学生インタビュー

中根凌太0
23 Student menber
Ryota Nakane 中根 凌太

大学

拓殖大学 政治経済学部 4年

担当商品

プリンター

イマジン歴

2年半

趣味

サッカー、グルメ巡り、ロードバイク

好きなお肉

六歌仙

好きなラーメン

蒙古タンメン中本

好きな異性のタイプ

来る者拒まず。

好きなキーパー

オリバー・カーン

キャッチコピー

コードネーム:リア充

中根凌太1
0.≪「コミュ力の中根」vs「非リアのツンデレ太郎」。マウンティング大学生の戦いが勃発≫
対談者 みんな~。こんにち~。こんにち~。
今日もツンデレ太郎が来たお!

とつぜん変なテンション出しちゃってごめんね。まず謝るね。ごめんお。
初めてツンデレ太郎を知った人はびっくりしてるよね。
うん、僕もビックリしてる。というか迷走してる。キャラが迷子。最近自分がわからない。

最近は、高良健吾を残念にした感じに似てるって言われて、激おこ。
あ、高良健吾は、月9の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出てる人ね。

そんな「残念な顔の非リアなツンデレ太郎」が、インタビューすることになったよ。
「プリンター販売のバイトをしている男子大学生」が来るって聞いてたから、
「どんな家電ヲタクが来るんだろう?」ってドキドキわくわくしてたんだけど。

スーパー爽やかイケメンが来おった。

あ、こいつ絶対リア充だわ。昼間は女の子とハワイアンカフェ行って、
夜はHUBで、ショットやるべぇ~?うぃ~。とか言ってる系リア充だわ。
絶対そうだわ。昨日1人で牛角行って、1人食べ放題かました俺とは、違う人間だわ。
聞いてないよ。こんなスーパー爽やかボーイが来るなんて聞いてないよ、村井さん。
助けてー!村井さーーん!(※村井さんは弊社の社員)
もう「いつかこのリア充を思い出してきっと泣いてしまう」よね。というか、もうすでに泣いてるお。

でも話を聞いてみると、中根君には彼女がいないらしいです。

「な、なんだよ(照)。そ、それを早く言えって……(照)。ほら、じゃあ、さっそくインタビューはじめるぞ(ツンデレ)。」
1.≪大学生がコミュ力を上げる方法≫
対談者 (●こんにちは。ツンデレ太郎です。)
こんにちは、中根凌太です。

(●今回のインタビューでは、バイトでコミュ力を発揮して、優秀な成績をおさめていると噂の中根さんに「コミュニケーションの極意」を聞いていきたいと思います。)
はい、よろしくお願いします。

(●もう単刀直入に聞きます。ぶっちゃけ、中根さんってコミュ力高いですか?)
単刀直入ですね(笑)。高い方だとは思います。

(●だって、コミュ力普通の人にインタビューしても役に立たないので……じゃ、ホントにたくさん売れる人なんですか?)
この前の冬の商戦では、二日間で、一人で23台売ったりしました。
他のメーカーの販売員が二人で売っていても、一人で戦えるタイプだとは思います。

(●なるほど、自分は売れる販売員だと。でも販売員って、色々なスタイルの人がいると思います。商品知識を駆使して売るのが得意なタイプもいると思いますが……)
もちろん商品知識も入れていますが、自分はコミュ力で仲良くなって売るのが得意なタイプです。

(●よかったです。それでは、「大学生のコミュ力を上げる方法」などを聞いていきます。)
任せてください。
中根凌太2
2.≪コミュ力が高くなるには?≫
対談者 (●販売のアルバイトをしたことで、コミュ力は高くなりましたか?)
イマジンプラスで働くと、家電量販店に派遣され、家電を売るので、社会人と同じような立ち位置で働けます。
「社会で仕事をする」という経験が、他のアルバイトよりもリアルに体験できたので、
「学生と社会人の区切り」のようなものを、自分なりに作ることができました。
なので、まぁコミュ力と言えるかは分かりませんが、「社会性や協調性」は高くなったかと思いますね。

