Latest Posts新着記事

少子化問題を抱える日本では、国が「人手不足の解消を図ろう」と、対策に乗り出しました。 しかし、人手不足になる要因には、少子化からくる働き手世代の減少の他にも考えられることがあります。 一方で、企業側の人手不足解消の対策のひとつとして、外国人労働者の採用があります。外国人労働者を採用することで得られる企業のメリット、採用するにあたって注意すべき点を見ていきます。

人手不足

少子高齢化が深刻化する現代の日本社会にとって、企業が労働者を確保できるか否かは死活問題までに発展しています。そのため、人材不足を回避するために、日本企業での外国人労働者の雇用は年々増えてきています。 そんな中、中国人・外国人労働者の雇用には、「外国人雇用状況の届出」の提出が法律によって定められました。 手続きにかかる手間や、文化・習慣の違いから遠慮されがちな外国人労働者の雇用ですが、いくつかの助成金を受けるための対象にもなっています。 中国人のみならず外国人の積極的な雇用は、企業を支える人材へと繋がっていきます。今回は、外国人労働者を採用する際の届け出と助成金についてご紹介します。

人手不足

近年、外国人観光客が急激に増え、宿泊業やホテル業の人材不足が問題となっています。人手が足りず、悩みを抱えているホテル・宿も少なくないでしょう。 その理由は、観光客が増加したことだけが問題なのでしょうか。ホテル業・宿泊業が抱えている人手不足の問題についてフォーカスし、どのような対策が必要なのかについて、この機会に考えてみましょう。

日本では、少子高齢化による人口減少に端を発した労働力不足に伴って、大手を中心に外国人留学生を採用したいと考える企業が増えています。実際、コンビニやスーパーなどで外国人スタッフを見かける機会も多くなり、自社でも受け入れたいとほかの企業も考えるきっかけになっています。 しかし、外国人留学生が日本で働く際には、労働時間に上限があるということについて、あまり情報が行き渡っていない傾向にあり、採用の機会を逃しているかもしれません。本記事では、外国人留学生を採用する際の労働時間について見ていきましょう。

少子高齢化により、人口が減り続けている日本の労働力不足は深刻です。女性や高齢者の雇用も積極的に行われてはいますが、それでも人手不足の抜本的解消には程遠いのが現状でしょう。 一方で、日本に留学する外国人は現在20万人を超えており、まだまだ増え続けています。それにともなって、こうした外国人留学生をアルバイトとして採用したい、と考える日本の大手企業も増加傾向にあります。 しかし、企業側が外国人労働者をアルバイトとして採用したいと思っても、労働条件やチェック項目に不明点が多く「なかなか行動に移せない」というケースが多く見られるのが現状です。 そこで、本記事では外国人留学生をアルバイトとして雇用するための方法をご説明いたします。

少子高齢化に伴って、日本の労働者不足が深刻化しています。AI(人工知能)の発達などにより、人手が要らなくなる職業も一部ありますが、まだまだ、どこの企業でも労働力を必要としているのが現状でしょう。 一方、日本で働く外国人労働者の数も増え続けています。中でも、一番割合が多い中国人労働者を採用したいと考える企業は大手を中心に多いようです。 彼らを採用するにあたり、受け入れる側にはどんな課題があるでしょうか? また、中国人労働者の受け入れが増加した要因はどこにあるのかを確認しておきましょう。

少子高齢化による人口減少にともなって、労働力不足が深刻な日本における中国人留学生のアルバイトをとりまく事情は、いまや大きく様変わりしています。2000年代と比べると人数が増えているだけなく、中国人留学生が就労先として選ぶアルバイトの業種にも変化が見られます。 中国人留学生のアルバイトをとりまく事情が大きく変化した要因には、日本の少子高齢化のほか、日中の経済格差の変動なども考えられます。 ここでは、周囲の環境についてフォーカスしながら、中国人留学生の就業について見ていきましょう。

中国人材を雇用する日本企業にとって、彼らとの付き合い方を学ぶことは非常に重要です。 人とのより良い付き合い方を学ぶためには、相手の「個性」や「自己肯定感」などの、アイデンティティーや価値観を知る必要があります。 中国人材の雇用に限らず、よい人間関係を構築するうえで、相手のことを知ろうとすることはとても大切なことです。ここでは、まず中国という国のことをよく知るところからはじめてみましょう。 相手が生まれ育った国の特性を知ることは、遠回りのようで実は相手との距離を縮めるための近道なのです。そして、これが中国人ともうまく付き合うための「心得」であると考えましょう。

