Keyword"英語"

日本でも、外国人材の雇用が増えてきた昨今。優秀な人材であれば、国籍を問わず戦力として働いてもらいたいと考えている企業が増えてきているのです。 なかでも優秀な頭脳を持つイメージがある中国人。事実、中国人材の労働力が不可欠であると考えている日本企業も増えてきています。 しかし、日本で中国人を雇用したいと考えたとき、ネックとなるのが「言葉の壁」です。中国人に限らず外国人を一人材として迎え入れる場合、真っ先に考えなければいけないことのひとつです。 中国人の母国語は中国語ですが、中国も日本も英語教育を取り入れているため、お互いの公用語は英語です。そのため、それぞれがお互いの母国語を覚えるよりも「公用語とされる英語を使ってコミュニケーションを図る方が“リスクが少なくて済む”という考え方になります。 ここでは、中国人と日本人の英語力を比較しながらその考えを検証していきます。

日本人が海外へ旅行に行くように、海外から日本へ旅行にやってくる方も大勢います。その旅行者の方々が日本への旅行で困るのは、言葉が通じないことです。 私たちが海外旅行へ行った際も、観光地への行き方や買い物をするときなど、言葉が分からず苦労する場面が必ずあります。そんな時、現地の人に尋ねて教えてもらうこともあるのではないでしょうか。 現地の言葉で最低限コミュニケーションがとれると旅行もより楽しくなりますし、逆に旅行が楽しめるよう助けることもできます。 ここでは、日本へ来た外国人旅行客の対応で役立つ、簡単な英語のフレーズをご紹介します。

会社の発展のためにバイリンガル人材を必要としている企業がここ数年で増加しています。 インバウンド効果が大きく表れている背景から、各業界で語学に堪能な人材が注目がされているのです。 では、バイリンガル人材はどのように採用をすればよいのでしょうか。 採用時の注意点なども交えながらご紹介していきます。