ニュース

人事ブログ

ぱるが札幌へ行ってきたよ(未遂)

こんにちは、採用担当ぱるです(*´꒳`*)

先日、個人的な用事があり、札幌へ行くことになりました。

一か月前から飛行機を予約して、ホテルもとって、ウキウキワクワキ。

私、北海道には未だ行ったことがなく、今回が初上陸となります。

 

しかし、私は知る由もなかったのです。

この札幌旅行がイレギュラーな体験になるとは…。

 

12月10日、出発の朝です。

東京の天気は晴れ!

気温もまあまあといったところでしょうか。

 

朝6:30起床。

前日必死に早く寝たおかげか、やや眠いくらいでわりとスンナリ起きれました。

ちゃんとパッキングはできていたので、あとは着替えだけ。

洋服は、この季節の札幌は本当に寒いと現地の友人からもリサーチ済みだったので、とにかく暖かさ重視!

しかし気を付けなければならないのは、ただ厚着するだけではダメということ。

北海道は外は寒くても、車内や室内はとても暖かいのだそう。

 

着こみすぎると屋内で地獄を見る、とアドバイスを頂いたので、脱ぎ着できる(温度調節可能な)防寒服にしました。

更に、雪などで道の状態が悪い場合があるので、ヒールのないレインブーツに。

 

そんなこんなで用意も終わり、7:50いざ出発です。

電車を乗り継ぐこと数回…「羽田空港第2ビル」に到着しました。

もう座席指定も済んでいるし、あとはスンッと飛行機に乗って、気づけば北海道!イエス!と意気揚々だった私に、奇妙な人ごみが目に入りました。

おや、なんだかザワザワしている。

どうしたことかと思えば、受付カウンターの前にいたスタッフさんがこんな一言を告げました。

 

「本日、札幌豪雪のため、新千歳行のお手続きを一旦ストップしております」

 

ごうせつ…。

GOUSETSU????

 

そういえば、天気予報で雪が降るって言ってた、気がする。

でも、前日に札幌支社と業務端末でお話しした時「いま降ってないですよ、明日も大丈夫でしょ~」って言ってた(よね、Nさん!!!)。

 

この時すでに9:40、搭乗予定の飛行機は10:15…。

これは飛ばない可能性も出てきたぞ、はてどうしたものか。

周りはみんなじっと、電子掲示板で搭乗予定の飛行機状況を見つめています。

始発の飛行機と、その次の飛行機は定刻通りに飛んで、着陸しているから大丈夫…だよね??

なんて、きっとみんな同じ気持ちだったんだろうな。

 

それから数分後、電子掲示板に動きが。

なんと、天候の影響で飛行機の到着が遅れ、出発時間が1時間以上ずれることに。

欠航じゃなくてよかったとホッとしつつ、10:15発が11:45発に変わったので、その間時間潰しをしなくてはならなくなりました。

なにしようか途方に暮れていると、たまたま同じ飛行機に乗り合わせる予定だったという友人を発見。

一人じゃないって心強い!

 

取り急ぎ、中には入れるとの事だったので、二人で手荷物検査を済ませ搭乗口へ。

ラウンジは混んでいるから、搭乗口近くのソファに座りました。

その間、札幌に昨日向かったという別の友人から現地の様子を教えてもらいました。

 

現地にいる友人曰く、予想位以上に札幌の天気は大荒れ

雪がゴウゴウ降り注ぎ、容赦なく道に積りまくっているとのこと。

新千歳空港も滑走路の積雪がすごく、なかなか厳しい状況…。

 

最悪、欠航になるかもしれないねなんて話しながら、羽田の空を見ていました。

image1

こっちはこんなにいい天気なのになあ。

同じ日本なのに、こっちとあっちとでは天気が全然違うなんて。

なんだか不思議な気持ちになりつつ、時に沖縄へ向かう様子の修学旅行生の大群に巻き込まれつつ、ひたすら待こと1時間強…。

 

ついに、私たちが乗る飛行機が到着!!!

条件付きではあるものの、一応は問題なく飛ぶようです。

運よく、友達と隣同士の席にもなれて、気分も上昇中。

意気揚々と乗り込み、いくぜ北海道!

 

乗ってから思い出しましたが、私、飛行機苦手でした。

高い所怖い。

 

離陸時は緊張で気を失いそうでしたが、なんとか耐え、無事に空へ。

ちなみに今回利用したエアラインはAIR DOさんです。

北海道に本社を置く、北海道に強いエアライン!

