ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 自粛でうどんを打つ週末。これぞスローライフ
人事ブログ

自粛でうどんを打つ週末。これぞスローライフ

こんにちは、ぱるです(*´꒳`*)

お花見に・・・行きたい・・・。

お花見に・・・。

 

コロナの影響もあり、私の心のよりどころであったお花見が自粛となってしまいました。

こんな悲しみあっていいのだろうか。

でも、人の命を危険にさらしてしまうくらいなら・・・と、週末はswitchを抱きしめて泣いております。

自分がかかるのは自己責任ですが、ウィルスによる感染症はそうは言っていられませんからね。

 

最近は『あつまれ どうぶつの森』で無人島生活をエンジョイしている私ですが、あれでも一応はお花見できるんですよ!

10日までの期間限定ではありましたが、島の木々が桜になるんです。

お花見セット(お弁当や飲み物などのアイテム)をクラフトして、桜の中に置いたらあら簡単。

オンラインでお友達を島に招待すれば、ワイワイ楽しいお花見です。

 

VRでのお花見とかもありますし、不要不急の外出を自粛するように言われている今、ネット上で完結できるようなコンテンツはかなり需要があるんでしょうね。

 

そんな中、私も家にいながら特別なことがしたいなと思い、週末はうどんを打ちました。

うどんうどんたのしいうどん。

キッカケは特にないんですが、ゲームをしていたら不意に「あ、うどんを打とう」と思った次第です。

手のかかる作業って無心になれるからいいですよね、精神統一の意味もありますけども。

オーブンを使うものはちょっと面倒なので、うどんくらいがちょうどいいです。

 

それにしても、うどんってみなさん打ったことあります?

結構簡単なので、手順を紹介しますね。

 

まず、材料はこちら。

うどん界のホットケーキミックス(?)うどん粉です。

ちなみに無駄に派手な色のボウルは、大好きな料理研究家レイチェルレイのボウルです。

昔、アメリカに住んでいた父の家を訪れた時、近所のスーパーが閉店セールをやっており、そこで手に入れました。

これさえあればレイチェルレイになりきれるという優れものなんですよ。

ちなみに本来の使い方は、料理をつくるうえで出る野菜の皮や、切り落とした根っこなどを雑多にいれておくゴミ用のボウルらしいのですが、ウチでは普通に大きいボウルとして使っています。

 

話がそれました。

まず、うどん粉を適量計ってボウルに入れ、水を注いでいきます。

ダマにならないよう気を付けつつ、まとまりができるまでまぜまぜ。

季節や湿度によって水の量が多少変わるので、様子を見つつ足したりしてくださいね。

 

さて、無事に生地がまとまったら本格的にこねます!

ここの動きが、出来上がった時のコシの強さにつながります。

こねすぎてもダメ、こねなさ過ぎてもダメ。

じゃあどのくらいがいいのかって、もう経験と勘です、こればかりは。

 

ちなみにうどん粉の生地はパンの生地とは違って、めちゃくちゃ弾力があってかたい!!!!!

 

正攻法でいくと腕が死にます。

手首ももれなく死にます。

なので、女性子供は足で踏むのをオススメします。

 

かよわくて可憐なぱるちゃんも、もれなく足で踏みました。

やる人はいないと思いますが、くれぐれも直に踏まないように!

このご時世ですし、衛生面だけは本当に気を付けてくださいね!!

 

ある程度踏んだら、おりたたんでまた踏む。

それを2、3回繰り返します。

 

でーきたー!!!

あとは一時間ねかせます。

なるべく表面を綺麗にしてあげて、ビニール袋に入れて放置。

その際、冷蔵庫に入れる必要はないですが、直射日光が当たる場所・極端に暑い場所は避けましょうね。

(特に夏場は注意しましょ)

 

待っている間にキッチンを片付けて、あつまれどうぶつの森をやって・・・。

気づいたらあっという間に一時間!

はやーい

 

袋から取り出してみると、うん。

パン生地ではないので膨らんだりはしていませんが、表面のつるつる度合いがパワーアップしているように思えます。

ちなみに指でぎゅって押したときに、指の跡が多少残る程度がベストです。

指の跡が残らないくらい弾力があるのはやりすぎなので、こねて柔らかくしましょう。

 

ここからはノンストップです!

麺棒を使って、ひたすら伸ばす!!

これもねえ、やっぱ生地がかたいので大変なんですよ。

伸ばすのに一苦労。

厚さは均等に、大体3mmくらいが理想ですね。

 

また、切るときに形が美しくなるよう、四角を意識して伸ばすのがグッド。

クッキー生地のように円状に伸ばしてしまうと、どうしても麺の形がいびつになってしまうんです。

これもまた小技ですね。

 

さて!がんばって伸ばしたら、さっそく切っていきます!!!

沢山の打ち粉をして、三つ折りでおりたたみ、端っこから切ります。

いい感じじゃないですか・・・これ職人技でしょう・・・。

ゆでたときにかなり膨らむので、この時点では細く切りましょう。

太いと茹でた時にほうとうになっちゃいます。

 

あとは、たっぷりのお湯を沸かして!

ゆ!で!る!!!!

沸騰してから10分くらいかな。

時間も様子見つつ調節してくださいね。

 

茹で終わったら、冷水でよーく揉んで、盛り付けて・・・。

 

かんせーーーーい!!!!!!!!

ちょっと素晴らしいのでは?!

もうプロじゃん!すごいじゃん!さすがじゃん!!

 

所要時間は約2時間!

味も、もちろんバッチリ。

両親にもふるまい、家族団らんのランチタイムとなりました。

 

こういうのは、とにかくチャレンジすることが大事ですね。

ストレスも発散でき、おなかも満たされ、最高です。

 

コロナでお休みの日に外出を自粛しているみなさん!

うどんを打つのオススメします!

 

以上、ぱるでした。

一覧ページ