(●うわ、すごい立派……。立派すぎるなぁ(笑)、もっと本性が見たいなぁ……(笑)。販売員の時の自分と、プライベートの時の自分は、けっこう別人ですか?)
普段の自分は割と人見知りなので、けっこう別人かもしれません。

(●人見知りなんですか!?ホントですか!?。嘘くさいなぁ……(笑)。ちなみに販売員の時とプライベートでは、話し方は違うんですか?)
全然違いますね。

(●今の話し方は、販売員の時の話し方ですよね?)
そうですね。

(●ちょっと今から、僕をサークルの先輩だと思って、話してもらっていいですか?)
え?(笑)
3.≪リア充の本性を暴け!ロールプレイングしてみた。≫
対談者 (●僕をサークルの先輩だと思って、話してみてください。ロールプレイングしましょう。)
は、はい……!分かりました。

(●はい、それでは改めて……、こんちは!)
うっす。

(●(キャラ変わった……) 販売のことについて聞いていきたいんだけど……)
うっす!なんでごぜーましょうか!?

(●オレ販売のこと全然知らないんだけど、販売って何やってるの?)
まー、キホンテキには、お客様と仲良くお話しして、購入してもらうって感じっすねー。

(●販売やったらモテる?)
まーモテるってわけではないっすねー、
でも社員さんでたまに、お客様に……(自主規制)

(●いや、それは書けないわ!(笑)。それ書いちゃダメなやつだわ!(書きました。))
いや、これは書いちゃダメなやつですね(笑)……。(書きました。)

注:あくまでこの会話はロールプレイングです。実在の人物とは一切関係は(たぶん)ありません。
中根凌太3
4.≪人と仲良くなる秘訣≫
対談者 (●いやー、でも、これでやっと、本音が聞けそうです。それでは本題に入ります。ずばり、人と仲良くなる秘訣は何ですか?)
まずは相手の話をちゃんと聞くこと。でも、それはよく言われることです。
それだけじゃなくて、さらに「ちゃんと答えてあげること」が大事なんです。

(●ちゃんと答えてあげる?)
意外とみんな、ちゃんと答えていないんですよ。「そうだよねー」みたいな感じで適当に相槌している。
そうじゃなくて、相手の話をちゃんと聞いて、ちゃんと自分でどう思ったか考えるんです。相手を気遣うだけじゃなくて、
自分が良いと思ったことは良いとちゃんと伝えるし、間違っていると思ったら間違っていると言うことが、大事だと思います。

(●たしかに、思ったことを言うことって大事ですよね。でも初対面って、八方美人でなきゃいけない時もあるじゃないですか。こうやって僕と会った時みたいな。初対面からズバズバと言う訳にもいかない。)
そうですね。
5.≪初対面の人と仲良くなるには?≫
対談者 (●そういう初対面からは、どう仲良くなるんですか?)
初対面って、「どこまでこの人と距離感つめたいかな」・「どこまでこの人と関係が続くのかな」という2つの基準があると思います。

(●たしかに。)
例えば、この人とは距離感つめなくて良いと思えば、あまり本音は言わなくてもよいです。
関係がそんなに長く続かないと思えば、初対面からどんどんズバズバと本音を言うことで、
自分の不利益になるような展開は避けた方が良いかもしれないです。
2つの基準によって、どれくらい距離感を縮めるかを決めるんです。

(●いや、視聴者の皆さんは、そこから先が知りたいんですよ!コミュ力無い人にとっては、そこからが難しいんです! この人とは、関係が続きそうだから、距離感をつめたいと判断したとする。どうすれば距離感をつめられるんですか?)
相手のテンションに合わせます。

(●あぁ、相手がテンション高く「うぇーい」って来るカンジだったら、こっちも「うぇーい」ってテンションでいくってことですか?)
そうですね。
中根凌太4
6.≪本当のコミュ力とは、テンションを合わせる力≫
対談者 (●もし、自分が「うぇーい」ってできない人の場合はどうしたらいいですか?相手に合わせられない人って多いと思います(笑)。)
そういうことが起きる時って、相手の方もこっちの低いテンションに合わせられない人だったってことですよね?それは、「どっちも合わせられない人だった」ってことなんじゃないですか?

