ニュース

広報部ログ

街中で見たコロナ対策

 
こんにちは。カイちゃんです。
 
桜の季節もあっという間に過ぎてしまいました。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今もなお、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているので、
アクティブに行動はできませんが、
限られた範囲でいかに充実させるかが最近の楽しみになってきました。
 
 
天気の良い日にベランダに出てぼーっとしたり。

音楽をかけて部屋の片づけをしたり。

ちょっとしたことで体を動かすことが嬉しかったり…

YouTubeで動画を観ることも多くなりました。
 
 
もともとインドア気味なので、家にいることはあまり苦ではないのが救いです。
改めて家の過ごしやすさを実感しています。
 
次の休みは何をしよう…
そろそろ髪を切りに行きたい…
 
 
さて、先日、久しぶりに外へ出たのですが、

いつも乗るバスはガラガラ。
いつも乗る電車もガラガラ。

という驚きの風景でした。
外出自粛前であれば、バスも電車も満員なのに…
 
 
しかも、よくよく見てみると、
利用者のみなさん、それとなく距離をとっている!?
 
 
久しぶりに外の世界に出たので、私ははじめ気が付かなかったのですが、

バスであれば、バス停の列も間隔をあけて並ぶ
二人掛けの座席には一人だけ
後から乗ってきた人も、隣が空いていても座らないで立っている

電車でも同じように、あえて席を立っている
座る時はひと席分空けて座る
手すりやつり革を触らないようにしている。

というような光景を目撃しました。
 
 
もちろん、距離をとるにも限界があるので、
混雑してきたら座る方もいますが、

それほど混雑していない時はこういう方が目に留まりました。
(私の気のせい・・・ではないと思います。)
 
やはり、仕事などで外出せざるを得ない人たちは、
こうして感染リスクを軽減する意識を持っているんだなと感じました。

ただでさえ、外へ出ていることでリスクはありますから。
 
 
今はこうしたひとりひとりの意識がとても重要です。

先日、湘南エリアや吉祥寺などに多くの方が集まっていたというニュースがありましたが、
これも自分が感染しない、周囲の人を感染させないという意識の違いなのかなと。

外へ出る前に一度考えてほしいな、と個人的には思います。

「ちょっとくらい…」という人がたくさんいたら意味がない。
みんな外へ出たいのは同じですからね。
  
 
また、今は飲食店の多くも時短営業や休業をしています。
あのスターバックスも店舗の営業を休止。
駅ナカのコンビニですら休業しているところもあります。

私も、仕事帰りに最寄り駅のコンビニに寄ろうとしたら、
短縮営業ですでにやっていませんでした。
 
ちょっと行きがけ、帰りがけに買い物がしたいという時には困りますが、
それくらい、それほどまでの威力を新型コロナウイルスは持っているわけです。
 
東京では小池都知事が25日から「ステイホーム週間」として外出自粛強化、
買い物も3日に1回に控えるようにと要請を出しました。
 
ここまでしても勢いが収まらない新型コロナウイルス。
 
恐怖でしかありません。
 
これからGWも控えていますが、
外出は最低限にして、事態が早く収束するよう、
できることをやっていくことが大切ですね。
 

 

一覧ページ