やすためにも、今以上に柔軟な対応力やチャレンジ精神が大切になると思います。
常に新たな分野に目を向けてチャレンジしていくことでイマジンプラスは今よりもっといい会社になると思います。