Keyword"課題"

昨今のグローバル化に対応するため、多くの企業が優秀な外国人人材の採用に積極的になっているようです。しかし、外国人を採用したものの職場になじめなかったり、すぐに離職してしまったりといった経験のある企業も多いのではないでしょうか? 外国人採用を成功させるには、受け入れる企業側の体制や環境を整えることも大きな要因のひとつです。どのようなポイントがあるかまとめてみました。

中小企業の多くが抱えている、深刻な人手不足。「求人広告を出しているけれど、応募がない」という企業も少なくありません。 なぜ、このように思うような採用活動ができない状況になってしまうのでしょうか。その要因は知名度や求人広告だけではありません。 ここでは、採用活動が思うようにいかない要因を確認しながら、人手不足を解消するために「求人募集を成功させるポイント」を紹介します。

日本企業においてその大半を占める中小企業。これから中小企業が事業を拡大するためには、目の前にある経営課題を解決しなければなりません。短期的な視点で課題と向き合うだけではなく、中長期的にも課題に取り組む必要があるでしょう。 ここでは、中小企業がどのような経営課題を抱えているのか見ていきます。各企業が抱えている課題は異なりますが、共通点もあります。解決するための方法についても見ていきましょう。

人手不足

日本では、サービス業における労働生産性が低いと指摘されています。労働生産性とは、「労働者1人あたり」もしくは「1時間あたり」に得られる成果について、数値化したものを指します。 労働生産性の向上は、企業が効率良く利益を生み出すために重要な要素です。労働生産性の向上により、利益アップや人件費の削減などのメリットが得られます。 ここでは、サービス業で労働生産性が低い原因や、労働生産性を向上させるためにできる対策方法について紹介します。

人手不足

近年、多くの企業では人手不足という深刻な問題を抱えています。従業員が残業をすることで乗り越えようとしても、残業規制という壁が立ちはだかります。 また、日々の残業が続くことで、社員からの不満が蓄積していくことも考えられます。そうなると、根本的な解決にはいたりません。これから事業を拡大することを考えたときには、向き合わなければならない重要な問題です。 ここでは、「なぜ人手不足が起きてしまうのか」といった原因について考察しながら、人員を確保するための方法を説明します。

人手不足

経営目標を実現させるには、人材戦略が求められます。 2019年4月から順次施行の『働き方改革関連法』により労働者の適切な労働時間管理が義務付けられたため、管理監督者の裁量労働制を活用することは難しくなりました。 よって、管理監督者の活用や人員削減による安易なコストカットではなく、生産性につながる長期的なメリットを視野に入れた人材戦略が必要です。 ここでは、適切な人材戦略を立てるためのポイントや注意点をご紹介します。

働き方改革の一環として、日本企業全体で労働時間の是正に向けて動き始めている昨今、長時間労働への対策は急務とされています。 しかし、最低賃金引き上げによる人件費高騰などの理由で、人材の新規確保が難しい場合もあるのではないでしょうか。特に中小・零細企業などでは、人件費による負担が大きくなってしまう不安もあります。 ここでは、長時間労働に陥ってしまう原因や、長時間労働が招くリスクについて解説しながら、是正のためにできる「対策案」を紹介していきます。

人手不足

日本経済をけん引する産業としても、注目を集めているのがサービス業です。 医療や介護、教育、観光など幅広い分野が該当する業種ですが、これから需要は拡大していくのでしょうか。ここでは、その将来性について解説します。 またサービス業界の抱える課題のひとつが、深刻な人材不足です。この問題を解決するための方法についても一緒に見ていきましょう。

人手不足

企業が「事業を拡大したい」「新しいことに挑戦したい」と思いながら、実現するまでに時間がかかる理由のひとつに、人手不足が挙げられます。 とくに、建設や医療・介護、外食、情報サービスなど、慢性的にマンパワーが不足している業界もあります。 「人が足りない会社」の「原因と解決方法」「対策」についてお伝えします。

