Keyword"方法"

企業が「事業を拡大したい」「新しいことに挑戦したい」と思いながら、実現するまでに時間がかかる理由のひとつに、人手不足が挙げられます。 とくに、建設や医療・介護、外食、情報サービスなど、慢性的にマンパワーが不足している業界もあります。 「人が足りない会社」の「原因と解決方法」「対策」についてお伝えします。

人手不足

技能実習生の日本滞在期間は最長5年。すでに技能実習生を雇用している企業の中には「育成した外国人労働者を特定技能に移行させて、自社でさらに長く働き続けて欲しい」と考えている担当者も多いのではないでしょうか。 ここでは、技能実習から特定技能への移行で必要な要件や手続き、一定の要件を備えた場合に適用される特例措置などについて解説します。

雇い入れた外国人労働者が初めて日本で働く場合、自身の銀行口座を持っていないことは珍しくありません。銀行口座がないと、会社から給料の振り込みができません。 ここでは、企業の人事や労務担当者に「外国人労働者の銀行口座開設の手続きや基礎知識について」「おすすめの銀行」「困ったときの相談窓口」などを紹介します。

日本の労働の中核を担う層は年々減っており、国内では労働人口の不足が表面化するようになりました。こうした中、注目されるようになったのが外国人労働者の受け入れです。 実際に労働力の確保のため、外国人の採用を考えている企業もあるでしょう。それでは、外国人を雇用したいと思ったとき、どのような手段が考えられるのでしょうか。面接や採用のコツも合わせて紹介していきます。

日本人の労働人口低下に伴い注目されている外国人労働者。しかし、外国人労働者を雇い入れるためにはさまざまなルールがあります。外国人が日本国内で収入を得るためには、正しい在留資格を得て正しい就労ビザを取得している必要があります。 これらに代表される日本滞在のルールを破ると、その外国人だけでなく雇用主側も3年以下の懲役または300万円以下の罰金を科せられることになります。 外国人を雇用するにあたり、正しい知識を付けて不法就労を助長しないようにするにはどうすればいいのか見ていきましょう。

外国人の採用は、企業(とくに、海外進出を視野に入れる中小企業やベンチャー企業)にとってメリットが多いです。しかし、いきなり外国人採用といっても、ノウハウの無いところも少なくありません。そこで、企業が外国人を採用するための方法について解説します。