バイリンガルを採用したい!バイリンガルを採用する方法やメリットを徹底解説

会社の発展のためにバイリンガル人材を必要としている企業がここ数年で増加しています。 インバウンド効果が大きく表れている背景から、各業界で語学に堪能な人材が注目がされているのです。 では、バイリンガル人材はどのように採用をすればよいのでしょうか。 採用時の注意点なども交えながらご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

バイリンガルの外国人人材を採用する企業が急上昇中!

昨今、企業では外国人人材、中でもバイリンガルの外国人人材を採用する動きが活発に見られています。

バイリンガル人材とは

「バイリンガル」とは、母国語以外の言語を取得している人のことをいいます。通常、人は母国語を習得しており、それ以外の言語を一つ習得すれば母国語+外国語で2種類の言語を話せることになります。

これには、日本人も含まれているのです。例えばネイティブレベルのフランス語を話せる日本人は「日本語+フランス語」でバイリンガル人材といえます。

バイリンガルが活かせる仕事の種類とは

バイリンガルであることを活かして就職するとなると、仕事の種類を気にする必要があります。バイリンガルが必要とされている理由を考えると「2種類の言語を使いこなせる」こと。「通訳」や「翻訳」といった言語に深く関わる仕事が相当します。

これらを除くと、外資系の会社やグローバルに展開する会社などにおいて、バイリンガルの求人に力を入れている動きが見られます。

外国人採用がおすすめのわけ

昨今、バイリンガルを必要としている企業は珍しくありません。職種を問わず、海外進出や海外企業との取引を開始するなど、バイリンガルのスキルを必要とする企業は数多く存在します。

採用する企業側として考えるべきなのは「バイリンガルの日本人を雇う」か「バイリンガルの外国人を雇う」かを選ぶことです。例えば「英語が話せるバイリンガルの日本人」と「日本語を話せるバイリンガルのアメリカ人」がいるとします。

どちらも「日本語+英語のバイリンガル」であることは同じですが、大きく違うのは後者は外国人であるということです。

同じ言語能力のバイリンガルであっても、日本人ではなく外国人を積極的に採用することには以下のメリットがあります。

・海外の人は向上意識が高い

・会社の刺激になる

・多言語を丁寧に話せる人材が多い

わざわざ異国である日本で働こうと考えている外国人は、仕事に対する意欲が日本人よりも高い傾向にあります。また、その姿勢や外国ならではの考え方が会社に入り込むことで、既存の日本人社員に良い刺激となるでしょう。さらに、さまざまな言語を丁寧に話せる人材が多いという点も無視できません。

目次へ

バイリンガルの外国人を採用する際の会社側の注意点とは

バイリンガルの外国人を採用することは「バイリンガルであること」と「外国人であること」の2つのメリットを享受することができます。しかし、外国人を採用するにあたってはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

英語でコミュニケーションが出来るバイリンガルか

まず、「英語でコミュニケーションが出来るバイリンガルであるかどうか」について注意しなければなりません。

・英語もあくまでコミュニケーションツール

・勉強しているだけではなく語学力が大切

・TOEICのスコアで判断しない

まず、英語はあくまでも「コミュニケーションツール」という立ち位置であることを理解しておきましょう。なぜバイリンガルの人材を必要としているかを考えれば、自然とバイリンガルに求められる能力が何であるかわかるはずです。

重要なことは「英語を勉強していること」と「英語の語学力が高い」ことを混同しないことです。学校の英語のテストを受けさせるために採用するわけではありませんので、英語の知識だけあっても企業では役に立たないことが多いです。

そのため、採用の際に指標にしやすい「TOEIC」ですが、そのスコアだけで採用の可否を判断することは避けましょう。あくまでもコミュニケーション能力を重視してバイリンガルを雇用してください。また、取引先となる国への理解力や、業界用語をスラスラ話せることも必要なスキルです。

採用時の注意点とは

また、採用するのが外国人であることから、以下の点についても注意しなければなりません。

・日本の企業に適応出来るかどうか

・ビザの切り替えなどの手続き

まず、そのバイリンガル人材が「日本に適応出来るかどうか」です。いかにバイリンガルとして優れた能力を有していても、そもそも日本や日本企業に馴染めないのであれば活躍の場を用意することは難しいでしょう。選考の段階で社風や社員に馴染めるかどうかをチェックしておくことをオススメします。

もう一つは「ビザの切り替えなどの手続きが必要である」ということです。外国人が就労するにあたっては、就労内容に応じた就労ビザ(在留資格)を申請して認められなければなりません。また、在留期間が残っていることも重要です。就労内容と異なる在留資格のままであったり、在留期間が残っていなかったりした状態で雇用すると、雇用主が「不法就労助長罪」として刑事罰を科せられる可能性があります。

また、外国人を雇用するにあたっては、ハローワークへの届出も必要になります。これを怠った場合も刑事罰の対象になりますので注意してください。

目次へ

バイリンガル採用で悩んだらイマジンプラスに!

バイリンガルを採用したいとしても、できるだけ優秀なバイリンガル人材を採用したいところです。そんな事業者の方は「イマジンプラス」をご利用ください。優秀なバイリンガル人材を手軽に採用できます。

優秀なバイリンガルの人材

前述のとおり、バイリンガルであることをアピールしていても、それが企業にとって有益(優秀)な人材であるかどうかは別の話です。

バイリンガルを謳う人材の中には「英語だけ人間」も含まれているのです。前述のとおり、多くの企業が求めているバイリンガルは外国語の勉強ができる人材ではなく、語学力に優れ、コミュニケーションツールとして外国語を使いこなせる人材です。

いかに流暢に外国語を話し、さまざまな単語を知っているとしても、それだけでバイリンガルの優秀さを測るステータスにはなりえません。それらを使いこなしてコミュニケーションを行える人材を選ばなければ、採用する側としてはミスマッチに終わるでしょう。

イマジンプラスなら意識の高い中国人スタッフが豊富

企業が求めるバイリンガルとして頼りない人材を避けて、優秀なバイリンガルを採用したいというのであれば「イマジンプラス」の利用がオススメです。イマジンプラスでは、仕事に対する意識の高い中国人スタッフが豊富にいます。

なぜ中国人だと良いのかといえば、世界の「母語人口」でいうと、実は世界一の言語は中国語なのです。つまり、ビジネスのシーンにおいても中国語が求められるケースが多いのです。

イマジンプラスで外国人バイリンガルを採用する場合、以下のメリットがあります。

・多言語対応が可能となり、グローバル化を図れる

・オフィス(現場)環境の活性化

・日本人にはない新たな視点からの発想・アイディア創出

・若く優秀な労働力の確保ができる

イマジンプラスは面倒な手続きも担います

外国人バイリンガルを採用するとなると、さまざまな手続きが必要になります。しかし、イマジンプラスであれば本来は企業が担うべき手続きをこちらで請け負うことが可能です。この点も、手軽に外国人バイリンガルを雇用する上で重要なポイントとなります。

目次へ

まとめ

バイリンガルは海外進出等の海外に目を向ける企業の成長にとって必要不可欠な人財であり、外国人を起用することでさらなる成長を見込むことができます。ですが、ただ外国語能力に長けているだけでなく、コミュニケーションに活かせるスキルを有していることが重要です。イマジンプラスを利用して、優秀な外国人バイリンガルを探しましょう。