Keyword"特定技能"

技能実習生の日本滞在期間は最長5年。すでに技能実習生を雇用している企業の中には「育成した外国人労働者を特定技能に移行させて、自社でさらに長く働き続けて欲しい」と考えている担当者も多いのではないでしょうか。 ここでは、技能実習から特定技能への移行で必要な要件や手続き、一定の要件を備えた場合に適用される特例措置などについて解説します。

深刻な人材不足が予想されている、14の業種。その14の業種で就労が認められるのが特定技能在留資格です。本制度の施行にあたっては、受け入れ機関に対して、外国人労働者に対する行き届いたサポートを行うことが求められています。 外国人が入国後に受ける「生活オリエンテーション」も義務化されているサポートの1つです。 ここでは、特定技能制度における生活オリエンテーションの詳しい内容や、業務委託の方法について解説します。

近年、日本の経済界から、外国人労働者に大きな期待が寄せられています。なぜなら、ネームバリューがある大きな一部の有名大企業を除いて、大多数の中小企業は優秀な人材確保が困難になっているからです。 しかし、外国人労働者を雇うには言語や文化の壁など、不安要素があることも確かです。 それにも関わらず、なぜ多くの日本企業が外国人労働者の雇用に積極的な姿勢を示すようになったのでしょうか? 今回は、多くの企業が外国人労働者を採用したがる理由を解説します。