Latest Posts新着記事

日本は外国人観光客が増加していることが、ニュースでも取り上げられるなどして話題になっています。 2020年のオリンピック・パラリンピックを控えて、これからさらに外国人観光客が増えていくといわれています。 訪れた外国人を集客しておもてなしをすることはもちろん、より楽しんでもらうためには、多言語対策も同時に考えていく必要があります。 集客のためにはどのようなメディアがよいのか、また多言語対策はどのように進めていくのかをご紹介します。

日本でいう「正月休み」は、世界各国で存在します。しかし、その期間は国によって異なります。また同じアジア圏内でも、それぞれの国で休みが違います。中国では日本でいう「旧正月」のことを「春節」といい、この期間が休みとなっているのです。 日本には日本の休みの過ごし方があるように、中国には中国の過ごし方があります。そして春節の時期、中国では多くのイベントが行われています。しかし近年は、春節を日本で過ごす人も増えてきました。この記事では、春節の過ごし方に加え、中国人観光客の動向を解説しながら、インバウンド対策についてもご紹介します。

近年、日本を訪れる外国人旅行客の多さが目立ちます。中でも、中国人観光客と思しき団体旅行客と次から次へと街中ですれ違う機会が増えている印象です。 データを見ても、実際のところ中国人旅行客は急増しています。例年7月の訪日中国人客が多く、2013年~2017年の5年間では、7月の訪日中国人客数が6倍以上に膨れ上がっているのです。 ([参照] 日本の観光統計データ:月別訪日外客数の推移 https://statistics.jnto.go.jp/)     日本企業としては、中国人旅行客をターゲットにした大きなビジネスチャンスが到来していると考えるでしょう。中国人旅行客はさらなる増加が見込まれるため、ビジネスチャンスはまだまだこれからやってくるのです。 このチャンスをモノにできるかどうかは、中国人旅行客を集客するため、効果的にノウハウを活用できているか否かで180度変わります。そのノウハウの中に、「共通語」「中国語」という言葉の壁を乗り越える必要性が含まれることは、言うまでもありません。 まずは、中国人旅行客が急増している理由から見ていきましょう。

近年、訪日外国人は、その数を伸ばしています。都市部や観光スポットでは、外国人観光客の姿を目にすることが多くなりました。 とくに良く見かけるのが、中国人の観光客です。このような動向に合わせて、中国人向けのサービスを展開しようと考えている企業もあるでしょう。 今回は、中国人の来日数について詳しく見ていきましょう。また理解しておくべきポイントとして、インバウンド消費に関する実態や対策についてもご紹介します。

日本のサービスは、世界で高い評価を受けています。しかし世界から注目されている日本のサービス業も、外国人観光客の増加に合わせどこまでグローバルなサービスを提供できるかが課題となっています。 もちろん、外国人観光客により良いサービスを提供していくためには、人材の確保も重要視しなくてはなりません。 ここでは、世界で高い評価を受けたサービスの内容や種類を説明したうえで、今後のサービス業従業者の課題についてお伝えします。

2005年には約673万人だった日本を訪れる外国人観光客の数は、年々増加の一途をたどり、2018年には約3,120万人にまで拡大しました。(日本政府観光局:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf)わずか13年間の内に、4.5倍以上も日本を訪れる海外からの観光客は増加したのです。 これは、日本に限らず世界的に国際観光市場が拡大していることが背景にあります。さらに今後は、アジアからの観光客が増える見込みがあることから、同じ地域内にある日本の観光需要はさらに拡大。外国人観光客はますます増えると考えられているのです。 それでは日本を訪れる外国人増加によってどのような影響があり、各企業にはどのような課題が生まれるのでしょうか。

近年うなぎ登りに増加している中国人観光客。その背景には、ビザ発給の緩和や円安、日本製品への強い信頼などがあるといわれています。今後も中国人観光客の訪日は増え続けると考えられていますが、日本ではどのような対策を講じる必要があるのでしょうか。

外国人観光客増加は、東京オリンピックが開催される2020年がピークといわれています。英語や中国語、韓国語に限らず、多種多様な言語への対応が必要とされているなか、日本の観光地では思うように多言語化が進まず苦慮しているといいます。 コミュニケーションや看板などの言語問題をクリアして観光客の方々に存分に楽しんでもらうには、どのような方法があるのでしょうか。

2020年のオリンピック開催が目前となってきました。外国人観光客が増加している近年では、景気回復に向けて日本国内で多くの施策が行われています。 同時に、オリンピック終了後の景気維持などについては、心配される声があがっています。そんな中、実際2020年以降の外国人観光客の見込みどうなっているのでしょうか? 具体的な数値もあわせて見ていきましょう。

