イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

グアムのハマモトガーデン

グアムの大農園のオーナー 濱本さんが

帰国の際、オフィスに寄ってくれました。

ハマモトフルーツワールド
 は東京ドームの15倍。

濱本さんは今から30年ぐらい前に、

世界を見てみたい!と銀行への内定をけって

ホテルに就職。チャンスを待ちながら頭角を

あらわして、27歳でグアムヒルトンへ行きました。

わが社のサイトの中で、「働く」ということをテーマに

各界の方々に インタビューをしています。

そうだ!濱本さん!せっかくだから、若い人たちに

話を聞かせてくれませんかと インタビューを決行。

イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ

ホテルマン、ビジネスマンとしての実力が認められ

ナウル共和国の大統領の顧問にも。

そして、自ら事業家としてホテル建設や不動産業で

大成功して巨額の富を得、豪遊したそうです。

今でもとっても素敵ですが、女性にも相当モテた

だろうなーと想像が膨らみます。

なんでも買え、どこへでも行けるようになると

その自由さが だんだん退屈になり、人からいただく

ものにも、ありがたみがなくなった自分をふりかえって

原点に戻ろう、土に帰ろう、と農地を購入。

たった一人で開拓を始めました。

オープンするまで 5年の歳月がかかり 赤字続きで

借金が大幅に増え、台風の大惨事に見舞われるなど

もう、ここまでか、死ぬしかないか、と思いつめたそうです。

そこに救いの手が差しのべられ、ようやく、農園への

観光者が増えだし、絶望の底から再び好転したのです。

「お金や物じゃない。日常の中に全部喜びがある」

グアムのお宅の敷地には、自分で作った 大きな

焼き物の窯があり、一つ一つのものに手が加えられて

います。

「謙虚さを失う。勤勉でなくなる。これらは医者には

治せない。成功しても消えていく人。成功し続けられる

人の違いはこういうところにあると思う」

貴重な生きたお話をありがとうございました!

☆今日の一冊

「幻色江戸ごよみ」 著者:宮部みゆき

友人が出演する 朗読ライブの作品を読んでいこうと。

宮部さんの作品は大好きですが、時代小説では

江戸の風物や庶民の生活、人情、けなげさ、怨念、

義などが描かれています。

幻色江戸ごよみ (新潮文庫)/宮部 みゆき
¥580
Amazon.co.jp

ブログランキング参加中!
にほんブログ村 経営ブログ 女性社長
へ

一覧ページ