ニュース

広報部ログ

これからの就活を乗り切るポイント!

こんにちは。
カイちゃんです。
 
さて、9月も下旬に入りましたが、
就職みらい研究所調べによると、
20卒学生の9月1日時点の就職内定率は93.7%だそうです。
 
 
前年と比べて上昇している一方で、
内定辞退率は61.6%と前年より低下しているとのこと。

新卒採用が難化している中で、優秀な学生を取られまいと大手企業も内定を出し、
学生も志望度の高い企業から内定をもらえていることが要因だそうです。

その結果、学生の内定取得社数も、
前年に比べて2社以上もらっている学生の割合は低下しているようです。
 

自分の行きたいところから内定がもらえたら、それで就活は終えられますしね。
 
とはいえ、今も就職活動を続けいてる学生がいるのは事実で、
イマジンプラスの説明会にも来てくれています。
 
理由は様々ですが、
就職に悩んでいる人も少なくありません。
それは、来年就活が始まる21卒の学生さんも同じだと思います。
 
今回は、そんな就活に悩むあなたへ!
よく聞かれる、聞かれた質問疑問をご紹介します!
 
 

1.説明会での質疑応答

とりあえず来たけど、何を聞いていいか分からない、という人も多いと思います。
説明会には必ずと言っていいほどある質疑応答の時間。

会社説明を聞いて気になったことを聞けばいいのですが、
パッと出てこない時もありますよね。

説明の中で聞き逃してたら…
HPに書いてあること聞いちゃったら…

という不安もあると思います。
 
 
そんな時は、変に突っ込んだ質問はせず、

会社の雰囲気や社員の雰囲気、
説明会の場にいる社員さんへ仕事の質問をしてみましょう。

自分が仕事するイメージがしやすいので、
1日の仕事の流れを聞いてもいいかもしれません!

定番の質問ですが、やはり気になるところなので、聞いて損はないと思います!
 
 

2.面接の自己紹介

書類選考が通って、いざ面接。

となった時に上手く話せず、せっかくの機会を無駄にしたくはないところですよね。

面接の場で焦らないためには、練習が大切です。

練習と言っても、話すことを丸暗記すると逆効果になることもあるので、
練習しすぎも要注意です。

今年は面接官をさせていただいたんですが、
面接に来てくれる学生さんの中で大きく分かれたのが「自己紹介」です。
 
具体的には、
「簡潔にやってきたことを言う」人と
「アピールポイントを全部言う」人です。
 
 
「簡潔にやってきたことを言う」というのは言葉の通りで、
経験してきたこと=学業やサークル、アルバイトなどを簡単にまとめて言う人です。

「アピールポイントを全部言う」人は学んだことや強み、
それを活かしてどう活躍するかなど、自分の押しポイントになることを言う人です。

自己紹介は、だいたい面接の最初に聞かれます。
基本、話す内容は面接官に指定されないので、どちらの内容でも問題はありません。
 
 
ただ、「話す時間と量」には注意が必要です。

例えば、集団面接で1人で3分…5分…と長い自己紹介をしてしまうと、
「周りが見えていない」とあまりいい印象を持たれません。

また、志望動機や力を入れたことを話しすぎてしまうと、
その後聞かれた場合に全く同じ内容を話すことになってしまいます。

自己紹介では、「この後面接官に聞いてほしいこと」を中心に、
簡単に触れる程度にまとめるのがオススメです。
 
 
個人的には、学業や力を入れたこと、長所などまんべんなく組み込むと、
何となく自分のことを知ってもらえるんじゃないかと思います。

時間は1分程度が理想と言われますが、面接の形式などで多少調整してもいいと思います。

自分の印象を決める大事なところなので、しっかり内容を練って臨みましょう!
 
 

3.インターンシップはたくさん行くべき?

来年就活が始まる21卒の皆さんは、
今の時期はインターンシップに行っているのではないでしょうか。

今では就活前にインターンシップに行くのが当たり前と言う印象ですが、

実際のところ、

どのくらい行くのか?
どういうインターンに行けばいいのか?

など分からなかったりしますよね。
 
 
インターンシップの目的は人によって違います。

企業研究のため
業界を絞るため
志望度を決めるため

いずれにしろ、これだけ行けばOK!のような社数はありません
行きたいだけ、行けるだけ行けば大丈夫です。
 
 
別の言い方をすれば、自分の目的に合わせた業界や社数、
インターンシップへ行く必要があるということです。

周りも行っているし1社も行かないのはまずい…?
と思う方もいると思います。

もちろん、行く行かないは自由なので行かなくてもいいと個人的には思います。

ただ、1社だけでも行っておくと働くイメージが湧くと思います!
 
 
 
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

ということで、あるあるの疑問をご紹介しました。

私の個人的な意見もあるのですべて正解だとは言えませんが、
何か参考になればいいなと思います。

みなさんの就活がうまくいきますように!

一覧ページ