Latest Posts新着記事

日本企業においてその大半を占める中小企業。これから中小企業が事業を拡大するためには、目の前にある経営課題を解決しなければなりません。短期的な視点で課題と向き合うだけではなく、中長期的にも課題に取り組む必要があるでしょう。 ここでは、中小企業がどのような経営課題を抱えているのか見ていきます。各企業が抱えている課題は異なりますが、共通点もあります。解決するための方法についても見ていきましょう。

人手不足

日本では、サービス業における労働生産性が低いと指摘されています。労働生産性とは、「労働者1人あたり」もしくは「1時間あたり」に得られる成果について、数値化したものを指します。 労働生産性の向上は、企業が効率良く利益を生み出すために重要な要素です。労働生産性の向上により、利益アップや人件費の削減などのメリットが得られます。 ここでは、サービス業で労働生産性が低い原因や、労働生産性を向上させるためにできる対策方法について紹介します。

人手不足

近年、多くの企業では人手不足という深刻な問題を抱えています。従業員が残業をすることで乗り越えようとしても、残業規制という壁が立ちはだかります。 また、日々の残業が続くことで、社員からの不満が蓄積していくことも考えられます。そうなると、根本的な解決にはいたりません。これから事業を拡大することを考えたときには、向き合わなければならない重要な問題です。 ここでは、「なぜ人手不足が起きてしまうのか」といった原因について考察しながら、人員を確保するための方法を説明します。

人手不足

外国人観光客の増加やサービスの多様化に伴い、販売の仕事に必要なスキルは、よりハイレベルなものを要求される場面が増えています。 ここでは、販売に必要なスキルとはどのようなものなのか、どのようにしてブラッシュアップを図るのか、という点について見ていきます。 さらに、今後予想される販売で求められるスキルの多様化に対応する方法についても紹介していきます。

人手不足

働き方改革の一環として、日本企業全体で労働時間の是正に向けて動き始めている昨今、長時間労働への対策は急務とされています。 しかし、最低賃金引き上げによる人件費高騰などの理由で、人材の新規確保が難しい場合もあるのではないでしょうか。特に中小・零細企業などでは、人件費による負担が大きくなってしまう不安もあります。 ここでは、長時間労働に陥ってしまう原因や、長時間労働が招くリスクについて解説しながら、是正のためにできる「対策案」を紹介していきます。

人手不足

サービス業にはホスピタリティを学べるなど、他の業種にはない魅力があります。「お客様の求めるものを満たす」という役割は、どのサービス業にとっても同じ大切なことです。 ここでは、サービス業の魅力や身につくスキルに加えて、サービス業のこれからについてもご紹介します。

人手不足

日本経済をけん引する産業としても、注目を集めているのがサービス業です。 医療や介護、教育、観光など幅広い分野が該当する業種ですが、これから需要は拡大していくのでしょうか。ここでは、その将来性について解説します。 またサービス業界の抱える課題のひとつが、深刻な人材不足です。この問題を解決するための方法についても一緒に見ていきましょう。

人手不足

企業が「事業を拡大したい」「新しいことに挑戦したい」と思いながら、実現するまでに時間がかかる理由のひとつに、人手不足が挙げられます。 とくに、建設や医療・介護、外食、情報サービスなど、慢性的にマンパワーが不足している業界もあります。 「人が足りない会社」の「原因と解決方法」「対策」についてお伝えします。

人手不足

日本企業では、近年人手不足が深刻化しています。原因のひとつとして、少子高齢化による労働人口の減少にスポットが当てられていますが、他の要因による人手不足にも対策を講じる必要があります。 ここでは、人手不足の原因や、特に人手不足が深刻な業種を含め、人手不足解消への具体的な対策方法について紹介します。

人手不足

日本企業では、少子高齢化による人口減少に伴い、人材不足が深刻な問題となっています。しかし、人材不足に陥る原因は人口問題であると断言できない場合もあります。なぜなら、人口問題以外の人材不足の要因のひとつには低賃金雇用が挙げられるからです。 人材不足を解消するには低賃金雇用が蔓延している現状にも、目を向ける必要があるでしょう。ここでは、低賃金雇用が招く人材不足の現状やリスク、人材不足解消に繋がる生産性を向上させる方法について紹介します。

