イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

2020年庚子(かのえね)はどんな年に?

こんにちは。笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

ついに、2020年オリンピックイヤーを迎えました。

私たちは大きな時代の転換期にいます。

2020年令和2年の干支は、「庚子(かのえね・こうし)です。

干支(えと)は、10種類の十干(じっかん)と、12種類の十二支の組み合わで60種類があり、60年で一巡します。

60種類の組み合わせで37番目です。

小難しい説明はおいといて、では、庚子はどういう年なのかというと、

・新たな芽吹きと繁栄の始まり

・生まれ変わりの年

・変化の多い年

・継続と継承、痛みを伴う改革

・全く新しいことではなく、これまでのことを改める、継続の更新、変更

・次の波を作り始める年

・ネズミが増えるように繁栄、発展

という意味があるそうです。

これらを念頭に

それでは、今から60年前の1960年にはどういうことがあったか。

歴史を少し振り返ってみますと

・「アフリカの年」17カ国も植民地から独立を果たす

・ローマオリンピック  エチオピアのアベベ選手、黒人で初の金メダル

・日米安保条約の改定

・池田内閣誕生 所得倍増計画

・ゴーン逃亡で話題の日産自動車、セドリックを発売。2004年まで44年間生産されたとのこと!

・興和が胃腸薬「キャベジンコーワ」を発売

・ソニーが世界初のトランジスタテレビを発売

・花王石鹸が日本初の住居用洗剤「マイペット」発売

などなど。

特に所得倍増計画はその通りになっていったので、凄いですね。

イマジングループにも十分に当てはまる予感があります。

ちなみに、2020年は4年に1度巡ってくる「うるう年」で、2月は29日まであり、1年は366日となります。

みなさんにも、新たな芽吹きと繁栄の始まる年となりますように。

 

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

一覧ページ