ニュース

人事ブログ

台風の脅威と対策のはなし

こんにちは、ぱるです。

9月9日で誕生日を迎えました!!

おめでとう、ありがとう。

 

さて、6日の夜から7日にかけて九州に接近した大型の台風ですが、該当地域にお住まいのみなさま、大丈夫でしたでしょうか。

東京でも突然びゅうびゅうと激しい風が吹いたかと思えば、空が怒っているかのような土砂降りになったりと、ひどく落ち着かない荒れた天気でした。

こちらですらこのような天気だったんですから、九州ではもっとすごかったのではないかと思います。

大規模な停電のニュースなども目にしましたし、怪我をされた方もいたようです。

一日も早く、快復されますように。

 

しかし、こういった自然の猛威に触れるたび、事前準備の大切さを痛感しますね。

特に今回の台風はかなり大型だったこともあり、台風対策に関する情報がたくさん流れていました。

それを見て、いろいろと対策をした方もいたのではないでしょうか。

 

なにごとも準備をすることは大事です。

就活もそうです、テストもそうです、試合も、仕事も、自然災害もすべて事前に準備すること、備えることは大切。

ただ中には、台風が過ぎたときに「なあんだ、大したことないじゃん。こんなに準備して損した」と思う人もいるかもしれません。

一生懸命準備をしたからこそ、使わずに終わった事実にがっかりしてしまう。

とっても気持ちがわかります。

でも、これって決して無駄ではないんです。

 

ツイッターで『今回使わずに終わった備えは「空振り」ではなく「素振り」である』と表現した方がいました。

 

これは本当にその通りだと思います。

すべて次回に生かすべき経験であり、決して無駄なことではない。

私たちは、こういう時にはこういう備えをすればいいと学び、きっと次はもっと計画的に備えることができるでしょう。

これは個人の財産です。

無駄なことではない、だって人間は学べる生き物なのですから。

 

九州以外のみなさんも、他人事にならずこういった場合の備えに関して、一緒に考えてみてください。

自然災害はどうしても起こってしまうものです。

いざという時のために、自分や周りの大切な人の安全を守るために、日ごろからの備えを意識していきましょう!

 

以上、ぱるでした。

一覧ページ