Keyword"業界"

日本では、サービス業における労働生産性が低いと指摘されています。労働生産性とは、「労働者1人あたり」もしくは「1時間あたり」に得られる成果について、数値化したものを指します。 労働生産性の向上は、企業が効率良く利益を生み出すために重要な要素です。労働生産性の向上により、利益アップや人件費の削減などのメリットが得られます。 ここでは、サービス業で労働生産性が低い原因や、労働生産性を向上させるためにできる対策方法について紹介します。

人手不足

外国人観光客の増加やサービスの多様化に伴い、販売の仕事に必要なスキルは、よりハイレベルなものを要求される場面が増えています。 ここでは、販売に必要なスキルとはどのようなものなのか、どのようにしてブラッシュアップを図るのか、という点について見ていきます。 さらに、今後予想される販売で求められるスキルの多様化に対応する方法についても紹介していきます。

人手不足

サービス業にはホスピタリティを学べるなど、他の業種にはない魅力があります。「お客様の求めるものを満たす」という役割は、どのサービス業にとっても同じ大切なことです。 ここでは、サービス業の魅力や身につくスキルに加えて、サービス業のこれからについてもご紹介します。

人手不足

サービス業は、お客様と直接やり取りをする職業のひとつであり、接客力の有無が売上を左右するといっても過言ではありません。では、「売上につながる接客」とはどのようなものでしょうか。 ここでは、サービス業に大切なこととして気を付けたいポイントをまとめています。その中でも「サービス業で基本となるマナー」「売上アップにつながる接客のポイント」「NGな接客」について紹介しています。また、サービス業の魅力や適している人材について、採用に役立つ情報もピックアップしています。

日本のサービスは、世界で高い評価を受けています。しかし世界から注目されている日本のサービス業も、外国人観光客の増加に合わせどこまでグローバルなサービスを提供できるかが課題となっています。 もちろん、外国人観光客により良いサービスを提供していくためには、人材の確保も重要視しなくてはなりません。 ここでは、世界で高い評価を受けたサービスの内容や種類を説明したうえで、今後のサービス業従業者の課題についてお伝えします。

サービス業といわれる仕事には、多くの種類があります。サービス業は「接客業」だけではありません。顧客のニーズに応え「要求を満たすこと」が、サービス業の役割であり、意外な職種もサービス業に含まれていたりします。 ここではサービス業における仕事の種類や、これもサービス業?と思えるようなものまで詳しく解説。また、サービス業のおもしろさ・サービス業に「適している人材はどのような人か」についてもご紹介します。

日本企業では、近年人手不足が深刻化しています。原因のひとつとして、少子高齢化による労働人口の減少にスポットが当てられていますが、他の要因による人手不足にも対策を講じる必要があります。 ここでは、人手不足の原因や、特に人手不足が深刻な業種を含め、人手不足解消への具体的な対策方法について紹介します。

人手不足

少子高齢化による日本の総人口減少に伴い、販売・サービス業界では、人手不足解消のために「外国人雇用」を取り入れる企業が増えています。 ここでは、外国人労働者が増えている背景や、外国人雇用で「人手不足などの課題」を解決するための方法についてご紹介します。さらに、外国人雇用に際しての「働ける条件」や「手続きの方法」まで詳しくみていきます。

人手不足

少子高齢化社会となり、企業での人材確保が難しい近年、とくに「サービス業界」では、深刻な人手不足が問題視されています。 人手不足解消のためには、サービス業界の離職率が高くなっている原因を探る必要があります。 ここでは、サービス業界の離職率が高い理由や、離職を防ぐためにできる対策についてお伝えします。

人手不足

日本で働きたいと思う外国人は、増加傾向にあります。その中でも特にアジア圏の人材から、日本企業は人気を集めています。母国ではなく日本で仕事をする理由として、高い収入を目的とする外国人もいます。 ここでは、実際にどのくらいの年収を外国人労働者は得ているのかを見ていきましょう。 職業や企業よって条件は異なりますが、どの職種であれば年収が高くなるのか、外国人技能実習生はどのくらいの年収になるのかご紹介していきます。

昨今、日本では労働力となる働き盛りの若者世代を中心に、人材不足という問題に直面しています。企業や経営者は、人員を確保したくても出来ない状態が続いているといえます。 有効求人倍率は1.6倍程度で推移しており、いかに仕事に対して人材が不足しているかが物語られています。人材不足は一過性のものではなく、慢性的な社会問題として横たわっています。その理由と、特に深刻な人材不足に悩まされている業種を見ていきましょう。また、人材不足解消の手立てはないのでしょうか?