イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

時間を守る タイムキーパーの活躍

こんにちは。笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

受付のクリスマスツリーが片づけられてました。

私はいつもクリスマスの朝、デスクで、社員たちを待ち構えていて、「メリークリスマス!」と声をかけ、みんなの反応を楽しんでいます。

「お・お・おはようございます」っていう人も、さっと切り返してくれる人も。

で、それは12月24日だと思い込んでて、25日は普通に「おはようございます!」とみんなに声かけていたら、「社長!メリークリスマスって言わないんですか?今日ですよ」

えっ、24日だと思ってたよ・・・

さて、時間を守る!締め切りを守る!

わが社はお客様やスタッフからのトラブル対応など、予期せぬ対応もあり、行事やイベントに全員定刻にそろわない、ということが多々あります。

これを「しょうがない」で片づけず、そういう状況でも、全力を尽くし、時間を、締め切りを、約束を守る!ということを徹底するべく取り組んでいます。

そのためには、段取りをしっかり組む、というのが大事です。

タイム・キーパーの役割も!

チーム内に、タイムキーパーの役割の人を決める。

自ら、タイムキーバーをやってくれる人がいてありがたいです。

みんながバタバタしている中でも、「はい、時間ですよ!行きましょう!やりましょう!」と声掛けしてくれます。

「時間を守る」ということは、相手の時間も大切にするという本質は?

それは、「思いやり」と、時間を無駄にしないという「利益志向」が根本にしっかりあるということです。

中国に行ったとき、現地のいろいろな方々とのイベント、行事が盛りだくさんでしたが、先方がものすごく、徹底されていました。

○時にこうですから、○時には○○済ませておいてください。

など、細かい指示もありました。

時間に正確であるというのは、日本人の専売特許でしたが、スピード感においては、かなり遅れをとっています。

先月、シンガポールに行って、日本の成長企業の社長や、女性経営者と行動しても、この時間厳守は徹底されてます。

旅先でも、皆さんいろんなことがあるわけですが、一日何度もある集合時間にぴたっと集まります。

女性社長たちは、それぞれわがままな人も多いのですが、(それも魅力のひとつ)買い物が長引いたりしたら、60代70代の人が必死で走ってきます。

団体行動では、絶対遅れない、人に迷惑かけない、というのが身に沁みついているのです。

始まり、終わりの時間を守る!

えてして、私たちは始まりの時間に遅れないようという強い意識と行動はありますが、意外と終わりがだらだらしてしまうことも。

会議も終わりの時間決めが大事だと思います。

なので、私が食事会や会合を主宰する時は、何時お開きです、と伝えておいて、中締めをし、帰る人、移動するひとが動きやすいように配慮します。

イマジンプラスの社員10か条にも「遅刻厳禁。時間厳守。約束を守る」を掲げています。

年末進行で仕事もプライベートももりだくさん。

想定外のことが発生するかもしれませんので、時間に余裕を持って行動したいものです。

明日、社内は納会や忘年会があり、幹事たちは進行準備に抜かりがないようです。

無事仕事納めの日となりますように。

 

もうひとつの私のアメブロの書評ブログ、
本の海、空のパワースポット」は、読書や日々の生活を書いています。
「気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本」 医師富永喜代
https://ameblo.jp/imagineplus/entry-12427857186.html

 

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

一覧ページ