Keyword"賃金"

日本企業では、少子高齢化による人口減少に伴い、人材不足が深刻な問題となっています。しかし、人材不足に陥る原因は人口問題であると断言できない場合もあります。なぜなら、人口問題以外の人材不足の要因のひとつには低賃金雇用が挙げられるからです。 人材不足を解消するには低賃金雇用が蔓延している現状にも、目を向ける必要があるでしょう。ここでは、低賃金雇用が招く人材不足の現状やリスク、人材不足解消に繋がる生産性を向上させる方法について紹介します。

人手不足

少子高齢化社会となり、企業での人材確保が難しい近年、とくに「サービス業界」では、深刻な人手不足が問題視されています。 人手不足解消のためには、サービス業界の離職率が高くなっている原因を探る必要があります。 ここでは、サービス業界の離職率が高い理由や、離職を防ぐためにできる対策についてお伝えします。

人手不足

日本で働きたいと思う外国人は、増加傾向にあります。その中でも特にアジア圏の人材から、日本企業は人気を集めています。母国ではなく日本で仕事をする理由として、高い収入を目的とする外国人もいます。 ここでは、実際にどのくらいの年収を外国人労働者は得ているのかを見ていきましょう。 職業や企業よって条件は異なりますが、どの職種であれば年収が高くなるのか、外国人技能実習生はどのくらいの年収になるのかご紹介していきます。

日本でも年々、外国人労働者が増えてきています。なかでも、IT企業においては、海外の外国人エンジニアやプログラマー、コンサルタントが日本でも活躍をしています。 外国人労働者の雇用を考えている企業においては、外国人の労働法や賃金法が気になるところではないでしょうか。 企業の人事・採用担当者の方は、外国人労働者を雇用する際に不正雇用とならないように、外国人の労働法や賃金法においてあらかじめ理解をしておく必要があります。 外国人労働者の雇用後、社内で行き届いたサポートを行うためにも知っておくべき情報をご紹介します。