ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 【コラム】~襟とYシャツと私~【名古屋支社】
広報部ログ

【コラム】~襟とYシャツと私~【名古屋支社】

こんにちは。

ついに今年も息をしているだけで汗ばむ季節がやってまいりましたね。

 

先日、外出前に「代謝を促進する系の飲料」を飲んだところ、

外出中ずっと滝のような汗が止まらず大変なことになりました。

 

汗と熱気で浮き足立ったような、髪の毛。

きらめかず、ときめかれることもなく、

ただただだくだくと滴る、汗。

 

シャツを脱いで搾ってみたい衝動に駆られました。

むしろ破り捨ててやろうかと思いました。

 

本日はその”シャツつながり”で、意外と面倒なシャツのお手入れについてのTIPSを、

名古屋支社・名物支社長Aに変わりまして、Mがお送り致します!

 

真っ白なシャツは着ていて気持ちの良いものです。

が、特に今の時期は、一日着ていると襟袖が真っ黒に。

 

普通の洗濯ではなかなか落ちないし、

かといって毎回クリーニングに出していては出費が嵩んで痛い。

専用洗剤は持っていないし、何を買えばいいかもわからない、

 

そんな方に是非お試しいただきたいのが「食器用洗剤」。

 

ちょっと驚かれるかもしれませんが、

襟や袖口の汚れは基本的に「皮脂」。ざっくり言えば油です。

 

油汚れには、食器用洗剤なのです!

 

これが中々の威力でして、

汚れた部分に直接塗って、後は普通に洗濯するだけ。

これでかなりきれいに汚れが落ちるのです。

 

更に、こつこつと溜まり続けていた汚れを落とすなら、

 

・少量のぬるま湯に食器用洗剤を溶く

・患部を浸して少しつけ置き

・いらなくなったハブラシで気になるところをゴシゴシ

 

その後はやはり普通に洗濯でOKです。

劇的な汚れの落ちを実感できるでしょう。

 

ただしこちらは生地のダメージと引き換えですので、

クリーニング店でもさじを投げられたような、頑固な汚れと戦いたい場合にのみどうぞ。

 

襟袖の汚れは、外からのぱっと見ではわかりませんが

近くからだと意外と見えてしまうもの。

 

就活は毎回が一期一会の勝負です。

手入れの行き届いたものを身につけて、自信をプラスして挑めるといいですね。

 

と、これはシャツだけでなく普段着でも使えますので

お気に入りのTシャツなどの首周りにも試してみてくださいね。

 

以上、名古屋支社Mでした。

今週のお花2012-09-06

一覧ページ