Latest Posts新着記事

近年うなぎ登りに増加している中国人観光客。その背景には、ビザ発給の緩和や円安、日本製品への強い信頼などがあるといわれています。今後も中国人観光客の訪日は増え続けると考えられていますが、日本ではどのような対策を講じる必要があるのでしょうか。

人手不足の対策をすべく、外国人採用を行う企業が増えています。社員が離職をしてしまい、新しい従業員を採用することも困難な企業にとって、日本国内だけで人財を確保することは容易ではありません。 外国人採用をすれば、人財の問題は解決の方向に導かれるでしょう。しかし問題は、採用時における手続きです。 人財の採用時には法に関連した様々な手続きが必要となり、特に外国人雇用となると日本人以上に気を付けなければならない項目があります。 また、必要書類は採用する状況によって異なるため注意が必要です。以下では、外国人採用のための必要書類についてご紹介します。

外国人観光客増加は、東京オリンピックが開催される2020年がピークといわれています。英語や中国語、韓国語に限らず、多種多様な言語への対応が必要とされているなか、日本の観光地では思うように多言語化が進まず苦慮しているといいます。 コミュニケーションや看板などの言語問題をクリアして観光客の方々に存分に楽しんでもらうには、どのような方法があるのでしょうか。

日本人の労働人口低下に伴い注目されている外国人労働者。しかし、外国人労働者を雇い入れるためにはさまざまなルールがあります。外国人が日本国内で収入を得るためには、正しい在留資格を得て正しい就労ビザを取得している必要があります。 これらに代表される日本滞在のルールを破ると、その外国人だけでなく雇用主側も3年以下の懲役または300万円以下の罰金を科せられることになります。 外国人を雇用するにあたり、正しい知識を付けて不法就労を助長しないようにするにはどうすればいいのか見ていきましょう。

グローバル化が進展するにつれて、外国人の研修生を受け入れる企業が増えてきています。対して、企業が外国人を受け入れて育成をするにあたり、心配になるのが教育のためのコストです。 そのような事情をサポートするために、外国人の人財を迎える企業に対して、国から補助金や助成金を支給する制度があります。 研修生を受け入れたい場合、どのような資金的な援助が受給できるのか、補助金・助成金の種類を知っておいた方が良いでしょう。具体的な制度から、申請時の注意点までを解説します。

日本企業において中国人財が活躍する時代となりました。企業における生産性の向上や、事業成長のためにも必要とされています。しかし、一方で、中国人と一緒に仕事をする上で問題も生じています。 それは、職場におけるストレスです。中国人特有の仕事に対する考え方や価値観、行動が日本人にとっては不慣れなところもあり、従業員のストレスが蔓延している職場も少なくありません。 なぜストレスは生まれてしまうのか、どうすれば中国人の労働者と上手く仕事ができるのかを解説していきます。

人手不足

2020年のオリンピック開催が目前となってきました。外国人観光客が増加している近年では、景気回復に向けて日本国内で多くの施策が行われています。 同時に、オリンピック終了後の景気維持などについては、心配される声があがっています。そんな中、実際2020年以降の外国人観光客の見込みどうなっているのでしょうか? 具体的な数値もあわせて見ていきましょう。

日本企業で仕事をする中国人をはじめ、今日本で働く外国人が増えてきています。勤勉に仕事をする外国人の労働者は、人手不足に陥っている会社にとって、救世主となる存在です。 しかし、外国人を雇用したくても、法律における手続きや注意点などがわかりづらく、一歩踏みとどまっている企業も少なくありません。 正社員だけではなく派遣社員として外国人を雇用する際、ビザの取得方法・注意点はあるのでしょうか。具体的な手続きを解説します。現実的に雇用を検討するためにも、外国人の人財におけるメリットも紹介します。

近年、外国人旅行者数が拡大していることが、世間的にも話題になっています。外国人旅行者をターゲットにビジネスを展開して、成果を出している企業も少なくありません。 その他の企業も追随し、あらゆる業界で、「インバウンド対策をすべきだ」といわれています。実際には「どのような事業を展開すればよいのか」「成功事例にはどんな共通点があるのか」も知っておくとよいでしょう。 インバウンド対策の事例を紹介しながら、雇用対策について解説します。

人手不足

訪日外国人の中でも、圧倒的な数を占めるのが中国人観光客です。日本では飲食店や家電量販店、ドラッグストアを訪れて、積極的な消費活動を行います。 現在、事業や店舗を展開していて、中国人観光客が多く訪れるところもあるでしょう。接客サービスや対面でのビジネスを行っている場合、来店客数が増えすぎると、対応しきれないケースが生じます。 訪日する中国人観光客が多い時期を知っていれば、あらかじめ人員を雇って、事前に対策することは可能です。人手不足を防ぐための解決策をご紹介します。

