Keyword"豆知識"

日本でいう「正月休み」は、世界各国で存在します。しかし、その期間は国によって異なります。また同じアジア圏内でも、それぞれの国で休みが違います。中国では日本でいう「旧正月」のことを「春節」といい、この期間が休みとなっているのです。 日本には日本の休みの過ごし方があるように、中国には中国の過ごし方があります。そして春節の時期、中国では多くのイベントが行われています。しかし近年は、春節を日本で過ごす人も増えてきました。この記事では、春節の過ごし方に加え、中国人観光客の動向を解説しながら、インバウンド対策についてもご紹介します。

近年、日本企業では「ダイバーシティマネジメント」が重要視されるようになってきました。かつてのように従業員が均一的ではなく、多様化し始めたことが背景にあります。 そのため、さまざまな国籍や年齢、性別の従業員が仕事をする環境に対応できるか否かが、経営課題となっています。 ここではダイバーシティマネジメントに関して、ダイバーシティマネジメントの基本的な理解から成功させるためのポイントまで解説をしています。

日本のサービスは、世界で高い評価を受けています。しかし世界から注目されている日本のサービス業も、外国人観光客の増加に合わせどこまでグローバルなサービスを提供できるかが課題となっています。 もちろん、外国人観光客により良いサービスを提供していくためには、人材の確保も重要視しなくてはなりません。 ここでは、世界で高い評価を受けたサービスの内容や種類を説明したうえで、今後のサービス業従業者の課題についてお伝えします。

日本では現在、企業に対して働き方改革が推進されています。その中でとくに問題視されているのが、長時間労働です。時間外労働への規制が、罰則付きで厳しくなっています。 ここ数年、日本では外国人を雇用する企業は増加しています。今後、海外から人材を採用したい企業は、外国人労働者の労働時間について、詳しく理解しておく必要があるでしょう。 ここでは、外国人労働者に関する、労働時間における規則について見ていきます。また、規則やルールを守れなかったときの罰則についても、詳しくご紹介をします。

技能実習制度を、初めて利用する企業の多くが抱える問題として「団体監理型を使おうと思うが、監理団体の選択をどうするか」という点が挙げられるのではないでしょうか。 団体監理型とは、技能実習生受け入れ方式の一つです。 ここでは、団体監理型の基礎知識と優良な監理団体の選び方について解説します。監理団体選びにぜひ役立ててください。

ワーキングホリデー制度を利用して、多くの若い外国人が来日しています。ワーキングホリデーは就労を目的としたビザではありませんが、日本での滞在費を稼ぐため、アルバイトやパート社員として働く人も少なくありません。 ここでは「ワーキングホリデーで来日している外国人を採用したい」と考えている企業の担当者に向けて、採用前に知っておきたい知識や注意点について紹介します。

日本人が海外へ旅行に行くように、海外から日本へ旅行にやってくる方も大勢います。その旅行者の方々が日本への旅行で困るのは、言葉が通じないことです。 私たちが海外旅行へ行った際も、観光地への行き方や買い物をするときなど、言葉が分からず苦労する場面が必ずあります。そんな時、現地の人に尋ねて教えてもらうこともあるのではないでしょうか。 現地の言葉で最低限コミュニケーションがとれると旅行もより楽しくなりますし、逆に旅行が楽しめるよう助けることもできます。 ここでは、日本へ来た外国人旅行客の対応で役立つ、簡単な英語のフレーズをご紹介します。