Latest Posts新着記事

多くの在留外国人が目指す、憧れのビザのひとつに「永住権」があります。永住権を得ると、他の在留資格とは一線を画す魅力的な待遇が多く受けられます。 しかし、取得の要件や手続きは非常に厳しく、煩雑です。外国人のビザ取得を支援する日本人でも、理解が難しい点が多々あります。 ここでは、永住権を取得したい外国人や、外国人を支援する日本人に向けて、永住権の取得に関わるメリットや要件、ビザ申請の流れを詳しく解説します。

国によって、労働についての考え方や価値観は大きく違います。中には働き方の制度そのものが異なる場合もあります。 外国人労働者の労働に関する調査をしてみると、日本で働く外国人労働者が、日本企業の待遇や環境に満足していない現状が浮彫になりました。 ここでは、外国人労働者の雇用や定着を図りたい企業担当者の方に向けて、外国人が離職する主な理由や、長く働いてもらうために重要なポイントについて解説します。

日本では現在、企業に対して働き方改革が推進されています。その中でとくに問題視されているのが、長時間労働です。時間外労働への規制が、罰則付きで厳しくなっています。 ここ数年、日本では外国人を雇用する企業は増加しています。今後、海外から人材を採用したい企業は、外国人労働者の労働時間について、詳しく理解しておく必要があるでしょう。 ここでは、外国人労働者に関する、労働時間における規則について見ていきます。また、規則やルールを守れなかったときの罰則についても、詳しくご紹介をします。

日本では近年、深刻な人材不足を解消するために、外国人労働者を雇用する企業が増えています。また、この背景には日本政府が推進している「外国人労働者の受け入れ拡大」も関係しています。 現在、外国人の採用を検討されている企業様の人事担当者の人も多くいるでしょう。ここで注意しなければならないのは、外国人雇用を行う前に必要となる準備や手続きです。 知らずにいると、入社後に大きなトラブルへと発展してしまうおそれがあります。ここでは、外国人を雇用するために必要な準備や手続きについてご説明します。

日本で働きたいと思う外国人は、増加傾向にあります。その中でも特にアジア圏の人材から、日本企業は人気を集めています。母国ではなく日本で仕事をする理由として、高い収入を目的とする外国人もいます。 ここでは、実際にどのくらいの年収を外国人労働者は得ているのかを見ていきましょう。 職業や企業よって条件は異なりますが、どの職種であれば年収が高くなるのか、外国人技能実習生はどのくらいの年収になるのかご紹介していきます。

日本でも年々、外国人労働者が増えてきています。なかでも、IT企業においては、海外の外国人エンジニアやプログラマー、コンサルタントが日本でも活躍をしています。 外国人労働者の雇用を考えている企業においては、外国人の労働法や賃金法が気になるところではないでしょうか。 企業の人事・採用担当者の方は、外国人労働者を雇用する際に不正雇用とならないように、外国人の労働法や賃金法においてあらかじめ理解をしておく必要があります。 外国人労働者の雇用後、社内で行き届いたサポートを行うためにも知っておくべき情報をご紹介します。

技能実習生の日本滞在期間は最長5年。すでに技能実習生を雇用している企業の中には「育成した外国人労働者を特定技能に移行させて、自社でさらに長く働き続けて欲しい」と考えている担当者も多いのではないでしょうか。 ここでは、技能実習から特定技能への移行で必要な要件や手続き、一定の要件を備えた場合に適用される特例措置などについて解説します。

深刻な人材不足が予想されている、14の業種。その14の業種で就労が認められるのが特定技能在留資格です。本制度の施行にあたっては、受け入れ機関に対して、外国人労働者に対する行き届いたサポートを行うことが求められています。 外国人が入国後に受ける「生活オリエンテーション」も義務化されているサポートの1つです。 ここでは、特定技能制度における生活オリエンテーションの詳しい内容や、業務委託の方法について解説します。

雇い入れた外国人労働者が初めて日本で働く場合、自身の銀行口座を持っていないことは珍しくありません。銀行口座がないと、会社から給料の振り込みができません。 ここでは、企業の人事や労務担当者に「外国人労働者の銀行口座開設の手続きや基礎知識について」「おすすめの銀行」「困ったときの相談窓口」などを紹介します。

