ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 効率の良い勉強方法とは?就活は二つの作業に分けられる。「SPI」
広報部ログ

効率の良い勉強方法とは?就活は二つの作業に分けられる。「SPI」

おはこんばんち。ツンデレ太郎です。

おはこんばんちとは、「おはよう、こんにちは、こんばんは」の三つを合わせた言葉です。

ブログをどの時間帯に読まれてもいいように、作られた言葉だそうです。

突然ですが。

就活は二つの作業に分けられます。

一つは、

面接対策や企業研究などの、

やればやるほど成果が出るとは限らない作業。

もう一つは、

やればやるほど意味がある、SPI

就活の面接などには正解が無いですが、

筆記試験には、その他のモノとは違って、正解があるからです。

 

しかし。

やればやるほど成果が上がるのは確かですが、

効率の良い方法と、悪い方法があるのは筆記だって変わりないです。

やればやるほど意味があるからと言って、

何も考えずにやるべきでは無いのです。

今回は効率の良い勉強方法を紹介します。

 

効率の良い勉強方法とは=快感物質をだすことです。

 

快感物質が脳内から出ることで、学習意欲が湧いてきます。

そうすれば、さらに脳が快感を求め、学習が苦ではなくなります。

【脳内の快感物質を出すための条件】

 

①健康管理

「適度な食事」→食べ過ぎると眠くなる、食べないと脳にエネルギーが送られない。

「適度な運動」→動きながら勉強すると、覚えやすい。

「適度な睡眠」→寝すぎると逆に良くない。

 

以上に気をつければ、脳内物質が出やすい環境になる。

②目標設定

簡単すぎず、でも難しすぎない目標で快感物質を出す。簡単すぎる目標では脳内物質は出ない。

③勉強を嫌わない

自分を騙して、「勉強を楽しい」と思い込めば、快感物質が出てくる。

自分で、自ら勉強したいと思い込む。やらされているという感覚を持たないことが重要。

④成功体験と、適度な負荷

最初は簡単な問題をどんどん解いていき、達成感を積み重ねる。そうすればどんどん脳内物質が出やすくなる。しかし、ある程度の負荷は必要。時間制限を設けたりすることで、自分を追い詰める。

 

⑤自分で自分を褒める

自分で自分を褒めても、脳内物質は分泌される。

 

以上、ツンデレ太郎でした。

 

********

◇◇セールスプロモーション・販売員・事務派遣・看護師紹介・外国人紹介の「イマジンプラス」HPはこちら↓◇◇

https://www.imagineplus.co.jp/

イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ-スタッフ登録
イマジンプラスのスタッフ登録はコチラから!

社長 笹川祐子の感謝ブログはコチラから!

旅好きOLが海外と日本の文化について綴るブログ

「エリーのグローバルこぼれ話」は、こちらから。
 

 

********

女社長ランキングも参加しています!!

その1クリックが励みになります!いつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

 

ビジネスブログ100選
にも挑戦してます。

応援よろしくお願いします。

 

ビジネスブログ100選

 

一覧ページ