ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 2017年を振り返る。仕事に対して気持ちが変わったあの日。
人事ブログ

2017年を振り返る。仕事に対して気持ちが変わったあの日。

こんにちは、採用担当のぱるです(*´꒳`*)

本日12月28日は、イマジンプラス仕事納めの日です。

社員一同、やり残しの無いようしっかりキッチリと業務にあたっています。

その背中の勇ましいこと…みんな素敵だ…。

 

さて、年末に向けてみなさんはどのような計画を立てているでしょうか。

企業がお休みなので、就職活動も一旦は終了…もしくは来る就職活動のために作戦会議といった所でしょうか。

ですが、休むことも大事!!

キッチリ休めるときは休み、動けるときに備えましょう。

 

それにしても、本当にもう2017年も終わりなんだなぁ。

振り返ってみて、どうですか。どんな年でしたか。

せっかくなので、今年、最も印象に残ったことを思い返してみたいと思います。

 

ちょうど1月、この人事ブログで「酉年だし、飛躍の年にしたい!!!」と私は安易な宣言をしました。

特になにか思っていたわけではありませんでしたが、でも宣言したからには実行したい気持ちもある。

それでもイマイチなにをしていいのか分からず、代わり映えのない日を過ごしていた前半戦。

これじゃあ、飛躍の年なんて夢のまた夢…。

 

そんな私へ飛躍のきっかけが訪れたのは、夏のある日でした。

 

その日は、笹川社長、広報のガッチさん、新卒女子2名と焼肉を食べていました。

なんてことはない、全員で穏やかに、ああでもない、こうでもないと談笑していた時のことです。

 

話題の中心は、当然、新卒二人の仕事事情。

目の前で目をキラキラさせながら、切磋琢磨する新卒二人は楽しそうに色々なことを聞かせてくれました。

それと同時に、話の中でいろいろな姿を見せてくれたのです。

 

お互いをライバルだとし、負けたくないと闘志を燃やす姿。

社長にも先輩にも臆せず「出世する」意志を示す姿。

 

二人とも、まだ20代前半、社会人経験も数か月。

決して一人前ではない。

でもその横顔はどこまでも純粋で、どこまでも強く、そしてどこまでも素敵なのです。

 

そんな彼女たちを眺めながら、突然、フツフツと心に湧き上がった感情がありました。

 

それは、ただの焦りとも違う。

感動とも違う。

なにやらくしゃくしゃのティッシュのような、やたらややこしい、こんがらがった感情でした。

 

なんだろうな、これは。

イマイチ全容の見えない感情にすっきりしないまま、肉を食べる。

名前をつけたいけれど、名前が分からない。なんだろう。

そうして考え込む私に、ガッチさんが言ったのです。

 

「ぱるくんも、ちゃんと考えなきゃダメなんだよ」

 

ぱちんと、頬を叩かれた気持ちでした。

正直、腹が立ったと言ってもいいかもしれません。

私だってちゃんと考えている!なにも考えていないわけない!そう思ったのです。

そこで、自分がさっき感じた気持ちの正体に気づきました。

 

ああ、私は悔しかったんだ。

 

新卒がこんなに未来のことを考えて、こうなりたい、こうしたいと臆せず発言するのが羨ましかったんだ。

私よりも仕事に対して高いモチベーションを持って取り組み、みんなから未来を期待されているのが、すごく悔しかったんだ。

 

「ちゃんとこうしたいって、言葉にしなくちゃダメなんだよ」

「ぱるくんは、どうしたいの?」

 

焼肉のいい匂いに囲まれながら、聞かせてほしいという意味合いで、ガッチさんが私に言ったのをぼんやりと覚えています。

 

思っていることを言葉にすること、それはとても勇気がいることです。

私は怖がって、言うことすらしていなかったんだなと、その時気づきました。

頭で、こうなったらいいな、こうできたらいいなと思うばかりで、口にはしない…。

でも、それでは意味はないんだなと、この日、しっかりと自覚しました。

 

そうして、決めました。

もう、立ち止まるのはやめようと。

頑張るを頑張る。

やることをやる。

こうなりたい、こうしたい、こうやりたいと、しっかり考えて口にする。

 

やらされる仕事から、

やる仕事へ。

 

こうして、まるで別人のように気持ちを改め、そのまま残りの日々を駆け抜けました。

今も、この思いは変わっていません。

なによりその意志が実を結び、現在、来期に向けて動き出しています。

 

会社は、個人の意欲に必ず答えてくれます。

少なくとも、イマジンプラスはそういう会社です。

やりたいという意欲を大切に。

こうなりたいという純粋な気持ちを大切に。

来春に新社会人となるみなさんも、これから就職活動を行うみなさんも、どうか夢や野望は臆せずに口に出してください。

そうして、未来のために、自分のために、全力で仕事を楽しみましょう。

(不思議なもので、目標ができるとモチベーションがあがって、モチベーションがあがると仕事の取り組み方が変わって、取り組み方が変わると結果が出るようになって、結果が出るようになると仕事が楽しくなるんですよね)

 

少し長くなりましたが、以上が2017年を振り返る中で最も印象深いできごとでした。

仕事に対する感情がポジティブな意味で「飛躍」した。

これにて無事に1月に宣言したことを達成…ということでいかがでしょうか。笑

 

みなさんも、今年はいい年になりましたか。

来年はもっともっといい年にしましょうね!

 

2017年、ありがとうございました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

以上、ぱるでした。

良いお年を。

一覧ページ