イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ
イマジンプラス社長

笹川祐子の
感謝ブログ

人材サービスの女性社長が、心豊かにビジネスの王道を歩む日記。
社長業、働く、学ぶ、日々の良い習慣、会社のことなど、
元気の秘密をつづります。

『ミチクサ先生』伊集院静

こんにちは。笹川祐子(@imagineplus_ceo)です。

三連休の中日。

今日も30分ほど早歩きしてきました。

外出を控えるぶん、本の整理をして、ブックオフに買取り依頼をしました。

カフェで本を読み、映画を観に行く予定です。

映画館は気をつけようと思うので、マスクの中の口テープを持参しています。

さて、

日経新聞の朝刊に連載中の『ミチクサ先生』

作者は伊集院静さん

主人公は作家の夏目漱石です。

漱石は明治・大正を生きた人です。

この小説の面白さの一つとして、幕末から明治にかけての話を興味深く読んでいました。

毎朝、楽しみにしていたところ、先月1月の21日に、伊集院さんが、くも膜下出血で倒れたと報道されました。

翌日手術をされたそうで、早期の回復を祈念しておりました。

でも、毎朝、連載は続くのです。

書き溜めたものが多少はあるだろうし、口述筆記されているのかなぁと思いつつ、このまま無事に連載が続いたらいいなぁと願っていたのです。

先日の2月14日、日経新聞の一面に、「新しい連載小説」という記事が出て、あーやっぱり、と悲しい予感と驚きと。

病気療養のため、2月20日をもって休載します、とのこと。

夏目漱石と正岡子規との友情。

愛媛の松山に、高校の先生として赴任。

これがのちに『坊ちゃん』という小説になるんだなぁとわくわく。

「ぞなもし」という伊予弁がすっかり移ってしまいました。

先日若いITの社長と会った時に、松山出身の方だったので、「ぞなもし」と話すと、びっくりされ盛り上がりました。

伊集院さんの週刊文春の「悩み相談」やエッセイも大好きです。

じっくり療養され、お元気になってくださいませ。

伊集院さんは、女性にもモテるでしょうが、硬派なかっこいいところが、男性のファンも多いのです。

以前、たけしさん(北野武)が、かっこいい男として、伊集院静さんの名前を挙げていらっしゃいました。

『ミチクサ先生』の再開を心から願っております。

 

 

 

 

笹川祐子 詳しいプロフィールはこちら

https://www.imagineplus.co.jp/blog/yukosasagawa

一覧ページ