ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 和田裕美さん講演会『いいことだけが「今」から起きるももいろ波長の身につけ方』
イマジン通信

和田裕美さん講演会『いいことだけが「今」から起きるももいろ波長の身につけ方』

初めまして。イマジンプラス広報インターンのキャサリンです。

私は大学4年です。

今月からイマジンプラスに勤務しております。

先日、和田裕美さんの講演会に笹川社長、社員の方々とご一緒させて頂きました。

和田裕美さんの出版された本『いいことだけが「今」から起きるももいろ波長の身につけ方』を頂きました。

ピンクの花柄が表紙のとてもかわいらしい本です。

和田裕美さんが素敵な笑顔でご登場され、まるで明るいオーラが周りに出ているようでした。

講演の中で特に私が印象に残ったことは・・・

☆気持ちの持ちようで嫌なことを見えないようにする

×私がいい人ばっかりに会っている

○私が会ったらみんないい人になる

このお話しを聞いて、みんなそれぞれいい面を持っていると私も思うので、その面を自分で引き出せばいいのだ、ということだと思いました。

そうすれば自分も相手もお互い気持ちよく接することができます。

和田さんはセールスを100パーセント決まるという気持ちでなさっていたとおっしゃっていました。

和田さん自身が明るくいることで相手の明るい気持ちに出会うのだそうです。

人のせいにするのではなく、自分が人を変えることが出来るという素敵な考えを見習いたいです。

☆能力の差は考え方の差

収入の差は行動量の差

私が今まで会ったことのある経営者の方々は、どの方も前向きな考え方、普通の人とは明らかに違って行動力のある方ばかりだったので、この言葉を聞いてこういうことなのだと納得がいきました。

自分には才能がないと諦めるよりも前向きに行動していくことが成功への近道なのだと理解することができました。

☆心を開くためには行動を変える

前向きな人に顔が暗い人なんているはずがありません。

しかし嫌なことが続くと顔が知らず知らずのうちに暗くなってしまって余計に気持ちが後ろ向きになり、なにもかもがうまくいかない気になってきてしまう、ということは私も含めて誰もが経験したことがあるとい思います。

ついそうなってしまいがちですが、そういう時こそ思い切って笑顔になって、負のサイクルから抜け出すことが大切なのだと思いました。

うまくいっているから笑顔になるのではなくて、その逆という考え方にハッとさせられました。

☆池理論

自分の心(池)に、恋(鯉)を泳がせるというものです。“ちょっといい”という気持ちを上げて自分に魔法をかけることによって恋愛モードになります。早速私も何匹か鯉を泳がせてみています。

“とりあえずちょっといい人を泳がせる”ので、「あの人は私には無理」とか、「あの人はここがダメだから」ということを考えなくていいので、簡単に恋愛モードになることができるし、楽しい気持ちになってきます。

☆色に例えることで感情をコントロールする

悪いことも「悪いこと」ではなく、色に例えることによって感情をコントロールするのだそうです。色には点数がないからだそうです。

確かに嫌なことがあって気分が悪い時に、ただもやもやしているよりも、「今はブルーだな」と思う方が、自分の感情を客観視して分析でき、対処しやすくなる気がします。

和田裕美さんの講演や本から、毎日や人生がハッピーになるコツをたくさん学ぶことができました。ちょっとした心がけでできるものばかりなので、やらなければ絶対損だと

思います!

自分の思い込みによって不幸になってしまっている人は多いのではないでしょうか。

全ては自分次第なのだと確信を持つことができました。

今日の講演会を終えて、私も感謝の気持ちを忘れず、「ももいろ波長」「陽転思考」を身につけて、いいことだけを起こそうと心に決めました。

和田裕美さん講演会『いいことだけが「今」から起きるももいろ波長の身につけ方』

一覧ページ