イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

夕食抜き断食

こんにちは。笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

先日、新卒2018採用説明会を実施。

イマジンプラス本年度初のトップセミナー・説明会です。

おかげさまでここ数年で最も多くの参加者を集め、大盛況の中で終えることができました。

人材業界を志望するキラキラした瞳の若者たち。

学生さんは弊社のHPやアルバムをくまなくご覧になっているようで、マネージャーや新卒3年目社員なども、就活に関するブログをアップしているのです。

そこで、社長が、断食の話を書くのはなんだか気が引けるのですが、何といっても健康第一。

今私が取り組んでいるのは、夕食抜き断食なのです。

 

モナ

夕食抜き断食、やってみます。

1週間やってみようと始めたものの、もう1カ月以上になります。

えええーっと驚かれるのですが、私は今まで、水だけの5日間断食、1週間断食をやっているのでそれほど、大変に感じません。

元々少食なほうですが、でも、美味しいものを食べてもらう、ご馳走するのは大好き。

お鮨屋さんなら、私は納豆巻きで、相手はトロとか握りをたくさん食べるし、焼肉なら私はナムルお替りで、みんなは凄い勢いで肉へ向ってます。

夕食抜き断食とは。始めたきっかけ。

朝少し食べ、お昼たっぷり食べ、夕飯を抜く。

そもそものきっかけは、夜遅い食事は、睡眠中にも胃腸が働いていて休まらない。

脳も休まらない、睡眠の質が下がるから疲れが取れない、体に大変悪いと、治療院の先生に聞きました。

私は会合やパーティなどではほとんど食事をすることなく、終わって、2次会や自宅近くに帰ってきて食べます。

なので近所に、夜11時以降でも食事できるところを3軒確保しています。

外出せず、仕事で遅くなった時は、夜9時10時に食べて、1時過ぎに寝て、6時に起きるのは、少し辛くなりました。

東京で働く人は通勤時間がかかるから睡眠時間も短くなると言われます。

さらに夜ごはんを食べる時間が遅くなり、あっという間に寝る時間になります。

これは皆さんも漠然と感じると思いますが、寝る前の飲食は、その後、胃腸が働き続けるので、睡眠の質が悪く、内臓と脳の疲れがとれません。

20-30代は若さでカバーできるかもしれません。

ですが、30後半-40代で、もし、朝起きて疲れがとれないなぁ、なんとなく体調がすぐれないなぁと思う人は、寝る前の食事をできるだけ少なくする、早めに食べる、食べない

(→そんなことできない!かえってストレスになる!という人がいるかもしれませんね)
という対応を考えてみたらいかがでしょうか。

もちろん、家族や友人と一緒に食事するのは、かけがえのない喜びですし、1日の疲れをいやすものでしょう。
でも、奥さんが待ってくれてるわけでなく、とか、一人で食べるという場合は、できるだけ早めに少なく食べてみて、翌日の体調を感じてみましょう。

きっかけとなったのは、治療院の先生のアドバイスですが、その治療院においてある、本。

血流がすべて解決する」著者:堀江昭佳 を読んで一週間夕食断食を始めたのです。

健康な体は、血流が基本。
胃腸がうまく機能しないと、血液が作れません。

胃腸を休めてたくさん良質な血液を作れる体に戻してあげることとが大事とのこと。

「血流がすべて解決する」著者:堀江昭佳

下記は本からの抜粋です。

**********************************************
胃というのは、食べ物がやってくると、グッグッと収縮することによって、食べ物を細かくし消化・吸収していきます。

ところが不思議なことに、胃が収縮するのは消化・吸収の時。

胃がこのような強い収縮をするのには理由があります。

胃腸を掃除するためです。

強い収縮を起こすことで、胃や腸の中にある食べ物の残りカスや古い粘膜をはぎとり、胃腸をきれいにしていくのです。

おなかがグーッと鳴って 恥ずかしい思いをすることがあるかもしれませんが、これは掃除のために胃を収縮している音です。

おなかが鳴るのは「おなかがすいたよ、食べたいよ~」という合図ではなく「掃除中だよ、食べないで~」の合図だったのです。

もし、空腹の時間がないと胃は掃除をすることができません。

すると、食べ物のカスは残り、腸壁は汚れ、どんどん胃腸の働きが低下して消化力が弱くなり、十分な栄養が吸収できなくなったりしてしまいます。

(中略)

毎日食べたものを一生懸命に消化し大切な血流の源をつくってくれている胃腸にとって、一番大事なのが、夜眠っている時間です。

一日の中でもっとも長い間食事をとらない就寝時間は、毎日小さな断食をしているようなものです。

八時間眠れたとしたら、九十分ごとの掃除時間が五回も訪れる。

そうすると最大百五十回もの強い収縮によって大掃除が行われ、胃腸はすっきりきれいになることができます。

これだけしっかり掃除して初めて、胃腸の健康が保て、十分に消化ができるのです。

(中略)

夜の空腹には美肌や若返りというおまけの効果もあるのです。

****************************************************

夕食抜き断食から一か月後。効果。

おなかが本当に、グーグー鳴るのです。

ありがたい、ありがたい、大掃除をしてくれているんだと感謝の念を送ってます。

そして、空腹の時間が長くおなかの大掃除がされるせいか、何を食べても美味しい!

朝食べる梅干しやもずくなど、本当に美味しい。

初めての5日間断食のあと、食事ができるようになってから食べた大根おろし。

大根おろしがこんなに美味しいとは初めて知ったものです。

お昼ごはんの定食も、感動しながら食べてます。

で、夜、少人数の会食の場合は、朝昼抜いて備えます。

先日、朝昼抜いたら、その前の晩も抜いているので、さすがにグーグー鳴り過ぎ、食事の超美味しかったこと!!

相手の方が話してくださるのをいいことに、私はパクパク食べもの、素材の味に夢中になってしまいました(汗)
あっ、でも、ひとつだけ、ズルしていることがあります。

夜は確かに食べないですけど、スパークリングワインか白ワインを少々飲んでいます。

もちろん飲みすぎたら、睡眠の質が落ちるので、200mlぐらいの小瓶。

朝の目覚めも良く、調子もいいので、しばらく続けてみようと思っています。

このブログは決して、断食のススメではございません。

ただ、寝る前の暴飲暴食はお気を付けくださいませ。

 

モナ2

おまけ

もうひとつの私のアメブロの書評・旅ブログ、
本の海、空のパワースポット」は、読書や日々の生活を書いています。
人気ランキング「本・読書」部門 第1位!
「運命転換思考」江上治
http://ameblo.jp/imagineplus/entry-12253024609.html

 

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

一覧ページ