ニュース

広報部ログ

大学等卒業者の就職状況調査

こんにちは!学生広報インターンの大学生です!

 

前に社長が書いた記事を読みました!

「大手企業に求人は集まってしまう。安定志向の学生が増えた」と書いてありました。僕が就活生だった時も、「ただ周りに流されて、ベンチャーを見もせずに、候補から外してしまう学生」が身の回りに沢山いました。

私もかつてはその一人だったのですが、ベンチャーでインターンシップをしてから、「こんなにアツい社員、社長と一緒に働きたい」「どこで働くか、より、誰と働くか」なのかもしれないと、感じるようになりました。

「まず飛び込んでみる」 おすすめです。

以下に社長の記事を紹介します。

---------------------------------

こんにちは!就活専門家、あらため、学生応援隊、笹川祐子です。

 

 

これから、学生応援隊として、週1回の記事更新をしてまいります。

 

わが社もお世話になっています、パッション業界ナビ。
新卒の就職状況調査について、そちらの運営会社アイ・パッション社長のメルマガを紹介いたします。

 

http://www.passion-navi.com/p-navi/

 

 

私も新卒説明会でいろいろお話させていただくんですが、

 

 

第一志望の会社がたとえ駄目だったとしても、あなたを待っている会社があります!

 

 

どこかの会社に入って社会人としてスタートを切って欲しい、切に願っています。

 

 

■■■■ アイ・パッション浅井の今日のつぶやき

「ベンチャー企業の採用課題」 ■■■

 

 

厚生労働省と文部科学省の「大学等卒業者の就職状況調査」によると、

今年3月卒の学生が4月1日時点で就職していた割合は93.6%に達するというが、

本日の記事ではその数字は分母を就職希望者としているため、

就職を諦めてしまった学生を考慮していないといった点を指摘をしています。

 

 

なるほど、なるほど。

 

 

文科省の「学校基本調査(速報)」によると、今年5月1日現在で学部卒の就職者の

割合は63.9%と実は3人に一人は正社員として働いていないようです。
3.9%は非正規社員、つまりアルバイト、インターン生となっています。
また、就職浪人を目的に大学院等への進学者は13.8%。
注目すべきは、進学も就職もしていない大卒者=ニートが15.5%もいることです。

 

これは愕然とする数字ですね。
何をやっているんだと大人は憤りを感じないはずがありません。

 

大学を卒業しても安定雇用が無いのか。それは否です。
リクルートワークス研究所によれば、来春卒業予定の大学生・大学院生対象の

大卒求人倍率は1.27倍(前年は1.23倍)であり、求人の方が多いことが分かります。
仕事が足りないわけではないようです。

 

従業員規模別で見ると、5000人以上の大企業では0.60倍だが、

我々ベンチャー企業を中心とする300人未満の企業に限れば3.27倍であり、

学生の側の売り手市場といえます。

 

 

完全なる安定志向の学生が増え、大手企業に求人は盛り、

NGであれば諦めて院に行き、再チャレンジをする。

 

 

この流れを絶つために我々は、もっともっと世の中に隠れているベンチャー企業を

学生にどんどん紹介しなければならない。

 

 

その使命感を改めて感じる記事でした。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ-スタッフ登録
イマジンプラスのスタッフ登録はコチラから!

**************************************

就活専門家、笹川祐子のブログも始めました。

学生さんの応援隊です。

 

http://ameblo.jp/job-marche/

 

 

~~アメブロ 人気ブログランキング「本・読書」部門

第3位!ありがとうございます。

http://ranking.ameba.jp/gr_book

 

~~女性社長ランキング参加中!

 

いつもありがとうございます。引き続き、

女性社長のクリック協力、応援お願いします!~~

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
→8位浮上!ありがとうございます!

 

ビジネスブログ100選

7位!ありがとうございます!ビジネスブログ100選はコチラから!

一覧ページ