人手不足

少子高齢化による日本の総人口減少に伴い、販売・サービス業界では、人手不足解消のために「外国人雇用」を取り入れる企業が増えています。 ここでは、外国人労働者が増えている背景や、外国人雇用で「人手不足などの課題」を解決するための方法についてご紹介します。さらに、外国人雇用に際しての「働ける条件」や「手続きの方法」まで詳しくみていきます。

人手不足

少子高齢化社会となり、企業での人材確保が難しい近年、とくに「サービス業界」では、深刻な人手不足が問題視されています。 人手不足解消のためには、サービス業界の離職率が高くなっている原因を探る必要があります。 ここでは、サービス業界の離職率が高い理由や、離職を防ぐためにできる対策についてお伝えします。

人手不足

コンビニやスーパー、ファーストフード店などの身近なスポットから、食品や機械、自動車工場などの製造現場まで、現在、日本社会のあらゆるところに外国人労働者の姿が見受けられます。 そこで今回は、外国人の雇用を検討している方へ向け、外国人の日本での就労の現状から外国人が日本で働きたいと考える理由、外国人を雇用する方法までを解説していきます。ぜひ今後の参考にしてください。

人手不足

日本企業において中国人財が活躍する時代となりました。企業における生産性の向上や、事業成長のためにも必要とされています。しかし、一方で、中国人と一緒に仕事をする上で問題も生じています。 それは、職場におけるストレスです。中国人特有の仕事に対する考え方や価値観、行動が日本人にとっては不慣れなところもあり、従業員のストレスが蔓延している職場も少なくありません。 なぜストレスは生まれてしまうのか、どうすれば中国人の労働者と上手く仕事ができるのかを解説していきます。

人手不足

近年、外国人旅行者数が拡大していることが、世間的にも話題になっています。外国人旅行者をターゲットにビジネスを展開して、成果を出している企業も少なくありません。 その他の企業も追随し、あらゆる業界で、「インバウンド対策をすべきだ」といわれています。実際には「どのような事業を展開すればよいのか」「成功事例にはどんな共通点があるのか」も知っておくとよいでしょう。 インバウンド対策の事例を紹介しながら、雇用対策について解説します。

人手不足

日本企業で仕事をする中国人の労働者が増えています。現在の日本では人材不足を解決するために欠かせない存在です。 しかし、中国人と一緒に働くことに慣れていない日本人にとって、彼らの仕事観を理解することは決して簡単なことではありません。 中国人とうまく働くことができず、職場でのトラブルが生じてしまいます。今後、中国人労働者に活躍してもらうためにも、中国人の仕事観を知っておく必要があるでしょう。仕事観に基づいた対策も踏まえてご紹介します。

人手不足

近年、各地のコンビニや飲食店で多くの外国籍の方が働いているのをみかけるようになりました。 外国人労働者にとって、コンビニや飲食店で働くことには、様々なメリットがあります。 ここでは、これらの職種の中でも特に人気があるコンビニで、どれくらいの外国人労働者が働いているのか?なぜ働き先としてコンビニが人気なのかをご紹介していきます。また、あわせてどのような資格があれば外国籍の方がコンビニで働けるのかをまとめました。

人手不足

厚生労働省の一般職業紹介状況によると、近年の我が国の有効求人倍率は1.6倍を超えています。2018年の有効求人倍率は9月が1.64倍、10月は1.62倍、11月は1.63倍という数字が出ています。つまり、それだけ「人材が不足している」ということになります。 政府は人手不足の問題に対し「働き方改革」を掲げて取り組みを始めています。企業としても、人手不足に陥るとさまざまな弊害が生じることから、改善に向けた努力が必要となるでしょう。どのような取り組みが可能で、有効なのでしょうか。

人手不足

日本の人口減少が進むなか、企業の人手不足の深刻化は避けられません。このような状況で、企業はどのようにして人材を確保していけばよいのでしょうか。 人材確保のポイントは、「待遇の見直し」と「多様性のある人材確保」にあります。 当たり前のことですが、労働者が職場環境に満足し、離職率を抑えることで、人材は確保できるのです。 人材不足の根本的な原因と、企業ができる対応策についてまとめました。

人手不足

生産年齢人口の減少により、多くの中小企業が人手不足の問題に直面しています。人手不足の背景には、少子高齢化による人口不足のほか、事業主が提供する労働条件が労働者にとってあわないことなどがあります。 人手不足の慢性化は、生産性・効率性を低下させるだけでなく、会社倒産の危機にまで追い込まれてしまう可能性があるのです。 求職者が就業先企業へ求める傾向を把握し、適切な対策をとることによって人材不足の解消を図ることは、事業主にとって「生き残り」のための必須事項となります。 では、どのような対策を取ることができるのでしょうか。

