ニュース

  • TOP
  • ニュース
  • 【コラム】~転職は3回まで!~【名古屋支社】
イマジン通信

【コラム】~転職は3回まで!~【名古屋支社】

名古屋支社長のAです。

前回は「面接時の質問について」のお話をさせて頂きました。
今回も面接官としての立場から、「転職活動」についてお話し致します。

「転職は3回まで」とよく言われますが、
転職回数が多いと不利になる理由について、考えたことはありますか?

一概には言えませんが、”退職理由”もそのひとつになります。
皆さんの基準で止むを得ない事情と思われることでも、
企業側からすると、そうとは思えない事柄も結構あるんです。

たとえば・・・

「ブラック企業だった」

どういうことでしょうか。残業未払い?コンプライアンス違反?
具体的に説明できますか?

「やりがいを感じられなかった」

その企業を選んだ責任は、あなたにもあるはずです。
それを踏まえずに話すのは、逆にマイナスイメージになります。
そもそもやりがいとは自分で見つけるものです。

「将来性を感じない」

何年務めて、どんな事をやってきたかによるでしょう。
業界全体としてどうか、会社の売上状況がどうかにもよりますね。
こちらも、自分が選んだ責任を放棄したような話し方はマイナスのイメージに繫がります。

「人間関係」

これは一方のお話しか聞けないので、
人事担当としても客観的に判断することが難しい内容です。
面接官の方はあなたと対極の立場で聞いていると思った方がよいでしょう。

「他人は自分を映す鏡」と考えている方もいらっしゃいます。

どんな企業でも、個人の希望と会社の方針がぶつかることがあって当然です。
経験や能力に応じて業務配分する中で、必ずしもあなたの希望が通るとは限りませんし、
多くの人間が共に働く環境で、人間関係にまったく問題がない企業などないでしょう。

基準をあなた自身のみに置いた話では、面接官側の立場からすると、
これから起こるであろう未来予想を聞いているような気持ちになるのです。

「将来性が感じられないからやめた」
「経験を活かし、キャリアアップを目指して転職を決意した」

どちらの方がよりポジティブな印象を受けますか?
大事なことは、事実を受けてがどう感じるか、考えて話すことです。

転職を考えている方は、一度振り返って自分と向き合う時間を作ることをオススメします。
転職活動中の皆さんが、よい出会いをされることを願っております。

一覧ページ