訪日外国人の中でも、圧倒的な数を占めるのが中国人観光客です。日本では飲食店や家電量販店、ドラッグストアを訪れて、積極的な消費活動を行います。 現在、事業や店舗を展開していて、中国人観光客が多く訪れるところもあるでしょう。接客サービスや対面でのビジネスを行っている場合、来店客数が増えすぎると、対応しきれないケースが生じます。 訪日する中国人観光客が多い時期を知っていれば、あらかじめ人員を雇って、事前に対策することは可能です。人手不足を防ぐための解決策をご紹介します。

近年、日本のドラッグストアでよく見かける中国人客。店内では日本人客よりも比率が多い光景を度々見かけることがあるのではないでしょうか。 中国人客のドラッグストアでの買い物は、買い物かごいっぱいに商品を入れるほど、いくつもの袋を抱えていたりするのが特徴です。 なぜ、そのような姿をよく見かけるのでしょうか。その理由について解説します。

中国人観光客向けに事業・店舗を構えている場合、気がかりになるのは中国人観光客数の動向です。観光スポットや繁華街に足を運んでみると、以前に比べて中国人観光客が減ったような印象を受けます。 実際に、日本を訪れる中国人観光客は減少してきています。一体、どんな理由があるのでしょうか。訪日中国人観光客を増やすための方法についても探っていきます。 また、集客を成功させて売上を伸ばすためには、どうすればよいのでしょうか。参考にすべき最新観光トレンドについてもご紹介します。

日本を訪れる外国人観光客の多くが、旅行先として大阪を選んでいます。訪日外国人全体の旅行先は東京が最も多いものの、中国・韓国・台湾・香港からの観光客に限ると、大阪がトップとなっています。では、なぜ大阪は人気を集めているのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

日本を訪れる中国人観光客が増えています。有名な景勝地はもとより、日本人が観光地とは考えていないような意外な場所でも、多くの中国人観光客を見かけます。中国人観光客に特に人気のスポットとは、どのような場所なのでしょうか? 中国人観光客の人気スポットを見ていきましょう。

観光地や飲食街で中国人観光客を目にする機会が増えています。実際に、訪日外国人数のうち最も多いのは中国人です。ビザの緩和などで個人旅行の需要も高まり、日本を訪れる中国人観光客は年々増え続けています。 では、中国人観光客の方々から日本はどのように見えているのでしょうか。中国人観光客から見た日本の印象と問題点を見ていきましょう。

昨今、日本では労働力となる働き盛りの若者世代を中心に、人材不足という問題に直面しています。企業や経営者は、人員を確保したくても出来ない状態が続いているといえます。 有効求人倍率は1.6倍程度で推移しており、いかに仕事に対して人材が不足しているかが物語られています。人材不足は一過性のものではなく、慢性的な社会問題として横たわっています。その理由と、特に深刻な人材不足に悩まされている業種を見ていきましょう。また、人材不足解消の手立てはないのでしょうか?

近年、急増している中国人観光客。大量に買い物をすることを「爆買い」と呼んでいます。日本で爆買いする中国人の姿をテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。 特に、中国人が大量に購入しているものは化粧品や薬などです。これらの商品は日本だけではなく、自国でも売っている化粧品や薬です。 それなのになぜ、日本に来て大量に購入する必要があるのでしょうか。それには中国の病院・金銭事情について考える必要があるようです。

近年、外国人観光客が急激に増え、宿泊業やホテル業の人材不足が問題となっています。人手が足りず、悩みを抱えているホテル・宿も少なくないでしょう。 その理由は、観光客が増加したことだけが問題なのでしょうか。ホテル業・宿泊業が抱えている人手不足の問題についてフォーカスし、どのような対策が必要なのかについて、この機会に考えてみましょう。

日本人が海外へ旅行に行くように、海外から日本へ旅行にやってくる方も大勢います。その旅行者の方々が日本への旅行で困るのは、言葉が通じないことです。 私たちが海外旅行へ行った際も、観光地への行き方や買い物をするときなど、言葉が分からず苦労する場面が必ずあります。そんな時、現地の人に尋ねて教えてもらうこともあるのではないでしょうか。 現地の言葉で最低限コミュニケーションがとれると旅行もより楽しくなりますし、逆に旅行が楽しめるよう助けることもできます。 ここでは、日本へ来た外国人旅行客の対応で役立つ、簡単な英語のフレーズをご紹介します。

今、団塊世代の退職や少子高齢化による労働人口の減少などにより、多くの企業が人手不足に悩んでいます。 そんな中、人手不足を解決する有効な手段として、外国人を採用する企業が増えてきました。 そして、外国人の中でも隣の国であり距離が近く文化も似ている、中国の方を採用する企業が急増しています。 しかし、中国人を採用する際に、気を付けておくべきことがいくつかあります。 中国人を採用する際に、中国人特有の性質について留意しておかなかった結果、採用したけれどうまく意思疎通ができず辞めてしまったということがあるかもしれません。 ここでは、中国人を採用する際に、知っておくべき注意点について詳しくお話ししたいと思います。