学生インタビュー

瞳ユキ
21 Student menber
Hitomi Ishihara & Yuki Ono 石原瞳 & 小野優希

大学

瞳:十文字学園女子大学 人間生活学部 人間発達心理学科

優希:十文字学園女子大学 人間生活学部 生活情報学科

今のアルバイト

瞳:アルバイトしてない。

優希:かつや

イマジン歴

二週間のインターンシップ

趣味

瞳:音楽鑑賞

優希:ジャニーズ

好きな歌手

瞳:三代目、BUMP、SHISHAMO

優希:山田涼介、菊池風磨

好きなもの

瞳:寝る。

優希:マイメロ

好きな男性のタイプ

瞳:男らしい人

優希:優しい人

キャッチコピー

じんざいたまごの瞳とユキ

瞳ユキ5
1.≪大学の授業の一環で行くインターンは、どの会社を選ぶべきか?≫
対談者 (●どうも。ツンデレ太郎です。)
瞳:瞳です。
優希:優希です。

(●今日でイマジンプラスでのインターンが終了ですね。どうでしたか?)
優希:書類の整理をしてました。

(●パソコンは使わずに?手作業?)
優希:手作業が多かったです。もう「並べ替えのプロ」になりましたね。

(●この会社って、そんなに整理しなきゃいけない書類だらけなんですか?(笑))
(注:イマジンプラスはそんなに散らかっていません。)

(●じゃあ、ぶっちゃけましょう。正直この会社のインターンはどうでしたか?)
二人:うーん……。(沈黙)

(●「うーん」って何!)
瞳:いや、言っていいのかな……って。(笑)
2.≪イマジンプラスのインターンは、どうだった?≫
対談者 (●ぶっちゃけ、「もっとこうして欲しかった」ってところはありますか?正直に言って良いですよ!社員は見ないので!(見ます。))
優希:欲を言えば、もっとパソコンを触りたかったです。

(●ここの事務ってエクセルとかなんですかね?(知らない←)エクセルできますか?)
瞳:大学でやってる心理学で統計とかもあるので、一応できます。

(●え!エクセルできるんですか!?関数とか!?)
瞳:関数も一応できます。

(●え!すごい!じゃあ、「ワタシできますけど!」って言えば良かったじゃないですか!)
瞳:いやいや、言えなくないですか?(笑)
優希:でも、本当はパソコンの仕事をする予定だったんですけど、偶然仕事が無かったので、手作業になったって感じらしいです。
瞳:まぁ10日しか無いので、いきなり難しい仕事とかは任せられないと思います。

(●フォローありがとうございます(笑)。例年はパソコンの作業とかするんですけど今年だけ例外で……。すみません……。このようにイマジンプラスは正直に情報を公開する、真摯な会社です。)
瞳1
3.≪大学の授業の一環で行くインターンとは?≫
対談者 (●大学から行けるインターンって、期間はいつやってるんですか?)
瞳:学校と提携してるやつは、夏休みだけです。

(●僕の大学の友達は、大学からのインターンやってる人は少ないんだけど……、そっちの大学ではけっこう皆やってるんですか?)
瞳:う~ん、思ってたよりは多かったです。

(●このインターンをやると単位が貰えるかんじですよね?)
優希:2週間のインターンで、2単位貰えます。

(●2単位ってどうなんだろう……?でも、2週間だったら、お得か!)
優希:2週間予定を空けないといけないので、コンサートの予定を入れられないこと以外は、良いと思います。
4.≪どうしてイマジンプラスを選んだの?≫
対談者 (●どうしてイマジンプラスを選んだんですか?)
瞳:人材に興味があったからです。
優希:事務の仕事を体験したかったからです。

(●二人は一緒に応募したんですか?)
瞳:いえ、別々です。
優希:ここで会うまで、お互い知りませんでした。

(●大学から選べるインターンって、何社くらい候補があるんですか?)
優希:だいたい50社くらいだった気がします。

(●どういう業界の会社があるんですか?)
優希:銀行・ホテル・アパレルとかです。あとSE職のインターンもありました。

(●どうして事務系のインターンをやりたかったんですか?)
優希:将来希望している仕事が、事務の仕事だからです。

(●人材の会社は他に候補あったんですか?)
瞳:いや、確か、ここだけだった気がします。
瞳2
5.≪将来やりたいことは何ですか?≫
対談者 (●やっぱり結婚したいですか?)
二人:したい!

