ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 18歳から読む就「勝」本 【就活おススメ本】
広報部ログ

18歳から読む就「勝」本 【就活おススメ本】

さて、今日のおススメ本。

「18歳から読む就「勝」本」

この本、とってもいいなぁと思って、うちのスタッフさん向けのニュースレター

いまじん通信で、プレゼントに出したり、内定者にプレゼントしました。

18歳からと言うけど、就活を終えた若い人にもぜひ読んで欲しいです。

著者の舞田さんは、東大卒人事組織コンサルタント。

中元千鶴さんは
 食生活、サプリメント、ダイエットアドバイザー。

著者いわく

就活シーズン目前では遅すぎる。

就勝力とはつまり、

「これからの人生を成功に導き、豊かにする力」

「人間力を磨き、人に好かれて得をする力」

「どんな環境でも生き抜く強い力」

身につけるべき、どんな環境でも生き抜く4つの力とは。

私も大変共感します。

1 内面を磨きあげる力

資格や語学だけでなく、知性と人間性を磨き、物事への理解力を高める。

心の豊かさと内面からあふれ出る魅力のある人柄になる

2 外面を輝かせる力

イケメンや美人でなくとも、印象を良くすることはビジネススキルの一環。

高感度をあげる、セルフプロデュース力。

3 ここ一番で結果を出せる力

体調管理も仕事のうち。いつも健全な心と体の健康。

4 人から好かれ支持される力

実力があっても人脈がなければ成功しない。

人に好かれ信頼されなければ良い人脈はできない。

この本は就活する前の18歳から読もうと、提唱してくれていますが。

20代のまだ悩める社会人、35までになんとかせねば、という30代前半の人にも、ぜひ読んでほしい。

社会人としての生き方やルールがきちんと書かれていて、だからうちのスタッフさんにも読んで欲しいなぁと思いました。

こういう大切なことや基本を学校でも、家庭でも教わらないまま、社会人になってしまいます。

各大学のキャリアセンターなどは、危機感をもってさまざまな取り組みをされているようです。

ぜひこういう本の内容もやってほしい。

◇学生の今から友達を大事にして、さまざまな場所に顔を出し、知識とともに人脈をひろげておこう。

◇社会人として評価されるのは、「頭の良さ」より

「誠実さ」

◇学生と社会人は違う?

会社は「学校」ではなく、「お客様」

◇親や先生が自分のために何かしてくれて当たり前、という学生時代と違い、社会では、誰かが自分のために何かをしてくれるということは、まったく当たり前でもなんでもない

感謝の気持ちを伝え、礼をつくす。

◇自分のためにする苦労より、人のためにする苦労の方が尊い。

◇社会に出たら、本当の「勇気」が試される

「勇気」とは、苦労や困難から逃げずに、立ち向かうこと。

◇今、企業で求められているのは「気迫」のある人。

☆今日の一冊

「18歳から読む就「勝」本」

著者:舞田竜宣、中元千鶴

18歳から読む就「勝」本/舞田 竜宣

¥1,365
Amazon.co.jp

 

 

~~女性社長ランキング参加中!

 

いつもありがとうございます。引き続き、

女性社長のクリック協力、応援お願いします!~~

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長 へ
  ビジネスブログ100選

ビジネスブログ100選はコチラから!

 

 

 

一覧ページ