年末調整とは、会社が会社員本人に代わって、所得税の過不足調整手続きを代行するものです。年末調整は、お金に関わる手続きであるため処理を行なう上でミスは許されません。 しかし、外国人労働者を初めて雇う企業の人事担当者のなかには「年末調整の手続きがよくわからない」と悩む人もいるのではないでしょうか。 ここでは、外国人労働者の年末調整について、人事担当者が押さえておきたい基礎的な知識を紹介します。扶養控除や年末調整に関わるイレギュラーな対応に関しても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

日本で暮らす外国人が、帰国を行うパターンは主に2つあります。「本帰国」と「一時帰国」です。本帰国の場合は、一時帰国と違って退職が伴います。 そのため、外国人労働者を雇い入れている企業の担当者は、帰国と合わせた退職の手続きについても理解しておくことが必要になります。 ここでは、退職を伴う「本帰国」の場合と、里帰りなどの際の「一時帰国」の場合の手続きを解説します。

技能実習制度を、初めて利用する企業の多くが抱える問題として「団体監理型を使おうと思うが、監理団体の選択をどうするか」という点が挙げられるのではないでしょうか。 団体監理型とは、技能実習生受け入れ方式の一つです。 ここでは、団体監理型の基礎知識と優良な監理団体の選び方について解説します。監理団体選びにぜひ役立ててください。

ワーキングホリデー制度を利用して、多くの若い外国人が来日しています。ワーキングホリデーは就労を目的としたビザではありませんが、日本での滞在費を稼ぐため、アルバイトやパート社員として働く人も少なくありません。 ここでは「ワーキングホリデーで来日している外国人を採用したい」と考えている企業の担当者に向けて、採用前に知っておきたい知識や注意点について紹介します。

近年の相次ぐ外国人労働者受け入れ政策の展開によって、多くの日本企業が外国人の雇い入れを検討しています。 外国のなかでも大きな比重を占めるのが、お隣の経済大国・中国の人々です。今や日本よりもビジネスが盛んな中国では、鋭いビジネス感覚を持っている人が大勢います。 優秀な中国人を雇い入れたい場合、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。 ここでは、中国人労働者を雇用するにあたり、大きな壁となる「コミュニケーションの問題」について紹介します。

近年、日本の経済界から、外国人労働者に大きな期待が寄せられています。なぜなら、ネームバリューがある大きな一部の有名大企業を除いて、大多数の中小企業は優秀な人材確保が困難になっているからです。 しかし、外国人労働者を雇うには言語や文化の壁など、不安要素があることも確かです。 それにも関わらず、なぜ多くの日本企業が外国人労働者の雇用に積極的な姿勢を示すようになったのでしょうか? 今回は、多くの企業が外国人労働者を採用したがる理由を解説します。

日本の労働の中核を担う層は年々減っており、国内では労働人口の不足が表面化するようになりました。こうした中、注目されるようになったのが外国人労働者の受け入れです。 実際に労働力の確保のため、外国人の採用を考えている企業もあるでしょう。それでは、外国人を雇用したいと思ったとき、どのような手段が考えられるのでしょうか。面接や採用のコツも合わせて紹介していきます。

ダイバーシティとは、直訳すると多様性と表される英単語です。近年、日本でもダイバーシティという言葉が飛び交うようになりましたが、外国人採用においてどのような関連があるのでしょうか。

2005年には約673万人だった日本を訪れる外国人観光客の数は、年々増加の一途をたどり、2018年には約3,120万人にまで拡大しました。(日本政府観光局:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf)わずか13年間の内に、4.5倍以上も日本を訪れる海外からの観光客は増加したのです。 これは、日本に限らず世界的に国際観光市場が拡大していることが背景にあります。さらに今後は、アジアからの観光客が増える見込みがあることから、同じ地域内にある日本の観光需要はさらに拡大。外国人観光客はますます増えると考えられているのです。 それでは日本を訪れる外国人増加によってどのような影響があり、各企業にはどのような課題が生まれるのでしょうか。

外国人労働者を受け入れるためには、さまざまな規律を守る必要があります。法律で受講が義務付けられている養成講習は、監理団体や労働者受け入れ機関が規律の知識を学ぶためのものです。 技能実習生の受け入れに関わる担当者や責任者は、講習のルールや仕組みについて知っておく必要があります。 今回は、養成講習を受けなければならない対象者や、それぞれの講習内容と受講する際に注意したいポイントについて解説します。