だから、機内も北海道色が強いです。

機内のラジオではTEAM NACSの音尾琢真さんがパーソナリティを務める番組がやっていたり、じゃがバタースープや、函館ワイン等北海道オリジナルのドリンクに加え、果ては味噌バター雑炊まで完備!
※TEAM NACSとは芸能事務所CREATIVE OFFICE CUEに所属する劇団で、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真からなる。

素晴らしいです。

 

羽田から新千歳までは約1時間ほどのフライトです。

天気はそんなに変化があるようには見えないけれど、油断はできません。

でも、なんだか眠い…。

朝も早かったので突然の睡魔が。

きっと目が覚めたら新千歳についているだろうと期待して、しばし睡眠。

 

と、きっかり1時間後に目が覚めた時、飛行機は予想通り新千歳…の上空でした。

 

豪雪の影響で滑走路の積雪が酷く、現在、除雪作業を行っているとの事。

しかも二本ある滑走路の内、一本が完全に閉鎖されているため、上空では9便もの飛行機が待機していました。

 

一番興味深かったのは、窓の外にこちらと同じように上空で旋回待機している、ANAのジャンボジェットを拝めたことです。

もちろん機体同士の距離はかなりあいていますが、飛行機が並走して飛んでいるのをあまり見たことがなかったため、大興奮。

興奮しすぎて写真を撮り忘れたことだけが悔やまれます。

箸置きみたいで可愛かったのに…!

 

13:05到着予定だったものの、そんな状況なので除雪作業待ちで13:15まで待つことになりました。

しかし、状況は良くなりません。

あまりの雪の量に除雪車の作業が追い付かず、13:15になっても再開は難しいとの事。

結局、13:30まで待ち最終判断をすることとなりました。

その間、待機していた9便の内、4便が燃料の問題で羽田へ引き返してしまい、機内の空気も「これは…もしや…」という感じに。

私たちが乗っていた便は燃料を十分積んでいるとの事でしたが、それだって限界があります。

 

そうして待つこと数分、ついにその時が来ました。

 

「皆様にお知らせいたします。ただいま新千歳空港では豪雪の影響で滑走路に雪が積もり、除雪が追い付かない状況が続いています。約25分ほど、着陸可能まで上空にて待機しておりましたが、先ほど管制塔より、本日は滑走路復旧の目途がたたないとの連絡がございました。これより本便は、新千歳の着陸を断念し、羽田へ引き返します。申し訳ございません」

 

やっぱりー!!!!!

いや、もうね、機内みんな思いましたよ。

やっぱりって。

そのあと機長さんも説明していましたが、どんなに人間が文明を進化させたって自然の力には勝てないんです。

12月だもの、この時期だもの、しかたない。

 

そうなると面白いもので、機内のお客さんの多くがじゃがバタースープ味噌バター雑炊を頼み始めました。

いっそ行けないなら、少しでも北海道感が欲しかったのかもしれない。

私もじゃがバタースープを飲みました。

 

\じゃがバタースープ美味しかったですよ!/

img_0349

本当に気を使っているわけじゃなく、北海道の味がしました。

でも、コップに印刷されたAIR DOの公式キャラクターベアドゥくんが、なんだか申し訳なさそう。

いいんだよ、仕方ないよ。

 

それにしても、新千歳上空、雲の上はこんなにいい天気なのに。

この雲の下では沢山の雪が降り注いでいるなんて。

img_0351

さよなら、北海道。

ありがとう、北海道。

次は上陸してみせるよ。

 

こうして14:40無事に羽田へ着陸。

短いような、長いような空の旅を終えたのでした。

 

その後、ホテルをキャンセルしたり、チケットの払い戻し手続きについて聞いたりして、最後は友達とお寿司を食べて帰宅。

事情が分かっていたのかホテルの方も「キャンセル料は大丈夫ですよ」と言ってくださったり、航空券のお金も全額戻ってきたりで、本当にありがたい。

北海道グルメの代わりに友達と食べたお寿司も美味しかったし、久々の空の旅も綺麗だったし。

 

札幌に行けなかったのは残念だったけど、

なんか楽しかったからいいや!笑

 

そんな12月の土曜日だったのでした。

 

 

 

 

 

ちなみに。。。

今回の雪は15年ぶりの大雪で、翌日には積雪も56センチにも達していたとか。

後日聞いた話によると、すでに札幌にいた数人の友人たちは札幌から帰ることができず、日曜日に致し方なく4時間以上かけて陸路から帰る子や、乗る予定の便が夜まで時間が押した挙句欠航になってしまい空港で一夜を明かす子、土曜日の時点で早々に帰ることを諦め月曜日の夕方にようやく帰れた子など、大混乱だったようです。

逆に行けなくてよかった…のかな???

以上、ぱるでした。

一覧ページ