Keyword"現状"

日本企業においてその大半を占める中小企業。これから中小企業が事業を拡大するためには、目の前にある経営課題を解決しなければなりません。短期的な視点で課題と向き合うだけではなく、中長期的にも課題に取り組む必要があるでしょう。 ここでは、中小企業がどのような経営課題を抱えているのか見ていきます。各企業が抱えている課題は異なりますが、共通点もあります。解決するための方法についても見ていきましょう。

人手不足

経営目標を実現させるには、人材戦略が求められます。 2019年4月から順次施行の『働き方改革関連法』により労働者の適切な労働時間管理が義務付けられたため、管理監督者の裁量労働制を活用することは難しくなりました。 よって、管理監督者の活用や人員削減による安易なコストカットではなく、生産性につながる長期的なメリットを視野に入れた人材戦略が必要です。 ここでは、適切な人材戦略を立てるためのポイントや注意点をご紹介します。

働き方改革の一環として、日本企業全体で労働時間の是正に向けて動き始めている昨今、長時間労働への対策は急務とされています。 しかし、最低賃金引き上げによる人件費高騰などの理由で、人材の新規確保が難しい場合もあるのではないでしょうか。特に中小・零細企業などでは、人件費による負担が大きくなってしまう不安もあります。 ここでは、長時間労働に陥ってしまう原因や、長時間労働が招くリスクについて解説しながら、是正のためにできる「対策案」を紹介していきます。

人手不足

企業が「事業を拡大したい」「新しいことに挑戦したい」と思いながら、実現するまでに時間がかかる理由のひとつに、人手不足が挙げられます。 とくに、建設や医療・介護、外食、情報サービスなど、慢性的にマンパワーが不足している業界もあります。 「人が足りない会社」の「原因と解決方法」「対策」についてお伝えします。

人手不足

国によって、労働についての考え方や価値観は大きく違います。中には働き方の制度そのものが異なる場合もあります。 外国人労働者の労働に関する調査をしてみると、日本で働く外国人労働者が、日本企業の待遇や環境に満足していない現状が浮彫になりました。 ここでは、外国人労働者の雇用や定着を図りたい企業担当者の方に向けて、外国人が離職する主な理由や、長く働いてもらうために重要なポイントについて解説します。

中国人と日本人とでは、転職に対する考え方が異なります。中国人にとって、転職はキャリアアップのひとつの手段という考え方です。そのため、働くためのメリットを明確に示せない企業には、中国人は簡単に集まりません。 また、採用の基準を間違うと、トラブルを招いてしまうこともあります。中国人の特徴をよく理解し、適切な人材を確保するために、中国人の転職意識について見ていきましょう。

中国人観光客向けに事業・店舗を構えている場合、気がかりになるのは中国人観光客数の動向です。観光スポットや繁華街に足を運んでみると、以前に比べて中国人観光客が減ったような印象を受けます。 実際に、日本を訪れる中国人観光客は減少してきています。一体、どんな理由があるのでしょうか。訪日中国人観光客を増やすための方法についても探っていきます。 また、集客を成功させて売上を伸ばすためには、どうすればよいのでしょうか。参考にすべき最新観光トレンドについてもご紹介します。

深刻化している人手不足を解消するために中小企業が注目しているのが外国人労働者です。ただし、「現場の受け入れ体制が整っていない」などの理由で、外国人採用に躊躇する企業も少なくないというのが現状のようです。とはいえ、最近では人手不足を解消するために採用するというよりは、「外国人ならではの能力が必要」という理由で採用している企業も多くあります。ここでは、外国人採用の現状について詳しく解説していきます。