ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 【インプットvsアウトプット】②インプットする情報を選ぶ、スルー力
広報部ログ

【インプットvsアウトプット】②インプットする情報を選ぶ、スルー力

どうも、ツンデレ太郎です。

 

前回の記事に引き続き、

 

「どういう風に情報のインプットをするべきか」についてです。

アウトプットを想定したインプットで大事なことは、

 

次の3点です。

①インプットの目的と仮定

②インプットする情報を選ぶ、スルー力

③インプット=記憶するのか?記録するのか?

今日は、②の「インプットする情報を選ぶ、スルー力」についてです。

②インプットする情報を選ぶ、スルー力



「ステップ1 自分に必要な情報か?」

●頭の回転が止まっていないか。

ボーっとTwitterを見ていたら、結局1週間前に見たツイートは、何にも覚えていなかったりします。

しかし、一度習慣化してしまうと、チェックしないと気持ち悪くて、やめられなくなってしまうのが問題です。

自分がどのコンテンツにどれだけ時間をかけているか見直してみましょう。

頭をぶんぶん回転させれば、Twitterのタイムラインも今の半分のスピードで見られるかもしれません。

 

●自分の成長が止まっていないか?

自分の考えが正しいと思い込んでしまうと、インプットする情報も偏ってしまいます。

Aの意見が好きなら、わざと意識して、嫌いなBの意見も拾ってみる。

自分が無意識にどんな情報のフィルターを使っているか、見直してみると、

インプットしていた情報の傾向がわかります。

 

例えば、数字の情報からは逃げてしまっていたかもしれません。

情報アレルギーは克服しましょう。

 

「ステップ2 情報の質は良いか?」

●情報の正確さと、根拠があるか

特にインターネットの情報の場合、何も根拠がない場合があるので、注意が必要です。

私たちは、すごい地位の人や、尊敬している人が言っていることは、無意識に信じてしまうことがありますが、

情報が、発信される時は、発信する人に何らかの思惑があります。

ですので、専門家の話を鵜呑みにするのも危険で、その人がなぜ、その情報を発信しているのか

バックグラウンドを想像することが大切です。

 

 

●自分がすぐに活かせる情報か

情報の質という意味では、情報を二つの種類に分けることができます。

1つ目は、「自分がすぐに使える情報」

2つ目は、「自分がそのまますぐには使えない情報」

すぐに自分にそのまま当てはまるような、あっこれ良い情報だ!とすぐ使いたくなる情報と、

 

自分がアレンジしたり、そこから発展させたりすることで、価値が出る情報があります。

どちらの方が、質の低い情報というわけではなくて、どちらも、良い情報です。

 

大事なのは、どちらの情報かを区別して、メモするべきだということです。

2つ目の「すぐには使えない情報」は、自分には関係ないと思ってしまい、スルーしてしまうことがあります。

しかし、自分が成長した時に、役に立つかもしれません。

しかしすぐに使える情報を一緒にメモしてしまっては、すぐに使えないので、

分けてメモするのがおススメです。

以上、ツンデレ太郎でした。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「大学生のアルバイト紹介」をしている、

イマジンプラスのHPはこちらです↓

https://www.imagineplus.co.jp/

イマジンプラスのスタッフ登録はコチラから!

イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ-スタッフ登録

社長 笹川祐子の感謝ブログはコチラから!

旅好きOLが海外と日本の文化について綴るブログ

「エリーのグローバルこぼれ話」は、こちらから。

看護師紹介のサイトをオープンしました。ナースプライムはこちらから。

http://nurseprime.com/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

女社長ランキングも参加しています!!

その1クリックが励みになります!いつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

ビジネスブログ100選
にも挑戦してます。

応援よろしくお願いします。

ビジネスブログ100選

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

一覧ページ