(●いつまでに結婚したいとかありますか?)
瞳:26・7歳くらいです。
優希:30代前半くらいまでです。

(●イマジンプラスのような、ベンチャーに行くのってどう?)
瞳:大きい会社はあんまり……、って感じです。

(●あ、じゃ、イマジンプラスにしましょう。)
瞳:(笑)

(●でも、インターン経験した分、少しは有利になるでしょうし!よかったらぜひ!)
瞳:はい、他の会社も見てみないと分からないですけど、やっぱり働いてみて印象は良くなりました。
6.≪大学の授業の一環で行くインターンは、イマジンプラスを選ぶべきか?≫
対談者 (●他の企業に比べて、イマジンプラスで良かったことって何ですか?)
優希:大きい会社ではなかったので、社内の様子がちゃんと見れたので、「将来自分が働いたらこんな風になるのかな?」っていうイメージが具体的にできたところです。
瞳:そうだね、あと、社員の方が優しいところです。雰囲気があったかかったです。

(●確かに、イマジンプラスってかなりあったかいですよね。)
優希:そうなんです。昨日なんか仕事が無くなっちゃった時に、梨を配りました。
瞳:その前はブドウも配ったよね。
優希:ブドウの時は洗うだけだったけど、梨の時は皮を剥かなきゃいけなくて、「皮剥ける?」ってなりました。社会人になった時の課題は、「梨の皮を剥けるようになること」だったんだって気付きましたね。
瞳:梨をみんなに配る時に、社員の方と関われたのが楽しかったです。
ユキ1
7.≪埼玉県の大学生のアルバイト事情≫
対談者 (●周りの人には、どんなアルバイトをしている人が多いですか?)
優希:コンビニとかファミレスとかが多いかもしれないです。

(●え!カフェでバイトしてる人は多くないんですか?)
優希:大学が田舎にあるからかもしれないです。

(●瞳さんの薬局のバイトって、どんなことをしてたんですか?)
瞳:レジとか品出しとかです。コンビニの簡単版って感じですね!

(●時給はいくらでした?)
瞳:800円代前半ですね。

(●低っ!販売はその時給の倍くらいですよ。バイトの時間は半分でいいってことですよ?)
瞳:え……。

(●しかも就活にも役に立つし、将来人材行きたいなら、営業のテクニックとかにも役立つし……)
瞳:えー、やりたくなってきました……。

(●販売やろう。)
瞳:う~ん。

(●販売に興味はあるけど、いまいち一歩を踏み出せない人は、ぜひ、大学生インタビューサイトをご覧ください!)
(後日、瞳さんは販売スタッフに登録しました。)
8.≪男の子にやっていてほしいバイト ベスト3のコーナー≫
対談者 (●それでは毎度おなじみ、ランキングのコーナーです。男の子にやっていてほしいバイト ベスト3は!?)
瞳:カフェ!
優希:でもカフェってイケメンに限るって感じだよね。

(●また、イケメンに限るか……。はいやめー、中止、中止~。このランキング中止にしま~す。じゃあ、大学生をやり直せるとしたら、何のバイトがしたいですか?)
優希:制服が可愛いバイトが良かったです。

(●ちなみに販売は、制服可愛いですよ。瞳さんは?)
瞳:雑貨屋で、働いてみたかったです。

(●前のバイトに出会いはありましたか?)
瞳:「良い出会いは」無かったです。

(●良い出会い「は」ですか(笑)。出会えるバイトって何ですかね……?)
優希:まず男の人がいないとダメですよね。アパレルとか?
瞳:雑貨屋は男の人いないですね。

(●じゃあ、雑貨屋だめじゃないですか(笑))
瞳:あ、確かに。

(●気付いた(笑))
ユキ2
9.≪ツンデレ太郎のまとめ≫
対談者

「インターンシップって何なのだろうか」

普段このサイトは、販売員の大学生にインタビューをするサイトですが、

今回、イマジンプラスでインターンをしてくれた学生にインタビューする機会があったので、

インターンシップについて考えさせられました。

 

僕はこれまで、10回以上インターンに参加してきました。

無給のモノや、有給のモノ、選考に関係のあるモノから、1日だけグループワークをやるモノまで様々です。

 

中には、とても成長できて、感動もできる最高のインターンがありました。

しかし、無給の労働力としてただ働き何も成長できないインターンもありました。

 

企業はどういう意図でインターンシップをやるのでしょうか?

良い学生を採用するためでしょうか。会社のファンを増やすためでしょうか。なんか流行っているからとりあえずやっておこうという考えでしょうか。

10.≪インターンシップに参加することに意味があるのでしょうか?≫
対談者

この「ツンデレ太郎のまとめ」は、会社の考えではなく、完全に個人の考えですが、

僕は「とりあえず、会社の中に潜入してみることに価値がある」と思います。

 

会社の中に潜入しないと、感じることができない空気があります。

会社説明会などで、会社の中に入るのとは、また違った光景があります

中にはお客様向けに、キレイに取り繕ったインターンもありますが、やはり1日会社の中にいれば、透けて見えるモノがあります

それを、就活本番前に感じておくことは、僕にとっては大事なことでした。

 

みんなも、とりあえず、会社に潜入してみてください。

ちなみに僕が一番おすすめするインターンは、イマジンプラスのインターンです。

Copyright (C) 株式会社イマジンプラス