日本企業が外国人研修生を受け入れ、研修生・実習生として一定期間日本で働いてもらう制度があります。今日本に多い中国人に限らず条件に見合う外国人すべてが対象となる公的制度で、この制度は「外国人技能実習制度」と呼ばれています。 語学の堪能さから、中国人材の雇用を積極的に進める日本企業が増えていますが、日本で働くきっかけをつくることができるという点で中国人側にもメリットがある制度です。 制度を通じて、日本で得たノウハウを母国に還元することができます。しかし、この制度の主導はあくまでも日本企業です。外国人研修生を受け入れるためにはどうすればよいか、何を知っておくべきかといった点を理解し、外国人技能実習制度の有効活用を目指しましょう。

日本でも、外国人材の雇用が増えてきた昨今。優秀な人材であれば、国籍を問わず戦力として働いてもらいたいと考えている企業が増えてきているのです。 なかでも優秀な頭脳を持つイメージがある中国人。事実、中国人材の労働力が不可欠であると考えている日本企業も増えてきています。 しかし、日本で中国人を雇用したいと考えたとき、ネックとなるのが「言葉の壁」です。中国人に限らず外国人を一人材として迎え入れる場合、真っ先に考えなければいけないことのひとつです。 中国人の母国語は中国語ですが、中国も日本も英語教育を取り入れているため、お互いの公用語は英語です。そのため、それぞれがお互いの母国語を覚えるよりも「公用語とされる英語を使ってコミュニケーションを図る方が“リスクが少なくて済む”という考え方になります。 ここでは、中国人と日本人の英語力を比較しながらその考えを検証していきます。

インターネット環境が整備されるようになった現代、日本と世界との距離は急速に縮まったといわれています。 私たち日本人をとりまく職場環境も大きく様変わりし、日本で仕事をする外国人労働者も増えてきました。外国人材の就業増加に伴い、仕事に対する外国人の考え方が日本人には理解ができず、混乱をきたすケースも増えています。 外国人がどう考え、何を求めているのかを日本人が知ることで、双方にとってより良い職場環境づくりが前進します。ここでは日本人と外国人の「職場における相互理解」をどう進めるべきかを考えていきましょう。

仕事をする上で「税金」は切っても切り離せないキーワード。雇用する側は「源泉徴収」等の書類のやり取りがありますよね。では、外国人を採用・雇用する際の、当該外国人に課せられる税金はどうなのでしょうか。そこで、外国人の税金について解説します。

企業には、さまざまな「助成金」を利用する機会があります。助成金によって資金を確保して人材確保や教育などの費用に割り当てることができるのが助成金です。そんな助成金の中には、外国人の採用に関係するものがあることをご存知でしょうか。そこで、今回は外国人を採用する際の助成金について解説します。

昨今、中小企業を中心に外国人を採用する動きがみられています。人手不足を解決したい、社内に新しい風を吹かせたい、海外進出の足がかりにしたいなどと考えていても、正直外国人採用に不安を感じていませんか?外国人を採用する不安を払拭するため、デメリットとメリットをしっかり理解しましょう。

日本には「おもてなし」という素晴らしい文化があります。昨今、外国人観光客の姿をよく目にしますが、海外では現在このおもてなしが注目されているのです。そこで、外国人観光客に満足してもらえるおもてなしについて解説します。

事業者が気になるポイントの一つが「コスト」です。得られるメリットに対して許容内のコストであるか、削減する余地はないのかと考慮することが結果として健全な経営につながります。では、昨今注目されている「外国人採用」に関するコストはどうなのかについて見ていきましょう。

外国人を採用したり雇用したりする場合は、事前知識として外国人の仕事に対する考え方や、日本人との違いなどを知っておくことが必要です。 ここでは、外国から見た日本の仕事に対する考え方の特性や、外国人から学ぶビジネススキルなどについてお伝えします。

人手不足

日本人が海外へ旅行に行くように、海外から日本へ旅行にやってくる方も大勢います。その旅行者の方々が日本への旅行で困るのは、言葉が通じないことです。 私たちが海外旅行へ行った際も、観光地への行き方や買い物をするときなど、言葉が分からず苦労する場面が必ずあります。そんな時、現地の人に尋ねて教えてもらうこともあるのではないでしょうか。 現地の言葉で最低限コミュニケーションがとれると旅行もより楽しくなりますし、逆に旅行が楽しめるよう助けることもできます。 ここでは、日本へ来た外国人旅行客の対応で役立つ、簡単な英語のフレーズをご紹介します。

