私立いまじん学園 広報部ろぐ

こんにちは。カイちゃんです。

 

2018年になりましたね。みなさんおみくじは引きましたか?

私は2カ所でおみくじを引いて2回とも中吉でした。何か良い事があるといいのですが………

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて、最近よく耳にする言葉に「AI」というものがあります。いわゆる人工知能ですね。

ニュースでも度々取り上げられているAIですが、その性能の向上によって今後人間の仕事に取って替わるとも言われています。

近い将来、仕事がロボットに奪われる…他人事ではないですね。

 

ということで少し調べてみました。

 

AIは現在、その性能が劇的に向上しており、労働の場で多用されています。

スーパーの無人レジ、ロボットの無人工場など、人間の替わりにコンピューターが仕事をこなす無人の場面を最近よく見聞きするようになったのではないでしょうか?

これは人手不足解消としてはとても合理的な方法とも言えますが、単純作業の機械化によってそれまで必要とされていた人間が不必要になるために、失業者が出る事を意味しています。

 

近い将来、こうしたAIやコンピューターに仕事を奪われた人が急増し、大量失業の時代が来ると言われているのです。

 

仕事がなければ収入もない。大問題です。

 

さらに、将棋の世界では、棋士が将棋ソフトで休憩中などに次の一手を見る事を防ぐために、対局中の電子機器の持ち込み禁止を検討するなどのニュースもあるようです。

 

それだけAI は能力が高くなっているという事ですね。

 

そんなもの相手では人間は敵わない……と思うと思いますが、必ずしもそうとは言えません。

 

AI、ロボットは与えられた仕事に関しては完璧にこなす事ができますが、ゼロからものを作ったりアイデアを考えることはできないという見方もあります。つまり、完璧に人間の仕事が奪われるわけではないようです。人間が行う仕事が極端に減る、という認識の方が正しいように思います。

そこでAIを使いこなして仕事をする人と、そのAIに仕事を奪われる人との二分化が進み、所得面で二極化することが問題視されています。ロボットにはできない、AIにはできない人間だけが持っている能力を伸ばす事が重要になるわけですね。調べた中ではそれは判断力であったり、想像力であると言っている方がいました。

 

想像力と言えば、イマジンプラスの経営理念にも、想像力という言葉が入っていますね!

イマジンプラスが大切にしている人材がこれから必要になるという事です!

 

こうした二極化を解消するために、ベーシックインカム(BI)という制度に注目している国もあります。

この制度は、政府が全国民に生活に最低限必要なお金を配布することで、もしも仕事が無くなったとしても生活には困らず、将来の不安は解消される、QOLが高くなるなどのメリットがあります。一方で、労働力が下がる、制度の維持コストが高く、運用するには消費税や所得税が増税される等のデメリットもあります。現時点で本格的に導入されている国はなく、試験的に運用している国がある程度だそうです。

 

AIの問題は世界的にも関心が高い問題ですね。

 

ここまでざっとAIと私たちの雇用問題について見てきましたが、個人的な意見としては「モノは使いよう」である気がします。

AIにも良い点はたくさんありますし、それが人手不足の解消、私たちの生活が快適になったり、助けになる事は間違いないです。だからこうして世界的にも注目されているのだと思います。

しかし、AIを活用しすぎると、今度は多くの失業者が出てしまう事になる。難しいところですね。

私は使うところには存分に活用して、人が働くべき場所は人が担う、バランスをとる必要があるのではないかと思います。

 

例えば、レジや職場でロボットが働いている街は、合理的な街と言えます。

しかし、そこに全く人がいないのは私はすこし寂しい感じがします。 ネット社会によって人との関わりが希薄になっている現在、なんでもかんでも機械化してしまっては人とのコミュニケーションの場がさらに減っていしまいます。

 

最近よく感じるのですが、買い物をする時商品の性能や機能はもちろん重要な要素ですが、対応してくれたお店の方の印象も購入に起きな影響があると思います。

例えばある違う店にある2つの商品で迷っていた時、丁寧に説明しくれた店員さんAと簡単な説明しかしなかった店員さんBとでは、Aさんのお店で商品を買おうと考える人が多いのではないでしょうか。私はそうします。

 

何が言いたいかというと、利便性や合理性だけでなくも大切だという事です。

 

人と接した時のあたたかさや関わりは、AIに置き換える事はできないのではないかと思います。感情が分かるAIの研究も進んでいるようですが、生身の人間同士のようには接する事は難しいのではないでしょうか。

ものを作る作業や計算をする作業に関してはAIの方が優れていますが、ものを売る、人との関係を作ることはきっと人間の方が優れていると思います。ものを作る事に関しても、職人が何十年とかけて習得した技術には叶わないでしょう。そんな簡単に超えられてしまったら、たまったもんではないですよね。

 

AIとの共生…というのが正しいのか分かりませんが、それぞれの良いところをうまく合わせていくべきなのかなと感じました。

 

とはいえ、AIが仕事をこなすとなると、今後会社や社会が求める人材の質が高くなるのではないでしょうか。

そう考えると、

 

人間性を磨くこと

 

 

が今後必要になるのだと思います。

これから社会に出ていく身として、会社や社会に必要だと思ってもらうこと、他に替わりのいない人間になれるよう努力していかなければいけないなと思います。

 

少なからず今後AIが仕事をこなす場面が多く見られるようにはなるとは思いますが、その社会の中で負けずに「人」も活躍していけるように自分磨きをしていく必要があるようです。

 

 

長くなってしまいましたが今回は以上です!

あくまで学生から見た感想なので、こんな風に思っているんだ、くらいに見てもらえればなと思います。

 

 

 

 

 

参照:

http://www.sankei.com/column/news/161006/clm1610060007-n1.html

http://reuterjapannews.hatenablog.com/entry/2017/06/15/105434

http://10mtv.jp/pc/column/article.php?column_article_id=735

https://minnkane.com/news/905

 

Copyright © 株式会社イマジンプラス

TOPへ戻る