INFOGRAPHICS

インフォグラフ

イマジンプラスで働く人はこんな人!社内アンケートを大公開!
「 i 」マークにマウスカーソルを重ねると詳細が表示されます。

男女比は?詳細

平均年齢は?詳細

新卒or中途詳細

社員の平均年収は?詳細

入社理由は?詳細

女性管理職の比率詳細

星座は?詳細

会社までの通勤時間は?詳細

血液型は?詳細

好きな季節は?詳細

独身or既婚詳細

出身地詳細

学生時代に所属していた部活動は?詳細

Mr.イマジンプラスといえば!? Ms.(Mrs.)イマジンプラスといえば!?

男女比は?

創業・設立以来、常に女性が多い会社でしたが、ついに今年逆転しました。現在は男性の方がやや多くなっております。コーディネーターはほぼ女性が担当しており、営業や人事総務、経理は男性の方が多い状況です。

平均年齢は?

どの職種も比較的平均年齢が高めとなっていますが、これは営業、コーディネーター共に創業以来のスタッフが足元を支え続けてくれているからです。現在は「勢いのある若手たちが先輩の背中を見て育つ」という理想の環境ができているといえます。これは経営フィロソフィや企業理念の浸透にも一役買っています。

新卒or中途

これまでは当社が即戦力を求めていたこともあり、どうしても割合として中途採用が多くなりがちでした。近年は毎年数名の新卒採用を継続しており、新しい力も徐々に育ってきています。現在、コーディネーターを統括する責任者は新卒1期生の女性です。今期から営業の1つのチームをまとめる立場にも新卒2年目の若手社員が抜擢されました。これまで通り即戦力を求めるのはもちろんですが、新卒社員に対してもより大きな仕事を任せていきたいと考えています。

社員の平均年収は?

最新の国税庁調査によると日本人の平均年収は415万円だそうです。世の中の平均よりはやや多い方ですね。当社は基本給や残業給に加え、インセンティブやその他のさまざまな手当てを支給しています。今後も頑張ったらその分だけ社員に還元されるような環境整備に尽力し、クライアント様やスタッフさんに喜ばれる、社会貢献度の高い企業を目指してまいります。

※参考URL「平成26年分民間給与実態統計調査結果について

入社理由は?

入社理由の1位2位を見ると、上昇志向やチャレンジ精神を持って入社した方が約半数を占めていることがわかります。これは会社にとって大きなプラスですし、大変ありがたいことです。「現状維持は退化なり」という格言もあるので、常に新しいことに会社全体で積極的に取り組んでいきます。

女性管理職の比率

当社は管理職の3人に1人が女性で、昨期までは取締役3名すべてが女性でした。当社は社長が女性ということもあり、責任ある職にも女性を積極登用しております。常に想像力をプラスオンし、自ら進んで積極的に行動できる人材が職種・性別・年齢関係なく、マネージメントする立場を任されています。

星座は?

冬から春にかけて誕生日がやや多いようで、その他もまんべんなく散っていますが、唯一さそり座だけは1名しかいませんでした。

会社までの通勤時間は?

社員の平均通勤時間は52分、1時間弱という結果になりました。最も近い社員は徒歩7分、逆に最も遠い社員は茨城某所~新宿までの135分という驚愕の通勤時間でした。その男性社員は週5日も小旅行をしていますが、毎日元気に出勤しています(笑

血液型は?

今回の調査で最も驚いたのがこの設問でした。なんとイマジンプラス社員の約半分がA型だったようです!特にこまやかさが要求されるコーディネーターに多い傾向にあり、逆に営業にはB型が多いようです。もちろん、血液型によってどうこうということは全くありませんが、意外と偏っていたようです。

好きな季節は?

約半数の方が「夏が一番好き」と回答しました。思えばBBQや海&プール、テーマパークに行くなどのイマジンプラス社員同士のイベントも夏に集中しています。冬が最も不人気なのは、寒さではなく、1年の最繁忙期である年末・冬商戦があるからですね(笑

独身or既婚

ちょうど半々くらいです。近年育休の取得も増えており、子育てを会社全体で応援しよう!という傾向が強まっています。また、ママさんと一緒に育児を頑張っている男性社員も多いです。
いうまでもなく、入社後に結婚する方はものすごい勢いで祝福されます。

出身地

やはり一番多いのは東京都でした。第2位は神奈川県と、名古屋支社のある愛知県。続いて笹川社長の出身地であり、札幌支社がある北海道と、福岡支社がある福岡です。東京以外は割と全国まんべんなく散らばっているようです。

学生時代に所属していた部活動は?

上位をほとんど運動部が占める中、1位に輝いたのはテニス部でした。今でも運動している社員は意外と多く、週末にフットサルをやったり、バドミントンサークルに通う者もいます。第5位の帰宅部、この数字は多いのか、少ないのか。。。笑