イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

タブノキの御神木が凄い!遠見岬神社

こんにちは。笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

三連休は毎日神社参拝。

コロナ収束を祈願しています。

聖火が仙台に届いて、大変ありがたく素晴らしいことだけれども、イタリアでは死者が4000人を超え、世界中に感染が広がっています。

さて、関東近郊の神社では、鹿島神宮、箱根神社、千葉の安房神社、埼玉の高麗神社など、何度も通う神社があり、今日は勝浦の遠見岬(とみさき)神社にきました。

こちらは、房総半島を開拓した天冨命(あめのとみのみこと)をお祭りする、由緒ある古社です。

 

代天皇神武天皇の代、四国から房総へと渡られた天冨命は、技術と文化をもたらし、関東全域の発展に寄与されたそうです

江戸時代には、勝浦は、「勝浦三町江戸勝り」と例えられたほど繁栄しました。

また月次祭のほかに、毎月、新月祈願祭を行なっている神社です!

さらに御神木が素晴らしく、圧倒されます。

樹齢何百年だろうかと見上げてしまいます。

社務所でお尋ねしたところ、タブノキと教えていただき、調べてみますと、

「高さは20メートルほど、太さも1メートルに達する場合がある。

日本では東北地方から九州・沖縄の森林に分布し、とくに海岸近くに多い。

各地の神社の「鎮守の森」によく大木として育っている。」とのこと。

神社から海を見渡すことができ、今は街並みだけど、昔はなんにもなく、海だけが広く大きく見えたことでしょう。

毎年2月下旬から3月に行われるかつうらビックひな祭りは、40万人もの観光客が訪れる大きなイベントで、こちらの神社の六十段の石段に

1200体の雛人形が並ぶそうです。

残念ながら2020びっくひな祭りは中止となりましたが、来年、楽しみにしています。

地元に愛され、勝浦を見守り続ける神社です。

 

 

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

一覧ページ