コンビニやスーパー、ファーストフード店などの身近なスポットから、食品や機械、自動車工場などの製造現場まで、現在、日本社会のあらゆるところに外国人労働者の姿が見受けられます。 そこで今回は、外国人の雇用を検討している方へ向け、外国人の日本での就労の現状から外国人が日本で働きたいと考える理由、外国人を雇用する方法までを解説していきます。ぜひ今後の参考にしてください。

人手不足

人手不足などの影響から外国人を雇用しようと検討している企業も多いでしょう。しかし、外国人を雇うとなると、法律上の問題をクリアし、手続きなどを適切に済ませなければなりません。なるべく簡単に外国人を雇う方法がないかどうか模索している人事担当者もいるでしょう。 その中で外国人特区という言葉を耳にすることはないでしょうか。外国人を雇用するなら外国人特区に関してぜひ知っておきたいところです。では、外国人特区とはどのようなものなのでしょうか。

人手不足で外国人労働者を雇用したいと考える企業が増えています。日本人の雇用と異なり様々な規制や知っておくべき条件があります。その一つに特定活動の指定書があります。特定活動の指定書とは何か、また外国人が就労できる方法について解説いたします。

外国人を就労させるにあたって就労ビザの取得が必要だということは多くの方がご存知かと思います。しかし持っているビザが「家族滞在ビザ」であっても就労は可能なのでしょうか?家族滞在ビザの概要と就労可否、就労ビザへの変更方法について詳しく解説いたします。

外国人を雇い入れる事を検討している方が知っておきたいのが「特定技能ビザ」です。2019年4月からスタートした新しい在留資格ですので、まだ詳しくご存じない方も多いことでしょう。人手不足が深刻化している業種に新たに解禁になった特定技能ビザについて詳しく解説いたします。

求人募集をかけても応募がない…入社しても長く続かない…といった悩みなどから、労働者不足に悩む企業も多いかと思います。そんな中注目されているのが外国人労働者の雇用です。 日本人を雇用する際と異なる点も多く、クリアすべき条件があります。外国人が日本で就労するための条件や具体的な方法について解説します。

外国人労働者の採用トラブルで多いのが、認識の違いや日本の常識が通じないことですが、それらの原因は採用した人物個人の問題ではありません。 採用した外国人労働者の人間性ではなく、国の違いから生まれる文化の違いであることが多いです。 ここでは、外国人労働者を採用するうえで考慮すべき『文化の違い』について解説します。

外国人労働者の雇用を検討する際に大きな壁となるのが、言語問題への不安です。 たとえば製造業やサービス業は人手不足で外国人労働者を必要としていますが、一方で「製造ミスにつながったら」「クレームに発展したら」などの不安が生まれます。 実際に外国人労働者を雇い入れている企業は、どのような対処を行っているのか、政府による対策とともにご紹介します。

今年から外国人労働者の受け入れ政策が開始されました。多くの外国人が日本で働くために来日してきます。日本企業でも、外国人労働者を雇おうと検討しているところが多いです。 外国人労働者を雇うことで、職場環境なども変わってくるでしょう。企業の人事担当者には、制度の内容をよく理解した上での対応が求められます。では外国人労働者受け入れ政策の具体的な内容や、雇用主がすべきことについて見ていきましょう。

近年、外国人労働者は増加の一途をたどっています。中でも多いのが中国人労働者です。新たな戦力として中国人労働者を雇い入れたいと考えている企業が増えてきています。 日本で働く場合は外国人も、社会保険に加入する必要があります。健康保険は加入者にとってメリットの大きい制度なので、日本人自らが理解を示し、中国人労働者にも積極的に利点を伝えておくとよいでしょう。 ここでは、中国人労働者の方の保険加入にあたって、必要な知識や手続きについてご紹介します。

中国人と日本人とでは、転職に対する考え方が異なります。中国人にとって、転職はキャリアアップのひとつの手段という考え方です。そのため、働くためのメリットを明確に示せない企業には、中国人は簡単に集まりません。 また、採用の基準を間違うと、トラブルを招いてしまうこともあります。中国人の特徴をよく理解し、適切な人材を確保するために、中国人の転職意識について見ていきましょう。