近年、日本のドラッグストアでよく見かける中国人客。店内では日本人客よりも比率が多い光景を度々見かけることがあるのではないでしょうか。 中国人客のドラッグストアでの買い物は、買い物かごいっぱいに商品を入れるほど、いくつもの袋を抱えていたりするのが特徴です。 なぜ、そのような姿をよく見かけるのでしょうか。その理由について解説します。

中国人観光客向けに事業・店舗を構えている場合、気がかりになるのは中国人観光客数の動向です。観光スポットや繁華街に足を運んでみると、以前に比べて中国人観光客が減ったような印象を受けます。 実際に、日本を訪れる中国人観光客は減少してきています。一体、どんな理由があるのでしょうか。訪日中国人観光客を増やすための方法についても探っていきます。 また、集客を成功させて売上を伸ばすためには、どうすればよいのでしょうか。参考にすべき最新観光トレンドについてもご紹介します。

日本を訪れる外国人観光客の多くが、旅行先として大阪を選んでいます。訪日外国人全体の旅行先は東京が最も多いものの、中国・韓国・台湾・香港からの観光客に限ると、大阪がトップとなっています。では、なぜ大阪は人気を集めているのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

日本を訪れる中国人観光客が増えています。有名な景勝地はもとより、日本人が観光地とは考えていないような意外な場所でも、多くの中国人観光客を見かけます。中国人観光客に特に人気のスポットとは、どのような場所なのでしょうか? 中国人観光客の人気スポットを見ていきましょう。

観光地や飲食街で中国人観光客を目にする機会が増えています。実際に、訪日外国人数のうち最も多いのは中国人です。ビザの緩和などで個人旅行の需要も高まり、日本を訪れる中国人観光客は年々増え続けています。 では、中国人観光客の方々から日本はどのように見えているのでしょうか。中国人観光客から見た日本の印象と問題点を見ていきましょう。

日本企業で仕事をする中国人の労働者が増えています。現在の日本では人材不足を解決するために欠かせない存在です。 しかし、中国人と一緒に働くことに慣れていない日本人にとって、彼らの仕事観を理解することは決して簡単なことではありません。 中国人とうまく働くことができず、職場でのトラブルが生じてしまいます。今後、中国人労働者に活躍してもらうためにも、中国人の仕事観を知っておく必要があるでしょう。仕事観に基づいた対策も踏まえてご紹介します。

人手不足

現代の日本企業において、国内のマーケットだけではなく、海外市場への進出や外国人をターゲットにしたビジネス展開は欠かせないものとなりました。 そこで必要とされるのがグローバル人材です。グローバルに活躍する人材を雇用することは、これからの企業活動において、重要な戦略のひとつとなるでしょう。 今後、外国人を採用したり育成したりする際、グローバル人材について理解を深めておく必要があります。そこで今回は、グローバル人材の定義について詳しく解説します。

近年、各地のコンビニや飲食店で多くの外国籍の方が働いているのをみかけるようになりました。 外国人労働者にとって、コンビニや飲食店で働くことには、様々なメリットがあります。 ここでは、これらの職種の中でも特に人気があるコンビニで、どれくらいの外国人労働者が働いているのか?なぜ働き先としてコンビニが人気なのかをご紹介していきます。また、あわせてどのような資格があれば外国籍の方がコンビニで働けるのかをまとめました。

人手不足

中国にもゴールデンウィークと言われる連休は存在します。日本と同じように中国人はみな連休を心待ちにし、行楽や旅行を楽しんでいるようです。 特に、この時期に海外旅行をする中国人は非常に多く、近隣国である日本にもたくさんの観光客が訪れます。さまざまな業界が活気づく時期といえます。 しかし一方で、日本で働いている中国人が、この時期に帰省してしまうケースがあります。中国人スタッフにシフトを依存している店などは、シフトが埋められず経営が回らないといったリスクもあるのです。 なぜそのような事が起こるのでしょうか。 中国におけるゴールデンウィークについて、詳しく掘り下げてみました。

近年、日本企業では中国人労働者による活躍が増えています。彼らは中国人の訪日観光客が増えている日本において、貴重な人材だといえます。なぜなら、通訳や接客において即戦力となるからです。 しかし、中国人の労働者を雇用したいからといって簡単にできるわけではありません。職業・企業によって、人気の差があるからです。 求めている中国人の人材を採用するために、人気の仕事を理解しておく必要があります。今回は中国人にとって憧れの職業ランキングを紹介します。

少子高齢化社会と近年のグローバル化により、高度な技術や専門的なスキルのある外国人労働者の正社員雇用を積極的に実施する会社が増えています。 しかし、日本国籍を有しない外国人の雇用には、確認事項がいくつかあります。外国人マンパワーを法に適して雇用するにはどのような注意が必要となるのでしょうか?

