ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 【19新卒向け】複数内定をもらったら。入社を決めたきっかけ〜就活内定編〜
広報部ログ

【19新卒向け】複数内定をもらったら。入社を決めたきっかけ〜就活内定編〜

こんにちは!カイちゃんです。

 

いよいよ最後の内定編です👏

ここまで全部見てくださった方、ありがとうございます!

今回は内定編ということで、内定の決め手や、就職活動を終えた今、思うことなどを振り返っていきます。

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 

《内定》

 そしてついに内定。初めて内定をもらった時はとても嬉しかったのと同時に安心しました。結果として複数社から内定をいただき、一番最後の選考結果が出たのが7月上旬。そこで私の就職活動は終了しました。内定をいただいた会社の中で自分が一番働きたいと思う会社を考えた時に、説明会から面接に至るまで、社員の方々のあたたかい雰囲気が良いなと感じたのがイマジンプラスでした。率直にこの社員の方々の中で一緒に働きたいと思い入社を決めました。

 

《就職活動を終えて》

 就職活動を終えた今、就職活動で大切だと感じたことは大きく2つです。

 準備

企業に対しても、選考に対しても、自分自身に対しても、始まる前にしっかりと時間をかけて準備する事が大切だと感じました。どれだけ準備ができたかで就職活動の滑り出しは大きく変わると思います。これまでにどのような経験をしてきたか、自分がどのような業界に興味があってどのような会社があるのか、何を基準に会社を選んでいくのか、面接で何を話すかなど就職活動で必要なあらゆる事に対しての準備をしっかりする事が大切です。私は向き合う時間が足りず、もっとじっくりできていればと後悔しています。万全に備える事で不安は減り、不安が1つ減る事で気持ちも軽くなり、自信にもつながります。

 

自分に自信を持つ

面接で自分をアピールするのは自分が書いた履歴書です。自分が何に力を入れたのか、どういう事を頑張ったのか、一番よく知っているのは自分自身です。だからこそ、面接で自分のことを話す時、自分が誇りと自信を持って話すことが大切だと感じました。私は、力を入れていた活動についてその活動の何を頑張ったか、どんな事をしたかを熱く話しました。その活動が好きで、私を語るうえで欠かせない事だったからです。だからと言って話しすぎることは逆効果になりますが、自分を知ってもらううえで「これだけは伝えたい」と思う事は誇りを持って話すべきだと思います。その気持ちの強さは企業の方にしっかり伝わると思います。

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 

思っていた以上に長くなってしまいましたが、

以上で3回に分けてご紹介した「就活のあれこれ」は終了です。

あくまで個人的な就職活動の経験談なので、みなさんの就職活動は全く異なるものかもしれません。😶

 

就職活動は人生の大事な節目です。

全力が出せるよう祈っています!!!!!!

 

 

 

 

一覧ページ