ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 【販売員の就活理論】「就活で伝えるべき3つのこと」
広報部ログ

【販売員の就活理論】「就活で伝えるべき3つのこと」

ツンデレ太郎です。

「販売員式、ツンデレ就活講座」

記念すべき、第4回目は、「就活で伝えるべき3つのこと」です。

 

【販売の場合】

売れる販売員は「商品を使った喜びを伝えようとする」

売れない販売員は「商品の情報を伝えようとする」

商品を購入した後の喜びを先にイメージさせて、先に満足感を味わってもらうことで、この商品を買ってみたいなと思わせるのです。

結局、お客様が知りたいのは、「その商品の情報」ではなく、「その商品はどう自分を喜ばせるのか」「その商品を買ったらどういう利益が得られるのか」なのです。

【就活の場合】

つまりこれを就活に応用すると……

 

売れる就活生は「自分が働くとどう利益を生むのか伝えようとする」

売れない就活生は「ただ自分の情報を伝えようとする」

 

就活の本質は「自分がどんな人なのか、企業でどう利益を生むのか」を伝えることです。

軸だとか、強みだとか、付加価値だとか、色々なことが言われますが、結局そういうことです。

 

 

 

【販売の場合】

「商品を使った喜びを伝える」ために、販売員は三つのことを伝えます。

「事実・感情・解釈」です。

 

事実「他のカメラに比べてセンサーが大きいので、夜景も人も両方キレイに写ります。」

感情「夜のシンデレラ城をきれいに撮りたい」「夜景も人もキレイに写したい」

解釈「このカメラは、夜景好きな女子が使うには、最適なカメラです。」

例えば販売の場合は、

 

「このカメラは、夜景好きな女子に、最適なカメラなんですよ。例えば、夜のシンデレラ城を撮るときに、

前に立っている人が暗くて写らなかったことって無いですか?夜景も人もキレイに写したいって思うことあると思うんです。

このカメラは、他のカメラに比べてセンサーが大きいので、夜景も人も両方キレイに写せるんですよ」

という風に伝えます。

 

事実ばかりだと、商品を使った時の様子がイメージできない。

事実が無いと、具体性と信憑性が薄い。

感情ばかりだと、商品のことがわからない

感情が無いと、どんな気持ちになるのかわからない。

解釈ばかりだと、エラそうで聞きたくない、何が言いたいのかわからない。

解釈が無いとどう自分の利益になるのかわからない

つまり販売も、就活も、「事実・感情・解釈」をバランス良く伝えることが大切ということです。

 

 

【婚活の場合】

「年収・学歴・筋肉」を伝えることが大切だと思います。

しかし、伝えることと、アピールすることは違います。

 

アピールするのではなくさり気なく伝わるようにしましょう。

ちなみに、ネットで発見した、ランキングです。

〈合コンなどでアピールされるとドン引きすることTOP10

1位 遊び人アピール

2位 学歴アピール

3位 収入アピール

4位 仕事できるアピール

5位 筋肉アピール

6位 家柄の良さアピール

7位 ファッションセンスアピール

8位 流行に敏感アピール

9位 誠実アピール

10位 優しさアピール

 

ちなみに、ゼクシィから生まれた婚活総合サービス「ゼクシィ縁結び」はとてもおススメです。

https://zexy-enmusubi.net/

リクルートが運営する婚活サイトです。

ゼクシィ

 

 

【トンカツの場合】

個人的には「ひれ」肉を使うより、「ロース」肉を使う方がおいしいと思います。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「大学生のアルバイト紹介」をしている、

イマジンプラスのHPはこちらです↓

https://www.imagineplus.co.jp/

イマジンプラスのスタッフ登録はコチラから!

イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ-スタッフ登録

社長 笹川祐子の感謝ブログはコチラから!

 

旅好きOLが海外と日本の文化について綴るブログ

「エリーのグローバルこぼれ話」は、こちらから。

 

看護師紹介のサイトをオープンしました。ナースプライムはこちらから。

http://nurseprime.com/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

女社長ランキングも参加しています!!

その1クリックが励みになります!いつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

ビジネスブログ100選
にも挑戦してます。

応援よろしくお願いします。

ビジネスブログ100選

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

一覧ページ