コンビニやスーパーなど、身近なところで外国人のアルバイトを見かける機会が多くなりました。実際に外国人と働いた経験を持つ人は6割に及びます。 外国人労働者が日本で働く目的のひとつには、日本語の習得があり、日本語が話せない状態で就労するケースも珍しくありません。そんなとき、ともに働く私たちはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

日本で働く労働者は、みな、「労働法」によって同等の権利が約束されていて、外国人労働者であっても同じです。賃金については、彼らの国のレートに合わせた賃金で雇用できるわけではありません。 定められた最低賃金、または、特定最低賃金よりも低い賃金で労働させると違法となり、罰金刑も科される可能性もあるため注意が必要です。外国人労働者の雇用を検討するうえで、知っておくべきポイントをご紹介します。

人材不足を解決するため、または海外進出を図るために、外国人労働者を採用する企業が増えています。 外国人を雇用する際、メリットもある一方で問題も生じます。その第一関門が、面接です。特に外国人採用にに慣れていない採用担当者にとって、何に注意を払って面接すれば良いのか、不安に思うことが多いのではないでしょうか。 面接で失敗すれば、採用後にトラブルを招いてしまう可能性もあります。円滑に面接を行うためにはどうすれば良いのでしょうか。3つの注意点をまとめてみました。

昨今、日本では労働力となる働き盛りの若者世代を中心に、人材不足という問題に直面しています。企業や経営者は、人員を確保したくても出来ない状態が続いているといえます。 有効求人倍率は1.6倍程度で推移しており、いかに仕事に対して人材が不足しているかが物語られています。人材不足は一過性のものではなく、慢性的な社会問題として横たわっています。その理由と、特に深刻な人材不足に悩まされている業種を見ていきましょう。また、人材不足解消の手立てはないのでしょうか?

厚生労働省の一般職業紹介状況によると、近年の我が国の有効求人倍率は1.6倍を超えています。2018年の有効求人倍率は9月が1.64倍、10月は1.62倍、11月は1.63倍という数字が出ています。つまり、それだけ「人材が不足している」ということになります。 政府は人手不足の問題に対し「働き方改革」を掲げて取り組みを始めています。企業としても、人手不足に陥るとさまざまな弊害が生じることから、改善に向けた努力が必要となるでしょう。どのような取り組みが可能で、有効なのでしょうか。

人手不足

日本の人口減少が進むなか、企業の人手不足の深刻化は避けられません。このような状況で、企業はどのようにして人材を確保していけばよいのでしょうか。 人材確保のポイントは、「待遇の見直し」と「多様性のある人材確保」にあります。 当たり前のことですが、労働者が職場環境に満足し、離職率を抑えることで、人材は確保できるのです。 人材不足の根本的な原因と、企業ができる対応策についてまとめました。

人手不足

生産年齢人口の減少により、多くの中小企業が人手不足の問題に直面しています。人手不足の背景には、少子高齢化による人口不足のほか、事業主が提供する労働条件が労働者にとってあわないことなどがあります。 人手不足の慢性化は、生産性・効率性を低下させるだけでなく、会社倒産の危機にまで追い込まれてしまう可能性があるのです。 求職者が就業先企業へ求める傾向を把握し、適切な対策をとることによって人材不足の解消を図ることは、事業主にとって「生き残り」のための必須事項となります。 では、どのような対策を取ることができるのでしょうか。

人手不足

景気を回復させるためには、人手不足の解消が必要です。しかし、現在では少子高齢化の影響で、慢性的な人手不足が広がっています。 最近では、人手不足が原因で倒産してしまう中小企業も増えているとのこと。人手不足が深刻化している原因と、解消するためにはどのような方法があるのかをまとめました。

人手不足

近年、急増している中国人観光客。大量に買い物をすることを「爆買い」と呼んでいます。日本で爆買いする中国人の姿をテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。 特に、中国人が大量に購入しているものは化粧品や薬などです。これらの商品は日本だけではなく、自国でも売っている化粧品や薬です。 それなのになぜ、日本に来て大量に購入する必要があるのでしょうか。それには中国の病院・金銭事情について考える必要があるようです。