イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

コロナで浸透!オーディオブック

こんにちは。笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

 

4月5月と弊社は、社員にも一部休業してもらいました。

休業なので、会社から課題を与えたりはしません。

ですが、自己啓発、自分で勉強しよう、勉強して!と言い続けてきました。

なぜなら、このコロナに遭遇した時期。

新しいことを勉強したり、取り組んだり、一生懸命考えたりした人とそうでない人は、将来大きな差が開くだろう。

そう感じたからです。

 

私の周囲は、このコロナ禍に、みんな勉強している。

普段から勉強好きの人たちだが、勉強する人は、いったいどこまでするんだろうと、感動します。

そしてさっと学んで、コンテンツを持つ人はちゃっちゃとオンラインセミナーや講演で稼ぐ。

親しい勉強好きのやり手の経営者から、「オーディオブック」というものを教わりました。

 

オーディオブック?

書籍の中身を朗読したもの。

本を耳から聞くというものですね。

彼いわく、

「最近、オトバンクの朗読音声ダウンロードにハマっておりまして、

あまりの便利さにとてもつない可能性を感じております。

1兆ドルコーチを、1500円ぐらいでダウンロードして2倍速で5時間ぐらい聴いたのですが。

さらっと読んだくらいだと、身になりにくいと思いますが、音声できいたら、

おっ!

1回PCで聴いただけなのに1週間ぐらいしても結構、俺覚えてる!みたいな感じで、気をよくして、

10万部以上売れている定評のあるものばかり大量にダウンロードしました。

本と同じ値段をつけているのでとても良心的です。

音声で先にきいて、本で復習するみたいな使い方をしています」とのこと。

私もさっそく聞き出しました。

無料で聞けるものもたくさんあります。

自炊をするので、料理をしながら、お掃除をしながら、朝身支度しながら。

今は、ユヴァル・ノア・ハラリの「21世紀Lessons」を聞いています。

オーディオブックの恩恵を身にもって感じ感謝している日々です。

 

 

そんなとき、先日 2020年5月21日の日経産業新聞朝刊5P

「聴く書籍、コロナで浸透」という記事を見ました。

~記事要約~

新型コロナの影響で、オーディオブックなど音声配信サービスの利用が広がっている。

懇請コンテンツを配信するオトバンクでは

4月の登録者が前年同月比2倍の140万人になったそうです。

これも新型コロナウイルスの影響で、外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、

子供への絵本の読み聞かせや、作業や家事の合間の利用が広がっている

日本能率協会総合研究所の調査によるとオーディオブックの24年度の国内市場規模は19年度比5.7倍の260億円いなる見込み。

これに伴って、アマゾンドットコム傘下の米オーディブルは全40作品を無料で提供。

巣籠りする人が多く、勉強しようと、生活に浸透したのですね。

それから私は知らなかったのですが、音声加工技術の提供が進むそうです。

エイベックスと東芝デジタルソリューションズの共同出資会社コエステは、音声合成システムの「ウェブAPI」を半年間、先着50件に無償で提供する。

このウェブAPIは「人の声で文章を自動で再生できるのが特徴。

人工知能(AI)による無人接客など幅広いサービスに応用できるそうです。

☆オーディオブック 公式サイト

https://audiobook.jp/

☆アマゾン オーディブル

https://www.audible.co.jp/?ref=f=a_hp_t1_nav_header_logo&pf_rd_p=8c89759e-fc60-4c56-a19d-cfae3e07ab3f&pf_rd_r=EKS8S373H2GBG8GG8J45

 

 

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

一覧ページ