Keyword"雇用"

昨今のグローバル化に対応するため、多くの企業が優秀な外国人人材の採用に積極的になっているようです。しかし、外国人を採用したものの職場になじめなかったり、すぐに離職してしまったりといった経験のある企業も多いのではないでしょうか? 外国人採用を成功させるには、受け入れる企業側の体制や環境を整えることも大きな要因のひとつです。どのようなポイントがあるかまとめてみました。

日本では少子高齢化に伴い、労働人口が減少しています。深刻な人手不足に悩む企業が増え、このまま何の対策もせずに国内で人手不足を解消することは、ほぼ不可能といえるでしょう。 一方で、日本における外国人労働者数はここ数年、増え続けています。 韓国や東南アジアからの外国人労働者も増えていますが、その中で多数を占めているのは、中国人です。優秀な中国人材を採用することで人手不足を解消したい、企業戦略の一環として活かせる人材に育てたい、と考える日本企業は大手を中心に増加傾向にあります。 中国人留学生側も、できるだけ将来性のある日本企業で働きたいと考えているのです。

少子高齢化や人口減少、サービスの多様化など、さまざまな要因で人手不足が深刻化しています。新規雇用を増やしても、育成に時間がかかるだけでなく、定着せず退職してしまうという懸念もあるのではないでしょうか。 ここでは、即戦力となりうる人材を確保するためにできる工夫や、人材を定着させるための職場環境づくりについて紹介しています。

サービス業は、お客様と直接やり取りをする職業のひとつであり、接客力の有無が売上を左右するといっても過言ではありません。では、「売上につながる接客」とはどのようなものでしょうか。 ここでは、サービス業に大切なこととして気を付けたいポイントをまとめています。その中でも「サービス業で基本となるマナー」「売上アップにつながる接客のポイント」「NGな接客」について紹介しています。また、サービス業の魅力や適している人材について、採用に役立つ情報もピックアップしています。

日本経済をけん引する産業としても、注目を集めているのがサービス業です。 医療や介護、教育、観光など幅広い分野が該当する業種ですが、これから需要は拡大していくのでしょうか。ここでは、その将来性について解説します。 またサービス業界の抱える課題のひとつが、深刻な人材不足です。この問題を解決するための方法についても一緒に見ていきましょう。

人手不足

日本企業では、少子高齢化による人口減少に伴い、人材不足が深刻な問題となっています。しかし、人材不足に陥る原因は人口問題であると断言できない場合もあります。なぜなら、人口問題以外の人材不足の要因のひとつには低賃金雇用が挙げられるからです。 人材不足を解消するには低賃金雇用が蔓延している現状にも、目を向ける必要があるでしょう。ここでは、低賃金雇用が招く人材不足の現状やリスク、人材不足解消に繋がる生産性を向上させる方法について紹介します。

人手不足

少子高齢化による日本の総人口減少に伴い、販売・サービス業界では、人手不足解消のために「外国人雇用」を取り入れる企業が増えています。 ここでは、外国人労働者が増えている背景や、外国人雇用で「人手不足などの課題」を解決するための方法についてご紹介します。さらに、外国人雇用に際しての「働ける条件」や「手続きの方法」まで詳しくみていきます。

人手不足

日本でも年々、外国人労働者が増えてきています。なかでも、IT企業においては、海外の外国人エンジニアやプログラマー、コンサルタントが日本でも活躍をしています。 外国人労働者の雇用を考えている企業においては、外国人の労働法や賃金法が気になるところではないでしょうか。 企業の人事・採用担当者の方は、外国人労働者を雇用する際に不正雇用とならないように、外国人の労働法や賃金法においてあらかじめ理解をしておく必要があります。 外国人労働者の雇用後、社内で行き届いたサポートを行うためにも知っておくべき情報をご紹介します。

日本の労働の中核を担う層は年々減っており、国内では労働人口の不足が表面化するようになりました。こうした中、注目されるようになったのが外国人労働者の受け入れです。 実際に労働力の確保のため、外国人の採用を考えている企業もあるでしょう。それでは、外国人を雇用したいと思ったとき、どのような手段が考えられるのでしょうか。面接や採用のコツも合わせて紹介していきます。

ダイバーシティとは、直訳すると多様性と表される英単語です。近年、日本でもダイバーシティという言葉が飛び交うようになりましたが、外国人採用においてどのような関連があるのでしょうか。

現代の日本企業において、国内のマーケットだけではなく、海外市場への進出や外国人をターゲットにしたビジネス展開は欠かせないものとなりました。 そこで必要とされるのがグローバル人材です。グローバルに活躍する人材を雇用することは、これからの企業活動において、重要な戦略のひとつとなるでしょう。 今後、外国人を採用したり育成したりする際、グローバル人材について理解を深めておく必要があります。そこで今回は、グローバル人材の定義について詳しく解説します。

近年、日本企業では中国人労働者による活躍が増えています。彼らは中国人の訪日観光客が増えている日本において、貴重な人材だといえます。なぜなら、通訳や接客において即戦力となるからです。 しかし、中国人の労働者を雇用したいからといって簡単にできるわけではありません。職業・企業によって、人気の差があるからです。 求めている中国人の人材を採用するために、人気の仕事を理解しておく必要があります。今回は中国人にとって憧れの職業ランキングを紹介します。

事業者が気になるポイントの一つが「コスト」です。得られるメリットに対して許容内のコストであるか、削減する余地はないのかと考慮することが結果として健全な経営につながります。では、昨今注目されている「外国人採用」に関するコストはどうなのかについて見ていきましょう。

近年、インバウンド効果も相まって、日本国内での外国人労働者の需要が増えているようです。今後、外国人を採用したいという企業はますます増加するのではないでしょうか。せっかく時間と労力をかけて外国人を採用しても、すぐに離職されてしまったり、法律に抵触するようなトラブルになってしまっては元も子もありません。 今回は外国人の採用面接で確認すべきポイントと注意点をまとめてみました。

外国人の採用は、企業(とくに、海外進出を視野に入れる中小企業やベンチャー企業)にとってメリットが多いです。しかし、いきなり外国人採用といっても、ノウハウの無いところも少なくありません。そこで、企業が外国人を採用するための方法について解説します。

外国人を雇用する際には、就労ビザの有無を確認する必要があります。 しかし、国によって要不要が変わったり、どのように確認したら良いかわからなかったりと、手続きが煩雑で難しいと感じる人も多いのではないでしょうか? ここでは、中国人を雇用する際の就労ビザの有無や確認の仕方についてお話ししたいと思います。中国人を雇用する予定がある方や、現在中国人を雇用していて就労ビザについてよく知らないという方は、ぜひ参考にしてみてください。