会社の発展のためにバイリンガル人材を必要としている企業がここ数年で増加しています。 インバウンド効果が大きく表れている背景から、各業界で語学に堪能な人材が注目がされているのです。 では、バイリンガル人材はどのように採用をすればよいのでしょうか。 採用時の注意点なども交えながらご紹介していきます。

交通機関の発達やインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化は急激に加速。世界のビジネスのボーダレス化も進んでいます。 少子高齢化が深刻な問題となっている日本においては、若い日本国籍の労働者の数は減少するばかり。若くて優秀な人材の確保が非常に困難な局面を迎えています。 そのような背景を踏まえ、日本は、会社の経営や業務を円滑にし、さらなる日本社会の発展を求めて、外国人労働者のマンパワーに頼らなければならない状況になっています。 外国人労働者を採用する際に注意しておくべきポイントや、雇用保険、外国人入社・退社時の手続き等をしっかり押さえて、優秀な即戦力となる外国人労働者を法律のもとに正しく採用しましょう。

人手不足

今、団塊世代の退職や少子高齢化による労働人口の減少などにより、多くの企業が人手不足に悩んでいます。 そんな中、人手不足を解決する有効な手段として、外国人を採用する企業が増えてきました。 そして、外国人の中でも隣の国であり距離が近く文化も似ている、中国の方を採用する企業が急増しています。 しかし、中国人を採用する際に、気を付けておくべきことがいくつかあります。 中国人を採用する際に、中国人特有の性質について留意しておかなかった結果、採用したけれどうまく意思疎通ができず辞めてしまったということがあるかもしれません。 ここでは、中国人を採用する際に、知っておくべき注意点について詳しくお話ししたいと思います。

外国人を採用する企業が増えていると聞きます。その理由はなんでしょうか?また、外国人を採用するにあたってのメリットについても解説しています。

人手不足

サービス業や飲食業などは人手不足が深刻です。スーパーマーケットなどの小売業界でも求人をいくら出しても人手が集まらず人手不足の状況が続いています。 どの小売事業者も深刻な人手不足に頭を悩ませていると思いますが、この状況を打開する有効な対策はあるのでしょうか? ここでは、小売業の人手不足の理由や人手不足による倒産も起きているという現状、そして、人手不足を解消する対策はあるのかについて、詳しくご紹介したいと思います。

人手不足

売上高が高くても倒産する企業はあります。理由は「人手不足」です。社内の業務が回らなくなり、倒産を余儀なくされてしまうのです。読者のなかには、人手不足でお困りの採用担当者もいるかと思います。 そこで今回は、人手不足の対策を中心に見てみましょう。企業の事例も載せてありますのでお楽しみに!

人手不足

昨今、中小企業で「外国人」を採用する動きが活発なのをご存知でしょうか。そこには何かしらの理由があるはずです。そこで中小企業が外国人採用を進めているメリットなどの理由について解説します。

人手不足

近年、インバウンド効果も相まって、日本国内での外国人労働者の需要が増えているようです。今後、外国人を採用したいという企業はますます増加するのではないでしょうか。せっかく時間と労力をかけて外国人を採用しても、すぐに離職されてしまったり、法律に抵触するようなトラブルになってしまっては元も子もありません。 今回は外国人の採用面接で確認すべきポイントと注意点をまとめてみました。

2017年の平均有効求人倍率は1.50倍にまで上がり、バブル期を超えて高度成長期末期以来の高水準を記録しています。求人が増加したことで、売り手有利の採用市場となり、多くの企業では深刻な人手不足に陥っているケースも少なくありません。 人材を確保できずに、人手不足による倒産も年々増加しています。今回は、企業が人手不足になる原因や今後の見通しと対策、有効な解決策について探っていきましょう。

人手不足

外国人の採用は、企業(とくに、海外進出を視野に入れる中小企業やベンチャー企業)にとってメリットが多いです。しかし、いきなり外国人採用といっても、ノウハウの無いところも少なくありません。そこで、企業が外国人を採用するための方法について解説します。

外国人の採用は、企業にとってさまざまなメリットがあります。しかし、採用する際には「届出」が必要であり、これを怠れば余計なトラブルを招きます。そこで、外国人を採用する際に必要な届出について解説します。

外国人を雇用する際には、就労ビザの有無を確認する必要があります。 しかし、国によって要不要が変わったり、どのように確認したら良いかわからなかったりと、手続きが煩雑で難しいと感じる人も多いのではないでしょうか? ここでは、中国人を雇用する際の就労ビザの有無や確認の仕方についてお話ししたいと思います。中国人を雇用する予定がある方や、現在中国人を雇用していて就労ビザについてよく知らないという方は、ぜひ参考にしてみてください。