人手不足

日本企業では、近年人手不足が深刻化しています。原因のひとつとして、少子高齢化による労働人口の減少にスポットが当てられていますが、他の要因による人手不足にも対策を講じる必要があります。 ここでは、人手不足の原因や、特に人手不足が深刻な業種を含め、人手不足解消への具体的な対策方法について紹介します。

人手不足

日本企業では、少子高齢化による人口減少に伴い、人材不足が深刻な問題となっています。しかし、人材不足に陥る原因は人口問題であると断言できない場合もあります。なぜなら、人口問題以外の人材不足の要因のひとつには低賃金雇用が挙げられるからです。 人材不足を解消するには低賃金雇用が蔓延している現状にも、目を向ける必要があるでしょう。ここでは、低賃金雇用が招く人材不足の現状やリスク、人材不足解消に繋がる生産性を向上させる方法について紹介します。

人手不足

少子高齢化による日本の総人口減少に伴い、販売・サービス業界では、人手不足解消のために「外国人雇用」を取り入れる企業が増えています。 ここでは、外国人労働者が増えている背景や、外国人雇用で「人手不足などの課題」を解決するための方法についてご紹介します。さらに、外国人雇用に際しての「働ける条件」や「手続きの方法」まで詳しくみていきます。

人手不足

少子高齢化社会となり、企業での人材確保が難しい近年、とくに「サービス業界」では、深刻な人手不足が問題視されています。 人手不足解消のためには、サービス業界の離職率が高くなっている原因を探る必要があります。 ここでは、サービス業界の離職率が高い理由や、離職を防ぐためにできる対策についてお伝えします。

人手不足

国によって、労働についての考え方や価値観は大きく違います。中には働き方の制度そのものが異なる場合もあります。 外国人労働者の労働に関する調査をしてみると、日本で働く外国人労働者が、日本企業の待遇や環境に満足していない現状が浮彫になりました。 ここでは、外国人労働者の雇用や定着を図りたい企業担当者の方に向けて、外国人が離職する主な理由や、長く働いてもらうために重要なポイントについて解説します。

近年の相次ぐ外国人労働者受け入れ政策の展開によって、多くの日本企業が外国人の雇い入れを検討しています。 外国のなかでも大きな比重を占めるのが、お隣の経済大国・中国の人々です。今や日本よりもビジネスが盛んな中国では、鋭いビジネス感覚を持っている人が大勢います。 優秀な中国人を雇い入れたい場合、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。 ここでは、中国人労働者を雇用するにあたり、大きな壁となる「コミュニケーションの問題」について紹介します。

2005年には約673万人だった日本を訪れる外国人観光客の数は、年々増加の一途をたどり、2018年には約3,120万人にまで拡大しました。(日本政府観光局:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf)わずか13年間の内に、4.5倍以上も日本を訪れる海外からの観光客は増加したのです。 これは、日本に限らず世界的に国際観光市場が拡大していることが背景にあります。さらに今後は、アジアからの観光客が増える見込みがあることから、同じ地域内にある日本の観光需要はさらに拡大。外国人観光客はますます増えると考えられているのです。 それでは日本を訪れる外国人増加によってどのような影響があり、各企業にはどのような課題が生まれるのでしょうか。

近年うなぎ登りに増加している中国人観光客。その背景には、ビザ発給の緩和や円安、日本製品への強い信頼などがあるといわれています。今後も中国人観光客の訪日は増え続けると考えられていますが、日本ではどのような対策を講じる必要があるのでしょうか。

外国人観光客増加は、東京オリンピックが開催される2020年がピークといわれています。英語や中国語、韓国語に限らず、多種多様な言語への対応が必要とされているなか、日本の観光地では思うように多言語化が進まず苦慮しているといいます。 コミュニケーションや看板などの言語問題をクリアして観光客の方々に存分に楽しんでもらうには、どのような方法があるのでしょうか。

外国人の採用は、企業にとってさまざまなメリットがあります。しかし、採用する際には「届出」が必要であり、これを怠れば余計なトラブルを招きます。そこで、外国人を採用する際に必要な届出について解説します。