ニュース

広報部ログ

訪日外国人数が99.9%減

こんにちは。カイちゃんです。
 
 
先日、たまたまニュースでこんな見出しを見つけました。
 
 
『4月の訪日外国人旅行者数 99.9%減』
 
 
こういったデータの比較をする記事や資料では、
どの程度の増減があったのかはおおよそ記載されていますよね。

「前年比120%」「前月比で8%減」「昨年度比で34%増」などなど。

大きい数値はだいたい増加した場合によく見ますが、
減少を表すのに99.9%なんていう高数値、初めて見ました…
 
「99.9」という字面がよりインパクトを与えているのかもしれません。

こんな数値をたたきだしてしまうコロナウイルス恐るべしです。
 
 
ニュース記事によると、

今年4月の訪日外国人旅行者数は2900人
昨年4月と比較すると99.9%の減少だそうです。
 
最初にこの記事を見たとき、「あれ、ゼロ足りない??
と自分の目を疑いました。

それくらい衝撃的な数字です。
 
ちなみにこの数値は、統計を取り始めた1964以降で過去最少の数値とのこと。
 
新型コロナウイルスが与えた影響はとてつもないものです。
 
昨年には、ついに3000万人を突破した訪日外国人旅行者数を、
いとも簡単に激減させてしまったのですから。
 
 
5月も終わりにさしかかり、やっと緊急事態宣言も解除されましたが、

まだまだ油断はできない状況ですし、
外出が気軽にできるようになるのはもっと先のこと。
 
今の過ごし方がこれからの過ごし方に大きく影響するんだなと改めて感じます。

未来のための我慢はこれからが本番ですね。
 
 
この数ヶ月間で働き方や生活も大きく変わりました。
 
リモートワークでの業務がメインになり、
オンラインでの会議が増え、
ハンコ文化も見直されています。

生活用品も食べ物もネット注文やデリバリーサービスが増加、
リモート飲みで友人と話したり、ゲーム内で結婚式を挙げたという話も。
 
 
いわゆる「新しい生活のかたち」が生まれています。
 
 
慣れるまでは不便なこともありそうですが、
これからこれが「当たり前」になるのでしょうか…?
 
その一方で、学校や就活など、外出自粛によって受けた遅れを
どうやって取り戻すかに追われているところもあります。
 
これまでの歴史も、こうやって生活が変化してきたでしょうし、
今回も新型コロナウイルスをきっかけにそうなっていきそうな気がしますね。
 
なにはともあれ、新しい日常に適応しつつ、
第二波が起きないように注意して過ごしていきたいですね。
 

 

 

 

 

一覧ページ