人手不足

景気を回復させるためには、人手不足の解消が必要です。しかし、現在では少子高齢化の影響で、慢性的な人手不足が広がっています。 最近では、人手不足が原因で倒産してしまう中小企業も増えているとのこと。人手不足が深刻化している原因と、解消するためにはどのような方法があるのかをまとめました。

人手不足

少子化問題を抱える日本では、国が「人手不足の解消を図ろう」と、対策に乗り出しました。 しかし、人手不足になる要因には、少子化からくる働き手世代の減少の他にも考えられることがあります。 一方で、企業側の人手不足解消の対策のひとつとして、外国人労働者の採用があります。外国人労働者を採用することで得られる企業のメリット、採用するにあたって注意すべき点を見ていきます。

人手不足

少子高齢化が深刻化する現代の日本社会にとって、企業が労働者を確保できるか否かは死活問題までに発展しています。そのため、人材不足を回避するために、日本企業での外国人労働者の雇用は年々増えてきています。 そんな中、中国人・外国人労働者の雇用には、「外国人雇用状況の届出」の提出が法律によって定められました。 手続きにかかる手間や、文化・習慣の違いから遠慮されがちな外国人労働者の雇用ですが、いくつかの助成金を受けるための対象にもなっています。 中国人のみならず外国人の積極的な雇用は、企業を支える人材へと繋がっていきます。今回は、外国人労働者を採用する際の届け出と助成金についてご紹介します。

人手不足

外国人を採用したり雇用したりする場合は、事前知識として外国人の仕事に対する考え方や、日本人との違いなどを知っておくことが必要です。 ここでは、外国から見た日本の仕事に対する考え方の特性や、外国人から学ぶビジネススキルなどについてお伝えします。

人手不足

交通機関の発達やインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化は急激に加速。世界のビジネスのボーダレス化も進んでいます。 少子高齢化が深刻な問題となっている日本においては、若い日本国籍の労働者の数は減少するばかり。若くて優秀な人材の確保が非常に困難な局面を迎えています。 そのような背景を踏まえ、日本は、会社の経営や業務を円滑にし、さらなる日本社会の発展を求めて、外国人労働者のマンパワーに頼らなければならない状況になっています。 外国人労働者を採用する際に注意しておくべきポイントや、雇用保険、外国人入社・退社時の手続き等をしっかり押さえて、優秀な即戦力となる外国人労働者を法律のもとに正しく採用しましょう。

人手不足

外国人を採用する企業が増えていると聞きます。その理由はなんでしょうか?また、外国人を採用するにあたってのメリットについても解説しています。

人手不足

サービス業や飲食業などは人手不足が深刻です。スーパーマーケットなどの小売業界でも求人をいくら出しても人手が集まらず人手不足の状況が続いています。 どの小売事業者も深刻な人手不足に頭を悩ませていると思いますが、この状況を打開する有効な対策はあるのでしょうか? ここでは、小売業の人手不足の理由や人手不足による倒産も起きているという現状、そして、人手不足を解消する対策はあるのかについて、詳しくご紹介したいと思います。

人手不足

売上高が高くても倒産する企業はあります。理由は「人手不足」です。社内の業務が回らなくなり、倒産を余儀なくされてしまうのです。読者のなかには、人手不足でお困りの採用担当者もいるかと思います。 そこで今回は、人手不足の対策を中心に見てみましょう。企業の事例も載せてありますのでお楽しみに!

人手不足

昨今、中小企業で「外国人」を採用する動きが活発なのをご存知でしょうか。そこには何かしらの理由があるはずです。そこで中小企業が外国人採用を進めているメリットなどの理由について解説します。

人手不足

2017年の平均有効求人倍率は1.50倍にまで上がり、バブル期を超えて高度成長期末期以来の高水準を記録しています。求人が増加したことで、売り手有利の採用市場となり、多くの企業では深刻な人手不足に陥っているケースも少なくありません。 人材を確保できずに、人手不足による倒産も年々増加しています。今回は、企業が人手不足になる原因や今後の見通しと対策、有効な解決策について探っていきましょう。

人手不足