イマジンプラス社長・笹川祐子の感謝ブログ
  • 2012/06/29
  • Pocket

    人や書物との出会いで、窮地を救われることがありますね。
    もうずいぶん以前になるのですが、私はあることで、とても窮地に陥いりました。

    私個人の力では、どうにもならないような。

    本当の窮地は、社長は周りに相談できません。

    当然、社員にも言えません。

    信頼できる方はいるけど、問題解決できない(その分野が専門でない)方に相談しても、いたずらに煩わせてもいけません。

    一人、自問自答繰り返しながら日々は過ぎていき、時間がなくなってきます。

    焦ります。

    そのとき。

    普段、本屋さんに入るのは、本当に自然にすーっと入っていくんです。

    ところが、そのときは、本屋さんの入り口で足が止まり、「この中に私を助けてくれる本がある!!」とふっと思いが飛んできたのです。

    私は深呼吸して、よし!と気合を入れなおし、本屋さんの中を、私を助けてくれる本を探しに歩き回ったのです。

    そして、10冊ほど買って、帰宅して朝方近くまで読みました。

    ある先生の書いた本に、とても引き込まれ、あー、もしかしたら、この先生だったら、何とか

    なるかもしれない。

    私は出勤してすぐ、その先生のところを調べて電話をかけてみました。

    本来でしたら、お手紙でお伺いをたてるところ、とにかく時間がないので、電話をして、私の

    切迫感が伝わったのか、秘書の方が先生につないでくれました。

    そして、翌日、ご訪問させてもらったのですが、さすがの先生も「うーん。むずかしいなぁ」と腕を

    組んで考え込んでしまいました。

    私は、トボトボ帰社してきたんですが、途方に暮れた気持ちを今でも懐かしく覚えています。

    すると、翌日、先生から電話をいただいて

    「あなたは、とにかく元気で明るい。もしかしたらなんとかなるかもしれない。

    僕のブレーンも紹介するから一緒に考えよう」とおっしゃってくださったのです。

    専門家の方々に集まってもらって、窮地を脱出。

     大きな壁を超えることができました。

    偶然手に取った一冊の本、人との出会いが窮地を救ってくれる。

    そして、その後も、弊社の顧問として、力を貸してくださいました。
    もし、また次の窮地に出会ったとしても、大丈夫!助けてくれる人や本が待っていると信じられるのです。

    その大恩ある先生は、お亡くなりになりましたが、「社長ね」という声を時折、思い出すのです。

    私に初心を思い出させ、経営者としてどうあるべきか、問いただしていただける、厳しい声に、深く深く感謝しています。

    シャンパンがお好きだったので、シャンパンを飲むうちわのときには、かげ膳をさせてもらいます。

    窮地を救ってくれる人や書物との出会い-1

    ☆今日の一冊

    「東大家庭教師が教える頭の良くなる読書法」

    著者:吉永賢一

    この「東大読書法」最後のエピローグで、「本が与えてくれた3つのこと」のひとつ。

    ◎窮地を救われる

    著者のブログはこちらです。

    吉永賢一IS東大家庭教師が教える頭が良くなる

    勉強法と記憶のコツ

     

    東大家庭教師が教える 頭がよくなる読書法/吉永 賢一
    ¥1,365
    Amazon.co.jp
    ◇◇就活・起業に有利な販売・営業の仕事がたくさん◇◇

      コミュニケーション・スキルに磨きをかけよう!

      イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ-スタッフ登録  
    イマジンプラスのスタッフ登録はコチラから!

    **************************************

    就活専門家、笹川祐子のブログも始めました。

    社長ブログとともに、毎日更新中です。

    http://ameblo.jp/job-marche/

    ~~女性社長ランキング参加中!

    いつもありがとうございます。引き続き、

    女性社長のクリック協力、応援お願いします!~~

    にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

      ビジネスブログ100選  
    ビジネスブログ100選はコチラから!

     

    Copyright © 株式会社イマジンプラス

    TOPへ戻る