(●確かに(笑)。)
本当の「コミュ力が高い人」って、高いテンションで「うぇーい」ってできる人のことを言うんじゃなくて、
「どんな人のテンションにも合わせられる人」のことを言うと思うんです。

(●なるほど、たしかに、「本当にコミュ力が高い人」はウェイウェイしてる人からも、大人しい人からも好かれていますね。)
はい、しかも、そういう人って「テンションが違う人・タイプが違う人」同士のトークで、第三者となって話をつなぐことができるんです。
「本当にコミュ力が高い人」はやっぱりなんだかんだ、トークを回すのが上手いんです。
7.≪トークを回す極意≫
対談者 (●話をつなぐかぁ……、どうやってトークを回すんですか?)
お互いが入ってきやすい話題を選ぶことが大事です。
「どこ住み?」とか、「普段何してるの?」とか、仕事関係の人だったら、「どんな職種?」とか、
あまりトークに入ってこなさそうな方の人が、自分から話し始める瞬間を待つんです。

(●なるほど、無理に笑いを入れようとするとかじゃなく、会話に食いつく瞬間を待つ、と。)
「共通の話題を探す」っていうのは良く言われることですが、何でも共通の話題になりえると思うんです。
「例えば部活何やってたの?」って聞いて、「帰宅部でした」って言われたとしても、「え、じゃあたくさん遊べたの?」とか、「お前は運動部だったよな、大変だったよなぁ」みたいな感じで回すこともできます。
なので、回す時は、あまり喋らない方の人が、話題に食いつくのを待つ、っていうのは意識していますね。
中根凌太5
8.≪コミュ力を上げるには「販売のバイト」が最適?≫
対談者

(●ここでみなさんが疑問に思うのが、中根さんがコミュ力高すぎて、コミュ力低い人には「販売のアルバイト」って難しいんじゃないかって思うんですが……。)

自分が紹介した友達は、正直「コミュ力は並大抵かな……」という人でした。でも、イマジンプラスで働き始めてからは、トークをつなげられるようになりました。もちろん人にもよりますが、販売を始めればコミュ力は上がります。それに最初はコミュ力が無くても誰でも販売は始められますよ。

 

(●大学生はコミュ力を上げるために、「販売のバイト」をした方がよいと思いますか?)

した方がいいですが、本音を言うと、しなくてもいいと思います。

大学生のうちって、同年代どうしだけじゃなくて、とにかく色々な人とコミュニケーションを取ることが大事です。

なので、色々な人と接することが出来ている人は別に「販売」はしなくてもよいと思いますが、

そういう機会が無い人は、一度「販売のバイト」をしてみるべきだと思います。

 

(●それでは最後に情熱大陸風にしめたいと思います。あなたにとってキーパーとは何ですか。)

「ドM」です。

 

(●ありがとうございました。)

9.≪ツンデレ太郎のまとめ≫
対談者

今回は、わたくしツンデレ太郎と同じ大学生であり、コミュ力の高い中根さんから、

「コミュ力の秘訣」を聞きました。

中根さんは、イマジンプラスで販売のアルバイトをしている大学生です。

みなさんは「販売のバイト」を知っていましたか?

家電量販店とかで、商品の説明をしてくる人がいますよね、あの人たちです。

 

もし、あなたと同じ大学生に、すごくたくさん商品を売っている販売員がいたとしたら、

すごくコミュ力が高そうだと思いませんか?

実際、中根さんは最初に会ったときから、「嫌いになる理由を探すのが無理」な人でした。

「非の打ちどころの無いコミュ力」ってこういうことか……と思いました。

 

「販売のバイト」は時給が、カフェなどのバイトに比べて、かなり高いです。

ある意味、お客さんと仲良くなるのが好きな人にとっては、こんな楽にたくさん稼げるバイトはありません。

そして「コミュ力」はやっぱ大事です。一生自分を助けてくれる能力であり、ある意味時給よりも大切なモノです。

 

大学生活を充実させるために、コミュ力を鍛え、

さらに短時間でたくさんの時給が欲しい人は、

ぜひ、いつでもイマジンプラスのサイトから、アルバイトに登録してみてください。

 

Copyright (C) 株式会社イマジンプラス