ニュース

広報部ログ

「縁」〜時を経た再会〜

こんにちは!☀️

お久しぶりです。カイちゃんです。

 

3月に19卒の就職活動も解禁されました。

今年の就活生はどんな荒波を越えていくのでしょうか。

イマジンプラスでも19卒向けの説明会が開始され、すでに3か月。

着々と新年度の準備が始まっていますね。

 

 

そんな梅雨入り間近の今日は「」についてお話しようと思います。

 

 

」とは、調べると「そうなる巡り合わせ、関係を作るきっかけ、人と人との関わりあい」と載っています。
(参照:https://kotobank.jp/word/%E7%B8%81-37937

 

縁とか運命とかは、偶然にできるものではなく、その人の目の前に必然的に現れるものだと私は思っています。

今回ご紹介するのは「縁」に関する私のエピソードです。

一度、時計の針を巻き戻して、私が高校生の頃の話に遡ります・・・

 

 

 

 

遡ること5年前、2013年。

 

私は高校3年生でした。大学受験を控え、志望校を選んでいた頃でした。

行きたい学部は決まっていましたが、大学は絞れておらず、とりあえず気になった大学のオープンキャンパスに行きました。(受験生はみなさん行きますよね。)

 

そこで会ったのがTさんです。

 

Tさんは大学の広報活動であるオープンキャンパスの学生スタッフでした。

たまたまTさんが私の学びたい分野を専攻していたこともあって、私は志望校選びのために次から次へと気になることを質問しました。

それも数十分、いや1時間以上…?

とくかくめちゃくちゃ長い時間です。

 

Tさんはそれに対して1つ1つ丁寧に答えてくださいました。

嫌な顔1つせずに話を聞いてくださいました。

 

私はTさんのその姿に憧れて、それが決め手となって今の大学を志望しました。

それだけ、私にとってTさんの存在は大きいものでした。

 

 

その後、私は無事に大学に合格しました。

Tさんを追いかけて学生スタッフにもなりました。

 

 

 

 

ですが、Tさんには会えませんでした。

 

 

 

 

後から1つ上の先輩のSさんに聞いてみると、Tさんは前年度の卒業生だったそうです。

 

まあ、そんなに簡単には会えないか。

お礼がしたかったけどしょうがない。

 

そう思って黙々とオープンキャンパスの準備をしていました。

 

 

 

そして8月、オープンキャンパスの当日。

私が休憩から持ち場へ戻る時でした。

 

 

前からSさんと一緒に話しながら歩いてくる人。

 

 

その人に見覚えがありました。

むしろ見間違えるはずがない。Tさんでした。

TさんはOGとして当日様子を見に来ていたのです。

 

 

思わず反射的に話しかけてしまいました。

「Tさんですよね!?去年オープンキャンパスで話を聞いてもらっったんです!おかげで合格できました!」

 

おそらくこんな感じのことを言ったはず。

驚きと嬉しさであたふたしている私の横で、事情を知っているSさんも補足してくれました。

 

 

そして、

 

 

Tさんは、私のことを覚えていてくれました。

 

 

 

お礼が言えればいい…と思っていた私は、Tさんが私のことを覚えていてくれたことに感極まってしまいました。

嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。

こんな形で再会できるなんて夢にも思っていなかったから。

 

 

 

そんなこんなで私も4年生になり、私が社会人になる前にご飯に行こうとSさんが企画してくれて、今回恩人であるTさんと4年の時を経て、先日ご飯に行くことができました。

 

 

4つ上のTさんと、1つ上のSさん。そして私。

一見繋がりのない3人ですが、同じゼミ、同じオープンキャンパスのスタッフという点で繋がり、本来なら実現しえなかったご飯会が開催できました。

 

当時のこと、ゼミのこと、たくさん話しました。

 

Tさんとあの時会えたことは「縁」だと思っています。

その縁があったからこそ、今の私があって、私の大学4年間があったと思います。

 

Tさんは確実に、私の人生のターニングポイントにいた恩人です。

 

Tさんと話していなかったら、もしかしたら………違う大学を志望していたのかもしれません。

Tさんが私のことを覚えていなかったら、こうしてご飯に行くこともなかったかもしれません。

 

 

 

全ては偶然、されど必然。

 

こんな漫画みたいな経験をした私ですが、

だからこそ、「縁」はどんなものであっても大切にしたいと思いました。

 

少し話した、名前を聞いた、覚えていた、たまたま目に止まった…

そんな些細なことかもしれないけれど、

それが、めぐりめぐって自分に返ってくるかもしれない。

誰かに影響を与えるかもしれない。

逆に縁をつくれるかもしれない。

 

そんな風に感じました。

ぜひ、何か「縁」を感じることがあったら、大切にして欲しいなと思います。

一覧ページ