イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

  • TOP
  • 社長ブログ
  • 【BOOK】2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義

【BOOK】2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義

こんにちは。ライフ・リノベーター笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

今日、ご紹介する本は、若者にぜひ読んでほしい。聞いてほしい。

「君たちは、自分の力で、世の中を変えていけ!

僕は日本の未来に期待している。

支援は惜しまない」

若者世代に強烈なメッセージを発信し続けてきた、瀧本哲史さん。

昨年2019年8月、病のため夭逝されました。

私自身も瀧本さんのフォロワーであり、若い人に、瀧本さんの本の武器シリーズをすすめてきたので、大ショックでした。

日本を変えていける、人材を作っていける、リーダーの一人だと尊敬していたからです。

まさに、惜しい人を失くした、と言うのは、瀧本さんのことだ。

日本にとって大きな損失。

だけど、彼の残した著作や、育った起業家も多いから、その遺志をついで欲しい。

私は東大ベンチャーの学生さんたちと、今一緒にコラボしている。

日本の未来をつくる素晴らしい若者たちがいる。

おじさんおばさんは、若者に学び、彼らを応援していこう。

 

瀧本哲史さんとは

エンジェル投資家、経営コンサルタント、京都大学客員准教授

(アマゾンのプロフィールから抜粋)

東京大学法学部卒業。

東京大学大学院法学政治学研究科助手に採用される。

1997年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社、主としてエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事する。

3年で独立し2000年、多額の債務を抱えていた日本交通の経営再建に取り組む。

以後、企業再生やエンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教鞭をとり、

「意思決定論」「起業論」「交渉論」等を人気講義へと押し上げる。

著書に『武器としての決断思考』、『武器としての交渉思考』『僕は君たちに武器を配りたい』

『君に友だちはいらない』、『ミライの授業』『戦略がすべて』『読書は格闘技』等がある。

 

2012年6月30日 瀧本哲史伝説の東大講義

全国から29歳以下の若者、300人が集まった。

10代も、高校生もいた。

若者へのメッセージ、伝説の東大講義が、1冊の本となりました。

 

瀧本さんの言葉から。

「僕はエンジェル投資家だけど、最近、本を書くようになってきました。

なぜ、本を書くか。表に出てくるか。

一番の理由は、日本への危機感です。

この国は、構造的に衰退に向かってるんじゃないかと。

みなさんも感じているかと思いますが、中央政府とかエスタブリッシュメントと言われてる人たちが、あんまり機能してないんじゃないか。

より積極的に人を支援しなくては。

僕は武器モデルを広げていきたい。

実は仕事を通していろいろな分野のカリスマを生み出してきたんです。

でも、失望もした。

世の中は変わらない。

特定のリーダーをぶち上げてもカリスマモデルはダメかなぁと思った時、ジョージソロスのやったことを思い出した」

「意見をばらまくことは、世の中を変える力があると思い、出版に力を入れるになったんですね。

すごいリーダー一人をぶち上げるより、世の中を変えそうな人をたくさん作る。

誰がうまくいくかわからないけど、そういう人たちに、武器を与えて支援する。

それが世の中を変えていくことになるんじゃないか。

ちなみに全成人を対象にしたいが、ターゲットは、20歳の若者。

次の日本を支える世代である彼らが自由人として生きていくために必要不可欠な「武器としての教養」を配りたいと思っています。

まだ人間になってない人が老若男女、たくさんいます。

自分の頭で考えてない人があまりに多いので、そういう人を人間にしなきゃいけないという問題意識というか、使命感もあります。

現代社会では、しっかり自分の頭で考えられない人間は、

「コモディティ(替えのきく人材)」として買い叩かれるだけですから」

「学問や学びというのは、答えを知ることではけっしてなくて、

先人たちの思考や研究を通して、『新しい視点』を手に入れることです。」

「『盗まれないもの』というのは、どういうものがあるんでしょうか?」

「それはね、その人の人生ですよ。・・・

その人が過去に生きてきた人生とか、挫折とか、成功とか、そういうものは盗めないんですよね。」

 

2020年6月30日 またここで会おう

「8年後の今日、2020年6月30日の火曜日にまたここに再び集まって、みんなで「宿題」の答え合わせをしたいんですよ。

どうでしょうか?」

「2020年の6月30日までに、やはり何かやりましょう。

僕もそれまでに何かやりますので、みんなで答え合わせしましょう」

宿題とは、「自分自身がいる場所で、ちょっとだけでも変える」こと。

8月年前にこの講義を聞いた29歳以下の300人の若者。

20歳なら28歳。29歳の人は37歳だ。

活躍している人も多いでしょう。

失敗してリベンジ狙う人もいるのでは。

みんな、どこでどういう今を迎えているでしょう。

瀧本さんが未来へ向けて飛ばす「檄」をこれからのひとも受け取っていってほしい。

第一檄 人のふりした猿にはなるな

第二檄 最重要の学問は「言葉」である。

第三檄 世界を変える「学派」をつくれ

第四檄 交渉は「情報戦」

第五檄 人生は「3勝97敗」のゲームだ

第六檄 よき航海をゆけ

 

オーディオブックでは、瀧本さんの既刊が今だけ聴き放題。

このオーディオブックも創業時から瀧本さんが応援していた企業です。

私は最近このオーディオブックを最大限活用しています。

朝起きてから、移動中、ちょっとした空き時間も。

片付けしながら、歯磨きしながら、偉大な先人の話や、最近のビジネス書が、聴けるなんて、奇跡のようなこと。

感謝感謝の日々です。

そして、瀧本さんが言う、言葉の力。

言葉に力のあるものは、聞いていても、すごく感動する。

身に迫ってくる。

オーディオブックでは、瀧本さんの既刊が今だけ聴き放題!

それぞれ瀧本哲史さんご自身の肉声による解説が特典として収録されています。

(7/31まで)

 

 

瀧本哲史さんをもっと知ってほしい!

追悼 瀧本哲史さん 30年来の友人が語る「天才の人間性」

https://forbesjapan.com/articles/detail/29132

瀧本哲史「2020年6月30日にまたここで会おう」〜「答え合わせ」の日を迎えて〜

https://note.com/syasukaw/n/nd83b214668a0

 

 

私の書評ブログです。

「僕は君たちに武器を配りたい」

https://ameblo.jp/imagineplus/entry-11107588062.html

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

 

ライフ・リノベーター(人生をリノベーション!)宣言

https://www.imagineplus.co.jp/blog/life-renovator/

一覧ページ